スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
優雅なひとときと庶民的な夕べ







午前10時33分。予定より少し早く着いてしまったが、とりあえずお友達のRさんに電話を入れる。

「今、パーキングに車を止めたんだけど...」

「じゃ、すぐに降りていくから待っててね!」

と言うコトで、彼女の住むコンドミニアムの入り口まで子供達と向かう。
セキュリティー完備のこのコンド、まだ出来て新しいのでまるでホテルに来たような空間。
好き勝手には出入りが出来ないので、いつもRさんに正面入り口まで着てもらい、中に入れてもらうのだ。
今日はお互いの子供達を一緒に遊ばせようと、このコンドにあるプールにお誘いを頂いた。
今朝から素晴らしい青空が広がっているので、プール遊びには絶好の天気!
プールサイドに着くなり、水着に着替えて次々とプールに飛び込んでいく子供達。
こんなにステキなプールで過ごすなんて、なんて贅沢なんだろう♪



20070330150517.jpg

しかもココはビル6階の高さにあるのだ!すぐ隣にはバーベキューテーブルも設置してあって、オマケにミニゴルフ、テニスコートも4面ある!
ホントにココは地上6階の所なのか、疑ってしまう。

Rさんが忘れ物をしたと言って、一度自分の家に戻ってしまった。
その間、ワタシが4人の子供を見るコトに。
小マンゴー、キウイ、そして小マンゴーと同い年のRさんの息子さんK君とお嬢ちゃんOちゃん2歳とワタシがプールに浸かっていた。
...そしてそれはその時に起きた。
一番小さいOちゃんについ気を取られていたため、一瞬何があったのか良く把握出来なかった。
近くにいた白人の母親が何か怒鳴っている。彼女の娘(2歳くらい)が水の中で溺れたのだ。

「Say, sorry!!!」

と吐き捨てて遠くへ行ってしまった。最初、誰に向かっていっているのか分からなかったのだが、その親子の周りにはワタシ達しか居なかったので、うちの子供達が何かしてしまったのだろうと、ボーイズに

「何かあったの?」

と聞いたが、はっきりと答えない。でもきっとK君と小マンゴーが遊んでた時にぶつかったか何かしたのだろうと思い、その白人の母親に聞いてみた。

「ゴメンナサイね?ベイビーに気を取られてて何があったか良く分からなかったんだけど、家のコ達が何かしてしまったのでしょうか?」

「いえ、別に大したコトはなかったからいいのよ。アナタも、一人で4人の面倒を見てたのだから仕方ないわよ。」

と、彼女の気も少し落ち着いたようで、ワタシのコトに理解を示してくれた。


やはり自分が悪いと思ったら素直にそれを認めて謝るのってとっても大切なんだなぁと気付いた。だってもしワタシが彼女の立場だったら、そして相手が何も言ってくれなかったらやはり頭にきただろう。
アメリカでは

「すぐに謝ってはいけない」

なんてコトをよく聞くが、アメリカ人だろうとニホン人だろうと皆同じハートを持っているのだから、自分がされてよく思わないコトは、相手もそうなのだと言うコト。そういう時は素直に謝るに限る。
相手のお嬢ちゃんに何もなくて良かった。一安心。


ずっと水の中にいたせいで身体が冷えてきたので、ジャグジーへ場所を移す。



20070330150536.jpg

あまりの気持ちの良さに、もうウットリ~。
子供達もジャグジーが気に入ったようで、大人しく入ってる。

何故か水に入るとお腹が空くのよね~、と言うコトでランチタイム♪



20070330150636.jpg

Rさんはサンドウィッチ、水餃子、野菜スティック、唐揚げ、大根のお漬け物と、スゴいご馳走を用意してくれた!ワタシはおにぎりとチョコレートブラウニーだけ。

こんな感じで昼間はプールで遊ばせてもらい、夕方からはRさんの近所のアラモアナパークへ出掛けた。



20070404100701.jpg

この日のサンセット~

娯楽の少ないハワイで、週末の4日間だけのカーニバルが開催されるとなれば、それはもう子供達は大はしゃぎ♪



20070404100732.jpg




20070404100643.jpg

ちなみにこの乗り物は全て移動式になっていて、年中オアフ島内のあっちこっちでイベントとして回っているのだ。
何だか浅草の花やしきを彷彿とさせるが、それはそれでとてもスリリングなんだろう。(笑)

乗り物に4つしか乗らなかったのに$20がすぐに飛んでいった~!
かなりボッタクリの様な感じもするのだが、遊園地のないハワイではいた仕方ないか?
キレイな月や、夜の8時ジャストにヒルトンホテルからの花火打ち上げも見れて、普段の週末とはひと味違う時間が過ごせたコトに満足。

さぁて、来週からまたまた学校が始まる。
いっぱい遊んだ分、学業の方も頑張ってもらわねば!


