スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Island Eggs




朝6時45分。
さて、朝食用にスクランブルエッグでも作ろうかと、冷蔵庫を開けた。なぬ~~?! 卵があと1つしかない!
この状況がmangoを落ち着かせなくする。

冷蔵庫に必ず入っているMUSTアイテム ベスト3

1. たまご
2. ミルク
3. バター

この3点は常に冷蔵庫にないと、非常~に困るのである。
なので、たまごを買いに行こう。

ワタシの旦那様は軍人なのでして、そちら専用のグロッサリーストアがあって、一般の店に比べたら安く買う事が出来る。
もちろん卵だって1ダース(12ヶ入り)で、1ドル前後だ。
しかーし! この安い卵はメインランド(アメリカ本土)からのもので、おまけに賞味期限がえらく長い。下手したら2ヶ月はもつんではないか?
怖い、怖すぎる。こんな卵を子供らに食べさせるのは親として先行き不安である。
でもワタシは見つけてしまった。



20060630182109.jpg




ハワイ産のたまご直売店である!看板を良く見ると
「Outlet」と書いてある。こういうのは大好きだっ。
店の常連と思われるローカルの人たちが買い付けに来る。


20060702050251.jpg




メニューを見ると、White Egg、Brown Egg、Mix Eggなど、サイズもMサイズやLサイズと豊富で、値段もピンきり。
ワタシはいつもこのMixサイズの卵($3)を買っているのだが、
30個入ってこのお値段!下手をすると普通のスーパーで、1ダースこの値段するのもある。とても魅力的なお値段と、そして何と言っても生みたての卵。
とても幸せな気分で家路につくmangoであった。



20060630182205.jpg




日本を出てから「卵かけごはん」を食べていない。
時々食べたくなるが、サルモネラ菌が気になるので我慢。
日本に里帰りする時までオアズケだ...(涙)

冷蔵庫を覗いてみる。沢山のたまごが入っている。
あぁ、幸せ。
さてこのたまごを使って、何を作ろうか?



Ka Lei Eggs
Adress: 439 Kalihi St.
Tel: 841-7695
* 売り切れる時もあるので、午前中に行く事をオススメします。
スポンサーサイト
【2006/06/30 19:11】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
料理の鉄人、チャレンジャー Mango
20060702051221.jpg



いつも通りの朝。2人の子供をそれぞれ学校へ送り、家に帰ってくる。
午前9時。今日はお昼に友達のAlohaくろっちこっしーを招いてのランチパーティ。彼女達はグルメで味にもうるさく、下手なモノは出せない。おまけに美容・健康オタクときたもんだ。何を作るか、迷っている暇はない。
料理を作るのにワタシに与えられた時間は2時間。
子供の迎えがあるからだ。

そして今、チャレンジャーmangoがこの無謀な戦いに立ち上がった!


20060702051210.jpg




   -おしながき-

・オニオン・ベーコンスープ
・スモークサーモンとクリームチーズのベーグル
・クリ-ミービーンズサラダ
・アイスマンゴーピーチティー
・トロピカルフルーツ(イチゴ、マンゴー、パパイヤ)の
 バニラアイスクリーム添え

ゴングが鳴り響く。いきなりmango、エプロンも着ずにデザートのアイスクリームに取り掛かった!ミルク、生クリーム、砂糖、バニラエッセンスと全ての材料をアイスクリームミキサーに流しいれ、ミキシング開始。
そして次に取り掛かったのは、ベーグル作り。ホームベーカリーもないのに今から捏ねて間に合うのか?!


20060702052554.jpg



パンが捏ね終わり、1次発酵するのに1時間置く。と、同時にアイスクリームが終了。


20060702050210.jpg



雪のように真っ白く、フワッとしたアイスが出来た。これをケースに移し変え、冷凍庫へ。モタモタしてられない。
さぁ次はスープだ。みじん切りにしたニンニクを鍋で炒める。香りが出てきたところで、スライスしたたっぷりの玉ねぎ。焦がさぬ様、細心の注意を払い炒める。でもmango、忍耐力がないのか、鍋から離れサラダ作りに入った。
「ボリュームあるヘルスィーなサラダ」をイメージし、アボガド、ピントビーンズ、きゅうり、トマトを用意する。時間が迫っているというのに呑気にトマトを湯剥きしているmango。しかし少しでも農薬が除ければと、この一手間は省けない。美味しさが左右するのだ。
そしてトッピングにアルファルファ。この野菜は体内に溜まっている毒素を出す作用があるらしい。必要不可欠なアイテム。


20060702050129.jpg



ちょっとmango、サラダの中にアボガドの種を入れた?!ボリュームを出すって、これを使って揚げ底効果を狙ったのか?
いや、この種を入れておくとアボガドの色が変色しないということなのだ。
おぉぉーーっと、すっかり玉ねぎの存在を忘れていたmango、慌てて鍋をかき混ぜる。何とか間に合ったようだ。何事もなかったかのようにそこに細切りにしたベーコンを加えて、さらに炒める。水、白ワイン、ローリエを入れ、ゆっくりと煮込んでいく。
そしてデザートのフルーツを切り始めた。最後にレモン汁をかけ、ラップして冷蔵庫へ。これはモーマンタイだ。
突然ピーピーと、急かすようにアラームが鳴る。パンの発酵が終わったのだ。すでに10時半。パンを切り分け、それぞれ丸め、10分休ませる。そしてまた丸め直し、ドーナツ型にする。
時は無常にも刻々と過ぎていく。11時15分。もうこれ以上は伸ばせない。子供の迎えに行かなければ。
っとmango、いきなりスープ鍋を火から下ろして、コンソメと固形ブイヨンを鍋の中に落とした! こ、これは時間差攻撃なのか?

