スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Money







午前10時14分。ワタシの携帯が鳴ったので電話に出ると、mango夫からであった。

「今さ、◯◯って店に来てて、パソコンを見ているんだけど、ココにはないようだからこれからアラモアナショッピングセンターまで行って来るね!」

と、かーなーり張り切りモード全開の様子。
そして数時間後、大きな段ボール箱を手にご帰宅。そう、とうとうこんなの買ってしまったのである。




imac-300x225.gif




imacと呼ぶんだろうか?(おい)
ニホンから持って来ていたパソコンを使っていたのだが、ココに来て回線がかなり遅くなったり、ネット中にいきなり止まってしまったりとトラブルが続いていたのだ。かれこれ6年も使っていたのでそろそろ換え時だったのかも知れない。
とにかくmacなんて使ったコトがないし、その前にPC自体を今イチ把握出来ていないワタシ。(爆)マニュアル本なんて気の利いたモノもないので、ココはひとつmango夫にお願いして何とかニホン語入力出来るように設定してもらう。mango夫もこのmacに関しては皆無だと言うコトで、四苦八苦しながら、時々罵声をあげながら、夜中近くになってようやく度差し支えのない程度に使えるよう、セットアップするコトが出来たのであった。

だが、この新しいPCで自分のブログをアップし始めてからあるモノが使えないコトに気付いた。
それは半角のちっさな文字!さすがにこれを夫に説明しても無理だった。どうすりゃこの半角小文字が出てくるんだ?これだけが分からないので、ちょっと不便を感じる。


で、またタイトルから離れた話になってるんぢゃないの~とつっこまれる前に、ようやく本題。
今年に入ってから買い替えたモノがいろいろあった年であった。
まずは1月、mango夫が船でプカプカしに行ってしまった後、車が壊れたのだ。キウイを幼稚園に迎えに行った帰り、ムシムシしていたのでエアコンを入れた。数分後、何だか焦げたニホイがしてきたので、

「この近くで火事があったのかな~、危ないね~」

と娘と話をしていたのだ。まだその時点では危ないのはワタシだというコトすら気付いてもいなかった。そして帰宅し、また数時間後に出かけるため親子で車に乗り込んだ。キーを差し込みエンジンをかけようとした所、ギー!っというものすごい音が鳴り、目の前から白い煙が上がった!そしてそのうちにキーが回らなくなってしまったのだ。
結局この原因はエアコンにあった。このパーツを取り替えるのに$1000もかかるというので、中古車を購入する羽目になったのだ。こんな予定は全くなかったので一気に金欠になってしまった。
ワタシの結婚生活で初めて、銀行口座の預金が$100を切っていたのだ!次の給料日まであと1週間もある。その間に何も無いコトを願って、正に字のごとく息を潜ませてその1週間を乗り切ったのであった。

車の次にデジカメが壊れた。そして今回パソコンがイカレちまう前にと新しいのに買い替えた。
残金$100も満たなかったあの日から、まあよくもデジカメやパソコンが買えるまでになったものだと我ながら驚いてしまう。おまけに2週間もニホンで遊んで来るコトも出来たしね?

と言うコトはお金というのはやはり使わなくてはいけない時というのがあるのではないだろうか?商売をなさっているヒトが言ってたが

「お金は使わないと入ってこないのよ」

とはこういうコトなんだろうか。まあお金の使い方にも依るのだろうが、有意義な使い方・先を見越した使い方をしていくコトが行く行くは自分の元へ戻ってくるのだろう。
ワタシ自身貧乏性なのか、あまり贅沢な暮らしは望んではいないが、さすがに残金$100と知った時はドキドキしてしまった。(汗)



お金繋がりでもうひとつ。
1月程前に中国を旅して来た友達から話を聞いた。

「中国の西安って所に行って来たのよ、三蔵法師が祭られてある所なんだけど。そこへは観光バスに乗ってツアーで行ったのだけど、バスが止まってワタシ達が降りる度に何処からかヒトが寄って来て、「ワンダラー、ワンダラー」って$1札を恵んでもらいたくて手を差し伸べてくるの。ツアーに同行していたアメリカ人は同情してお金を渡してたけど、そしたらもっとヒトが寄って来ちゃって...中国では1ドルがすごい大金なのね。中には手足のない子供を見せ物にしてお金をせがんで来た母親もいたのよ。」

この話を聞いて、胸が苦しくなった。今ワタシは毎日美味しい食事にあり付くコトが出来、雨風をしのげる、大きくはないがそこそこの家に住むコトが出来、おまけに愛する家族が周りにいる。こんなに恵まれた生活ってあるだろうか?
なのに、ちょっとしたコトで頭にきたり、愚痴をこぼしてみたり、あまりの自分の軽率な行動を振り返ってとても恥ずかしくなった。

この世に誕生させてもらい育ててくれた親、
文句も言わずにワタシを受け止めてくれる夫、
無条件でワタシを母親として愛してくれている2人の子供、
楽しい時間を共有し合え、陰日向になって支えてくれるステキな友人達、

そのひとりひとりを頭の中で思い浮かべてみる。
そのヒト達のお陰で今のワタシがいる。
ワタシの上を見たら沢山の上流家庭がある。
ワタシの下を見ても沢山の貧しい暮らしをしている家庭もある。
何事も「◯◯過ぎ」は良くない。ほどほどが丁度いい。
今ある環境に感謝。




スポンサーサイト
【2006/11/18 09:18】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。