スポンサーサイト
【2007/03/31 15:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
小マンゴーの宿題







午後2時54分。ようやく2日がかりでとりかかったプロジェクトが完成した!

小マンゴーの春休みは2週間ある。その間に28枚程のプリント(国語、算数)と、もうひとつの宿題が出ていた。
プリントの方は2日間で終わらせてしまっていたのだが、もうひとつの方がやっかいで、ワタシ自身なかなか乗る気でなく伸ばし伸ばしにしていたのだが、春休みも半分を切ってしまったため、やっとのコトで重い腰をあげて取りかかる。

そのプロジェクトとは?



「自分の国の昔話をひとつ選び、靴箱の中にストーリーの1シーンを再現して作ろう!」



というモノであった。(汗)
しかも、その昔話はおとぎ話であってはいけないらしく、そのストーリーから何が学べたかをちゃんと言えなくてはならない。休み明けに一人ずつ、発表するらしい。

っと言うコトで、選んだ昔話は

「笠地蔵」

皆さん、このお話は知ってますか?(笑)

むかしむかしある所に、笠職人のおじいさんがいました。
いよいよ明日は新年を迎えようというのに、おじいさんの家にはお米が
なかったので、笠を売りに町へ行きました。
でも誰も笠を買ってくれるヒトはいませんでした。
日も暮れてきたのでおじいさんは家路に着きます。
その途中に6人のお地蔵さんが立っていました。雪が降る中、
お地蔵さんが寒くて可哀想だろうと、おじいさんは売り物の笠を
そのお地蔵さん達に被せてあげるのでした。
そして、家に着きおばあさんに
「笠が売れなくてごめんよ。新年に食べる米もない。」
と謝り、2人で汁をすすって年を越すのでした。
明け方、遠くの方で誰かのかけ声が聞こえてきます。それに気付いたおじいさんは
外を覗くと、なんと6人のお地蔵さんが沢山の食べ物をのせたソリを引いておじいさんの
家の前まで来るではありませんか!
「笠をありがとう」
とお地蔵さん達はお礼を言って、来た道を帰っていきました。
おじいさんとおばあさんはお地蔵さんからの贈り物でステキな正月を過ごしましたとさ。



とまぁこんな話なのだが、これを箱の中で作らなければならない。
クラフトショップで紙粘土を買ってきて、子供達と一緒に作り始めた。
小マンゴーにお地蔵さんを作らせ、ワタシはおじいさんとおばあさんを作る。
1晩置いて乾いたのを確認し、色を付けていく。
笠を折り紙で作る。

そしてこのように出来上がった。



20070330150400.jpg

『笠地蔵』


20070330150416.jpg

一番の自信作『おばあちゃん』


20070330150434.jpg

お地蔵さんも何気にちゃんと手を合わせている!



20070330150451.jpg

おじいさんの顔は小マンゴーが担当したため、スゴい表情に!
しかも青い絵の具で塗ってしまったため、顔色がよろしくない!(笑)



何とか完成出来たので良かった。
でもほとんどワタシが作ったようなモノになってしまった。
...子供の頃、一番好きだった科目が図工だったので、久しぶりにこのようなモノを作る機会に恵まれて良かったのかも。こんなところで役に立つとは思いもしなかった!子供そっちの気で作ってたのだから!(爆)
それにしても最近の一年生はこんな手の込んだ課題をするんだねぇ。
時代は変わるもんだ!



さてと、後は小マンゴーにこの話のおさらいをさせなくては...
【2007/03/30 15:34】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
Kids Party







午後5時30分。春休みに入った最初の金曜日と言うコトで、ママ友の七海ちゃん親子とMさん親子を家に呼んで、「キッズパーティ」を企画。
皆1品ずつ持ち寄りしてくれたので、ワタシはピザ生地を作り、トッピングを用意しておいた。

5人の子供達が集まって一斉に思い思いのピザを作ってもらう。



20070325120951.jpg

玉ねぎ、トマト、ペパロニ、ピーマン、オリーブ、アスパラガス、チーズをトッピング♪



20070325121157.jpg

Mさんのお嬢ちゃんDちゃんの作品『ザ・ピザ』!



20070325121124.jpg

七海ちゃんのお嬢ちゃんRちゃんの作品『雪だるま』



20070325121103.jpg

我が娘の作品『...』
具がピザ生地から思いっきりはみ出てますが?(笑)



オリジナルのピザをオーブンで15分焼いて出来上がり。
先に子供達のお腹を満たしておいて、お次はワタシ達の番!