12時20分帰宅。急いで湯を沸かし、オーブンを温め始める。パンを20分休ませるところを1時間もほったらかしにしたため、生地がぼよ~んとしているではないか!
チャレンジャーmango、すかさず形を整えボイルし、無事オーブンに入れる事に成功。

ピンポーン。最初のお客様はこっしーだった。いいタイミングで来てくれたとほくそえんだmango、こっしーをアシスタントのごとく使い始めた。サラダのドレッシングを作っていなかったのに気付き、マヨネーズとヨーグルトをミックス。こっしーにも味見してもらうが、強引にオッケーサインをもらう。
少し遅れる事40分、Aloha&くろっちも登場。遅れたわりに
「お腹すいた~」の連発。よしよし、ランチはもう出来上がりだ。
少々焦げたベーグルだって、みんなの笑顔と楽しい会話があれば許してもらえるのだ。

で、審査員の皆様チャレンジャーmangoの判定はいかに?





【2006/06/29 18:21】 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ブラックコーヒーでの目覚め



朝起きて朝食の準備をしながら、ワタシ用に一杯コーヒーを落とす。コーヒーの香ばしいニホイがキッチンに漂い始める。まだ子供達は起きてこない。あぁ...ワタシだけの時間。
早速マグに入れ替えるが、こぼれると分かっていても、いつも
タップリと注ぐ。そしてこぼす。(笑)

ワタシがブラックコーヒーを飲み始めたきっかけは、一昔前一世風靡した人気TVショー、「ツインピークス」


20060702051156.jpg



でカイル・マクラクラン扮する刑事


kyle.jpg




が保安官たちと、皆が皆ブラックコーヒーを飲んでいたのだ。しかも片方の手にはお決まりのドーナッツを持って。


20060702051132.jpg



若きしmangoはこのドラマで「アメリカ」を知った。
そうか、アメリカ人はブラックコーヒーにドーナツなんだ。
く~~っ、渋いゼ。
それを境にブラックコーヒーを飲み始めた。意外と飲めるもんだ!美味しいぢゃないか?! 気分はアメリカ~ン。

そして今もなお、毎朝の儀式は続いている。
カプチーノやラテも外に行ったら頼むが、家では俄然ブラック。

ハワイに来て、いろいろなコーヒーブランドがあり、それぞれ試してみたが、ワタシのお気に入りは何と言っても


coffee.jpg



左側の「Peet's coffee」。残念なことにハワイにはこのコーヒーショップがない。最近、豆を買えるようになったが、他のハワイアンブランドに比べると高い。なのでその代用として右側のお馴染み、「Lion」(original)で我慢する。

ちなみにうちのご主人様はティー派なので、あまりコーヒーは飲まない。
あなたはどっち派?



【2006/06/28 18:58】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
mangoの由来
ワタシが今住んでいる家の庭にはマンゴーの木が1本立っている。2年前この家を購入するとき、この木を見て決めたと言っても過言ではない。
っと言うのも、ワタシが長男(小マンゴー)を妊娠した時、友達から「お腹の子を何て呼んでるの?」と聞かれ、そんな事頭に無かったのだけど、確かにニックネームを付けたら呼びやすいかも、と思い、そしてなぜか分からないが「マンゴ~!」と呼ぶようになったのだ。
ダンナからは「サタデーナイトライブのゲイキャラ"Mango"みたいだね?」と一言。

images.jpg


ゲイだろうが何だろうが、いいのだ。
逞しく、謙虚に、そして人から愛される人に育ってくれれば...
友達は可愛らしい花の名前を付けてたが、うちの子は「マンゴー」。さすがに人前では大きな声で呼ぶのは躊躇した。
無事にマンゴーベイビーは産まれ、いつの間にかこのニックネームも忘れていった。
その後何年か経ち、ハワイに引越してきて、家を買うという時にこの木が現れた。
マンゴー...あぁ懐かしい響き。これってワタシに住んで欲しいって言ってるんじゃないの?やっぱり運命だったのかしら?
と自分勝手な妄想インスピレーションで決めてしまった。

このマンゴーの木は年に2回、食べ切れないほどの実を沢山つけ、ワタシ達を喜ばせてくれる。
ちなみに下の子はキウイと呼んでた。(笑)
【2006/06/27 18:52】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。