20070325120844.jpg

ちょっと手をかけて、BBQチキンピザ~♪



20070325120928.jpg

揚げ物女王・七海ちゃんのお手製『ツナタマゴ春巻き』
カリカリにあがってて、とてもおいすぃ~♪



20070325120907.jpg

Mさんが作ってきたのは『夏のパスタ』Byクックパッド
ホワイトビネガーを買いに、何軒もの店に行った甲斐あって(笑)、とてもさっぱりとした爽やかなパスタサラダ!お腹がいっぱいになっても、つい食べてしまうくらい、飽きのこないお味♪



ディナーの後はデザート、でしょ♪
子供達にはパフェを作らせて、我々はこちら。



20070325121038.jpg

今朝作っておいたバニラアイスをのせた、『アップルクランブル』
熱々のクランブルと冷たいアイスのハーモニーが何とも堪らないのだっ!

久しぶりに夕方から集まったのと、美味しい食事とで会話も弾み、気が付いたら11時であった。子供達も楽しかったのか、皆起きていた!
お休みの時くらいはこんなご褒美もいいよね?(笑)
【2007/03/25 12:16】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
春休み







先週12日から16日まで、お友達のMさんと一緒にテキサスへ旅行に行ってきた。
mango夫に子供の面倒をお願いし、ひとりで旅行に行くのは結婚以来初めてのコトである。
最初は文句を言っていた夫だったが、何とか説得して了承を得るコトが出来た。
小マンゴーは

「いってらっしゃい」

と言ってくれたのだが、キウイは当日になって

「ヤダー!キウイも一緒に行くー!」

と大声で叫び、ワタシの腕をぎゅっと握って放さない。
さすがにこの時は

「家族を残していくのは間違っているのかも?」

と思ってしまったが、もう後には引けない。ワタシも涙が出そうだったが、ぐっと堪えて笑顔を作る。

そんな感じでスタートしたオンナ同士の旅。
Mさんの知り合いがサンアントニオに居ると言うので、もう安心しきって何も下調べなし!



メキシコからテキサスに来て約20年というLさんに観光に連れて行ってもらった。彼女はとても背が高くてエラい美人さんだ。お子さんが14歳を筆頭に3人居るのだが、そんな風に見えないくらい、モデルのような方。とてもシンプルなファッションに身を包んでいるが、何気に小物使いがとても上手で、ベルトやアクセサリーなど、とても彼女らしいデザインでとても魅力的であった。ストリートを彼女と歩いていると、すれ違う殿方殆ど皆が振り返る。
何だか一緒にいるワタシが気分イイ!(おぃ)
(写真の編集が出来ないので載せられないのが残念!)

まず向かうはダウンタウン。



20070318125926.jpg

こんなステキなデザインのビルが目に入る。



20070318125630.jpg

サンアントニオの名物・リバーウォーク。この川の両側にレストランやカフェがあり、



20070318125655.jpg

このボートに乗って20分程の遊覧を楽しむ。


20070318125720.jpg

水路はあっちこっちと分かれている。


20070318125746.jpg

こんな面白いアートのビルを発見!



この後、Lさんおススメのメキシカンレストランでディナーとなったのだが、あまりにお腹が空いていた為、画像に収めるコトをすっかり忘れて食べてしまった。
それにしても物価の安いコト!ほとんどのメニューは$10はしない。ハワイとは大違いだ!
メキシコ人のLさんに全てメニューを決めてもらったのだが、全部美味しすぎっ♪
でも彼女曰く、テキサスの人口60%はメキシカンっというだけあって、とにかくメキシコ料理屋が多い。がほとんどは「Texican」と言って、テキサス風メキシカンという感じでアレンジされているようだ。どれがどうテキサス風なのか良く分からないが、でもどれも美味しかったので満足♪(おぃ)



そして今ニホンでブームになっているクリスピークリームを、コンビニで発見!!



20070318125817.jpg

ハワイではマウイ島でしか手に入らない幻のドーナツなので、まさかココテキサスで、しかもコンビニで買えるとは、何とも素晴らしすぎるではないか?(笑)
早まる気持ちを抑え、まずは一番人気のグレイズドから~!


20070318125846.jpg

ん...
美味しい!けど、甘っ!
出来立てだったらもっと美味しいんだろうなってな感じ。


で、もうひとつのチョコレート。
これは残念ながらアメリカのチョコレート(ザラザラとした舌触り)がかかっていて、美味しいとは言えない。っとは言うモノの、一気に2個のドーナツをペロリとやってしまった!
とにかく、ずっと気になっていた食べ物の一つだったので、口に出来て良かった。(←単純!笑)



サンアントニオと言えば「アラモの砦」。
昔、スペインの布教所として建てられたのだが、メキシコからの独立を願い、アングロサクソン系テキサス住民が立ち上がり、メキシコ軍と対立したという、歴史ある場所。



20070323115033.jpg

この戦いの後、テキサスは無事「テキサス共和国」として独立をするのだが、その10年後にはアメリカ合衆国に加わるのである。

あれ?それってハワイも同じ道を辿っているんぢゃ?
ハワイも王国時代が終わりを告げた後、ハワイ共和国となった時期があった。そしてその後アメリカ合衆国に合併したのだ。

一度共和国にさせておいて、結局はアメリカの手の内に入る羽目になってしまう...
それがアメリカのやり方なのかしら?

アメリカ人としたらこの「アラモ」の歴史はとても誇り高く思っているらしい。
ではメキシコ人から見たらどうなんだろう?
ちょっとLさんに質問してみた。

「うーん、まぁ別に気にしないわ。でも確かにこのアラモはアメリカから見た歴史になっているわね!」

と答えてくれた。
映画「パールハーバー」とちょっとダブって見えてしまったのは気のせい?


最後にLさんがワタシ達を高級グロッサリーストアに連れてきてくれた。閉店10時ぴったりに店に着いたのだが、

「1つだけ買いたいものがあるから、お願い♪」

と言って、強引に店に入る!



20070323130727.jpg

そしてそこでススメてもらったサルサソース(グリーントマト)と4種類のベリージャム。家で待っているmango夫にメキシカンを作ってあげようと、トルティーヤの粉まで購入!
子供達にはカウボーイハットを買い、8時間半のフライト(LAで乗り換え)にて懐かしのハワイに帰ってきた。
空港に着くとやはり、甘いトロピカルな花の香りが漂っていた...



こうしてワタシの短いテキサスの旅は終わった...



ワタシが居なかった数日間は、何とか3人で仲良くやっていたようだ。あんなに泣いていたキウイは以外にもあっけらかんとしていたし、ダディからオモチャを買ってもらってかなりご機嫌!
mango夫には悪かったが、少しはワタシという存在に有り難みを持って頂けただろう。(笑)




そんな訳で、旅行から帰ってきてからというもの、沢山の家事が残っていたためPCの時間があまり持てなかったのである。それに加え、小マンゴーも今週から春休みに入った。
ワタシの春休み明けは、いつも通りのノンストップな日々を送っている次第である。
皆さんの所へなかなか遊びに行けなくてゴメンナサイ。
もう少し落ち着いたら、行かせてもらいます♪

【2007/03/23 11:50】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
Beauty and The Beast







午後6時36分。ココに集まった観客全員が総立ちになって大きな拍手を送る。なかなか鳴り止まない拍手。ワタシは久々の舞台を一番前の席で見るコトが出来た嬉しさで、子供と一緒にかなり興奮していた。
今日はめずらしく家族で外出。
あれは確か2週間程前の出来事...



その日、たまたま新聞をペラペラとめくっていたところに、ある記事が目に留まった。
それは「Beauty and The Beast」のミュージカルの宣伝であった。
見つけて5分もしない内に、気が付いたら電話を片手にチケットの手配をしていた!
このストーリーならビデオで何度も子供達は見ているので、きっと楽しめるだろう...
一度このようなミュージカルを家族で観てみたいと思っていたので、ワタシの独断で決めてしまった。

そして待ちに待ったこの日が来たのだ!
一番前の席に家族4人、映画館にあるようなイスに腰をかける。早速子供らはそのイスに座り、バタンバタンと倒したり起こしたり、遊び始めた。
が、周りの照明が暗くなり、音楽が流れ始めると2人とも舞台に釘付けとなった。

ディズニーのストーリーに沿って話が進んでいく。
最後のクライマックスで、ビーストとガストンが闘うシーンがあるのだが、隣でキウイが

「ビースト、ビースト!」

と応援をしているではないか?!
そしてついにガストンはビーストに突き落とされてしまう。
と、その瞬間、



「Yes!」



叫んだ娘!(爆)
かなり感情移入して見入っていた模様。
無事、ベルとビーストは結ばれ、ハッピーエンド♪


1時間40分くらいの舞台であっただろうか?でもあっと言う間に終わってしまった。
とにかく子供達が飽きもせずに、時には席を立って食い付いてみていたのを横目で見て、ちょっと嬉しかった。

どうやらこの日は千秋楽だったらしく、舞台終了後にキャスト全員が表に出てきた。
ベルとビーストにサインをもらい、ご機嫌な子供達。

!!!

とワタシの目の前にルミエール(キャンドル)役の彼が居たので、すかさず彼の手を取り、

「いや~、アナタのルミエールはステキだった!」

と、オバちゃんパワー炸裂で褒めたたえていたワタシ!(爆)
今回のこの舞台で一番上手だったと思えたのが彼だったので、舞台後にお目にかかれた嬉しさでミーハー根性丸出し!
相手はまだ高校生だっちゅーのにね?(笑)

舞台を終え、メイクを落とした若者達は一様にとてもイイ表情をしていた。
一つ何かを成し遂げたような充実感を持った顔。
さっきまでは20代に見えていたが、実際の彼らの素顔はホントに高校生であった。
こんな若者達(って呼ぶコト事態が間違ってるが?笑)から、なかなかのモノを見せてもらえて、おまけにそのコ達のパワーまでもらえたような感じで、浮き浮きして帰宅した。

mango夫に、

「なんかさ、10代に戻ったような気分よ!追っかけしていた頃が蘇ってきたから!」

と興奮がまだ冷めないワタシ。
良いモノを観せてくれた彼らに、サンキュ♪




ちなみに「Beauty and The Beast」を見たのは10年も前であった。劇団四季の舞台はとても凝った仕掛けがあっちこっちにあって、目を凝らして見たものだ。
やっぱりミュージカルはいいね~!
また機会があれば家族で出掛けていきたいものだ。
【2007/03/19 19:07】 | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
mango家の食卓の裏技







午前10時31分。ミリタリー専用のグロッサリーストアで、いつものように豚肉のかたまりを手に取り、店員さんに

「しゃぶしゃぶスタイルにスライスして下さい」

と頼んでおいたので、出来上がりを見計らって肉コーナーに戻った。
ココでは肉をお好みで切ってくれるというありがたいサービスがあるので、いつもお願いをしているのだが、今回に限って

「ゴメンナサイね~、スタッフがランチに入ってしまったから1時間程かかるんだけど、どうする?」

と言われてしまった。肉の為だけに1時間なんて待っていられないわっ、とそのパックされた肉を返してもらい、結局買って帰るコトに。



豚肉が大好きなワタシにとって、特にスライスされた肉はいろんな料理に使えるので重宝するのだが、ニホンで当たり前に売っている「豚肉スライス」は、アメリカではあまり見ない。日系のスーパーに行けば買えるのだが、お値段が少々張るので簡単には手が出ないのだ。

たった今買ってきたばかりの豚肉のかたまりを前に、とりあえず自分で切ってみるコトにした。
包丁が滑って、なかなか上手に切れない!
困ったものだ...っと思った時、閃いた。



肉を半冷凍してから切るのってどうよ♪



と言う訳で、速攻肉を冷凍庫へぶち込む!
待つコト数時間...

包丁が入るくらいの固さに凍っているではないか!
っでは早速、ナイフ入刀~♪



20070311184812.jpg

おぉ~!!!



20070311184826.jpg

しゃぶしゃぶほど薄くはないが、こんな感じ♪ いかが?(笑)
調子に乗って全部スライスし、少しずつ取り分けてラップに包む。
そしてそれをまた冷凍庫の中へ。



20070311184844.jpg




一時は肉スライサーを買おうか本気で考えた時もあったが、この半冷凍のアイデアは我ながら素晴らしい発見だったな、と。
きっと皆さんはとっくに知ってると思われるが、裏技を見つけた嬉しさでつい、アップしてみた!(笑)
皆さんもご家庭でぜひお試しを~。
もうこれで分厚いお肉とはおさらばよーっ!(爆)
【2007/03/11 19:50】 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
良心と疑心の狭間で
thinker_lg1.jpg






2時38分。またあのオトコが立っている。この場所に立ち始めて1週間ばかり過ぎただろうか?見た感じ、50歳前後である。恰幅のいいガタイで松葉杖をついている。そう、彼は片足しかないのだ。
首からは何かメッセージのようなモノをぶら下げている。

「Help!」

としか見えなかったが、きっとこの信号待ちで止まった車からお恵みを待っているようだ。



炎天下の中、片足で立っていた彼を初めて見た時、ちょっと心が揺れた。
こんなに暑い所で、松葉杖をついて立っている...
こんな状態だったら、シゴトに就くのも難しいのだろう。
そんな感じを抱いた。

っと、ワタシの後ろに止まっていた車の男性が気の毒に思ったのだろうか、このオトコにお金を渡していた。
オトコはいかにも慣れたような手つきで、当たり前のように差し出されたお金をもらい、
腰に巻いていたバッグにささっとしまった。

その数日後もまたこのオトコを見かけた。その時彼はたった今恵んでもらった数枚のお札を数えていた。

この瞬間、何故だかとても不快感を味わった。
感謝の気持ちなどちっとも伝わってこなかった。恵んでくれたヒト達のコトをどう思っているのだろうか?
お金を恵んでもらわなければならないほど、このオトコは生活が苦しいのだろうか?
ハンディキャップに寛容なアメリカで、生活手当をもらっていないハズはないのだ。
片足を失った為にシゴトに就けないのだろうという同情と、お腹の出たオトコの姿の「楽して金儲け」と疑って見ている心が、ワタシの中で葛藤する。

お恵みをしなかったワタシは、ヒトに優しく出来ないニンゲンなのだろうか?
それともそのような恵みはホントに彼の為になるのだろうか?



mango夫に聞いてみた。

「そういうヒトはちゃんと保障されているんだから、生活出来ない訳ではない。もしホント
 に生活が苦しいのであれば、訴える所を間違えてるよね?
 それに僕たちが彼らを救えるとは思えない。キミがチャイナの話をしたの、覚えてる?一人のヒトにお金を渡した所で状況は変わらないんだよ。」




また、別の友人にも聞いてみた。

「あぁいうヒトは飲む以外にするコトがないのよ。お酒代を稼ぐ為に立っているのよ。
 だからお金をあげる必要なんてないのよ!」

とハワイ在住の長い彼女はクールに言った。



うーん、それもそうだな?今恵んでもらった1ドルが彼の未来を変えるきっかけになれば願ったりだが、その確率はかなり低いだろう。それよりもこの「片足」をダシに、もっと恵んでもらおうという欲が出て来るのではなかろうか?

「お金をくれる奴らがいるんだから、別に悪くないだろ?俺はただそれをもらってるだけ」

そんな言い訳が聞こえてきそうだ。



このオトコの他にも、

「Homeless, Hungry, Help」

と言うようなお決まりのボードを持って町中を立っているヒトをよく見かける。
中にはとても若いオトコで、そこそこハンサムなヒトもいる。
ホントに自分のライフスタイルを変えたいと思っているのだろうか?
本気で社会に復帰したいのなら、ワタシ達からの微々たるお金を当てにせず、サポートしてくれる場所に出向いていけばいいとワタシは思うのだ。
若い身体をただもてあましているだけのように見えるその若者が、とても哀れに思えた。
きっと1年後も何処かのストリートでヒトから物乞いをしているに違いない。

ヒトのお金を当てにして生きるようなニンゲンにだけはなりたくない。
ワタシの子供達にもそのように育って欲しくない。

世界長者番付けで13年間トップにたっている、マイクロソフト社の会長、ビル・ゲイツのスゴいと思うところは、彼の死後に残される財産は全て寄付金として使われるようになっているらしい。彼には3人の子供がいるのだが、遺産相続はなし。
多額の寄付金は途上国のエイズ、マラリア、結核の根絶や教育水準の改善などに費やされるようだ。
自分で稼いだお金は自分の代で使い切る。それも社会の為に。
子供達にお金を残していったって、トラブルになるだけだ。(笑)
ワタシも身近で遺産相続の煩わしさを見てきたので、あのような泥沼はゴメンだ。
お金を目の前にして家族が、兄弟が変わってしまう、なんて愚かなコトなんだろう。
ビル・ゲイツのような億万長者には逆立ちをしたってなれやしないけど、将来は子供に迷惑をかけない程度にワタシ達夫婦2人でやっていけたらいいなと思う。
お金は墓場までは持って行けないのだから(笑)、その時は寄付して逝きたいと願うのだ。



またまた話が反れていってしまったが、前に戻ってお恵みのオトコの話。
少なくとも、彼を通して今の自分がどれだけ恵まれた境遇にあるのか、気付かせてもらった。決して裕福な暮らしではないが、家族皆健康でいられるというコト。
そういう意味では彼の存在も決して無ではないのだ。
【2007/03/10 11:50】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(24) | page top↑
押忍っ!







午後3時30分。小マンゴーの初めての空手進級テスト開始!
子供も大人も混ざって、一緒に実技試験を受ける。どうやら小マンゴーは最年少のようだ。
進級出来れば、今の白いベルトから黄色に変わる。
あまり空手をよく知らないのでニホンではどうなのか分からないが、ココの道場(多分アメリカ)では






黄色



オレンジ



















に黒のライン



ブラックベルト



というようにベルトの色分けによって、級が分かれている。



遡るコト去年の4月。小マンゴーに何かスポーツを習わせたいと思っていたのだが、彼の性格上、野球やバスケットボールなどのチームプレーは向かないだうと判断。なので個人で出来る空手はどうだろうかと思いmango夫と相談し、ある空手教室に見学しに出かけた。同じような歳の子供が沢山居て、遊びながら学んでいる感じ。小マンゴーも満更ではない様子。
集中力もつくし、ニホンの武道(礼儀)も教わるコトが出来る。
と言う訳でこの空手に通うコトに速攻決めた。

通い始めて目に付いたのが、誰に似たのか落ち着きがない!(笑)
他のチビッコ達と一緒に練習するが、隣の子にちょっかい出したり、先生の言う通りにやらなかったり。その度に正座をさせられ、お仕置きタイムを課せられた。
ホントにこんな調子で大丈夫なのか?
あまりやる気が見えてこないのだが、このまま続けさせた方がいいのか?
と思った時もあったが、何はともあれ今日ようやく試験を受ける資格を頂いた。


相変わらず小マンゴーからは緊張感を感じるコトはなく、周りをキョロキョロ見渡したり、頭をポリポリ掻いたり!(爆)
その内にユニフォームがはだけ出した!
身だしなみが審査の対象にもなるのではないかと、こちらは気が気でない!
mango夫はワタシより熱くなっている様子で、時折舌打ちをしたり、頭を抱えたり、終いには

「小マンゴー!」

などと叫び出す始末!(爆)
その姿にあるお方とダブって見えてしまった...



20070308091324.jpg

外見のガイジンは見せかけだったのか?!実は星一徹のような熱いオトコだったのか~、我が夫!(爆)

「とにかく、昇格するってコトよりも小マンゴーが楽しめればそれでいいんだから、結果を知って小マンゴーを責めたりしちゃダメだよ?」

とmango夫に忠告しておいた。
そう言い終わって、

「今回は無理だろうな...」

という気持ちが頭をよぎる。



無事実施試験を終えた小マンゴーを両手で抱きしめ、

「良くやったね!」

と褒めてあげた。とても気持ちが良かったのか、イイ笑顔で

「ねー、イエローベルトになれるでしょ?」

と聞いて来た。素直に

「なれるよ!」

と頷いた。


結果は翌日の練習で知らされた。

「小マンゴー!」

と先生に名前を呼ばれ、真新しい黄色いベルトを巻いてもらった。
思っても見なかった昇格にワタシも嬉しくなり、先生に

「Thank you!」

を連呼していた!(笑)

週6日、ほとんど毎日、学校の宿題を終わらせて空手の練習に参加している小マンゴー。
真面目に頑張った甲斐があったのだろう、念願の黄色いベルトになった嬉しさで、更に練習にも熱が入る!
だんだんと空手の楽しさ、やれば出来るというコトが分かって来たようだ。
このままブラックベルトまで突き進んでほしいと願う、熱い両親であった。(笑)




20070307150756.jpg

イエローベルト~! 
【2007/03/08 07:42】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
飲茶でおめでとー!







午前11時32分。テーブルに着いてから1分もしないうちに飲茶ワゴンが右から左からやってきた。レストラン内のテーブルはほぼ満席。

「何する~?」

なんて相談しているものの、奥に座ったワタシには何があるのか全く見えない。なのでお友達にお任せして、適当に選んでもらう。
 

今日はお友達Mさんのお誕生日のお祝というコトで8人で「Legend Seafood Restaurant」にやってきたのだ。
場所柄、チャイナタウンにあるので殆どのお客は中国人のようだ。

まず最初の蒸篭にはこちらをチョイス、

 

20070303105437.jpg

右上から、サクサクとした点心、小龍包、青菜の蒸し餃子、そしてエビ蒸し餃子

あっと言う間にたいらげ、2台目のワゴン車を止める!

「鳥の足、いってみる~?」

と聞いてきた友達。

「え?何それ?」

何て言っているうちに、テーブルに置かれてしまった。
こんな点心見たコトないよ~!



20070303105449.jpg

醤油と八角で味付けしてあり、黒こしょうがアクセント。
 
「コラーゲンたっぷりだから、お肌にいいよ♪」

なんて薦められ、怖いもの見たさでちょいと一口。





辛っ!!!



こしょうが効きすぎてるのか、えらい辛いぞっ!
プニョプニョした感触で、細い骨がありちょっと面倒臭い。(おぃ)
さぁ、気を取り直して別の蒸篭~♪

ココで今まで食べたコトのなかった点心に巡り会うコトに!!!
ワタシのお気に入りになってしまったその一品は...


  ↓


  ↓


  ↓



20070303105503.jpg

シーフードの生湯葉巻き♪(ってピンボケかぃ?笑)

椎茸、白身魚、ホタテ、ベビーコーンが生湯葉で巻かれたものなんだけど、あっさりしていてとてもジュースィー♪

その他に焼き点心のワゴンでは注文してすぐにその場で焼いてくれるので



20070303105425.jpg

熱々が食べられるのである。ニラ饅頭もモチモチしてグッド♪

最後のデザートには定番の



20070303105516.jpg

エッグタルト♪
左:白身、右:全卵と2種類を選んだ。白い方がノンコレステロールだというので、白を食べてみる。



  ・

  ・

  ・



無理にコレステロールにこだわらなくてもいいかと。(笑)



味はエッグタルトだが、白身がプルプルしすぎて、温泉卵の白身のような感じ。ゆるい白身が苦手なワタシにはちょっとキツいデザートだった。
素直に黄色にしとけば良かった...(涙)



ワイワイ、ガヤガヤと騒がしい中で熱々の点心を食べる醍醐味!
2種類のお茶(ウーロン、ジャスミン)と共に流し込む。
これぞ、飲茶♪
どの点心にも全体的に味がついているので、醤油なしでそのまま食べられる。
種類も豊富!
そして何よりお腹いっぱい食べてもとっても安い♪
7人で割って(バースデーガールはおごり)一人15ドル(チップ込)は悪くないよね?

「もっと食べれば良かったね~♪」

なんてこっそりつぶやき合ったワタシ達。この店名のようにいつか

「レジェンド(伝説)の大食い客」

になる日も近いか...?(怖)



「Legend Seafood Restaurant」

Chinese Cultural Plaza 100 N Beretania St. #109
Honolulu, HI 96817

Tel: 532-1868

*12時前に行くのがおススメ。出来立ての飲茶を乗せたワゴンが沢山回っているので
 選べます。


【2007/03/03 11:49】 | ハワイのグルメ | トラックバック(0) | コメント(24) | page top↑
アミーゴ隊が行く ~検証の巻~







午前11時30分。急遽、アミーゴ隊がアジト(って家かい?笑)に集合。

「今日、何してる?」

「時間あるなら家来る?」

てな感じで、家に来てくれるコトになった。

「◯◯ちゃん、どうしているかな?」って思うワタシと、相手もそう思っていてくれた時のタイミングが合うと、ちょっと鳥肌モノだがとても嬉しい。
気持ちというのは通じ合うモノなのだな?

そんなタイミングの良さでAlohaと七海ちゃんがやって来た。

在り合せのランチで申し訳ないが、テーブルにホットプレートを置いて水炊き(白菜、人参、豚肉、にら、春雨)を作り、皆で同時につっつく。ポン酢とゴマだれを添えて。
我が家は「猫舌」が居るので、滅多に鍋は作らない。
なので、家族に食べてもらえないモノをオンナ友達と食べるというコトは、ワタシにとって非常に嬉しい♪

お腹もいっぱいになり、一息つく。

皆さんは気付いただろうか?
数日前、Alohaがこんなメッセージを残したのを...




『もう一つの食べ方がまだ甘酸っぱいマンゴを
お醤油でフィリピンの友達が食べてるのを見て
最初のきもっ!て思ったんだけど自分もチャレンジしたら
これがなかなかいけてて癖になったんよ。笑』



かなりの衝撃告白っ!果物を醤油につけるー?
おまけに (笑) マークまでついてるし、それって

ホントにイケてるの? (おぃ)

でもすっごく気になる自分が居る。一人では試す勇気がないので、アミーゴ隊と一緒にやってみよう、と検証~♪



「マンゴー&醤油はホントにまいう~なのか?」



では早速庭に出て、青々した見るからにまだ若いマンゴーをもぎってくる。
水洗いし、かなり危なっかしい手つきでマンゴーの皮を剥くワタシ。(爆)
そしてスライス。醤油の入った小鉢も付けて準備オッケー!

アミーゴ隊2号の七海ちゃんからいってみよう~♪

20070301044843.jpg

意外にも物怖じせずに、さわやかスマイルでパクッといく!

   ↓

20070301044823.jpg

そして「おほほほ~っ♪」って、一体どうなのよ?

ワタシも続いて挑戦。



  ...




うーん、歯ごたえはね、熟れていない洋梨(ラ・フランス)のような感じ。
サクッとしてて、ちょっと酸っぱい。
何とか美味しく食べれないものか?とちょっと足りない頭を使ってみる。
そして閃いたのが、

ワサビ

 と

カラシ

ってのは、どう?



20070301044935.jpg

という訳で、再度チャレンジ♪

20070301045114.jpg

恐る恐る口に入れる七海ちゃん。どんな感じ?



20070301045033.jpg

「2枚齧ってました~♪」
って、おーーーーーーーーーーいっ!(笑)
「ピクルス寿司とかに合いますね?!」となかなか好感触♪

言い出しっぺのワタシも食べてみようぢゃないの~?


20070301044744.jpg

ん.....?


20070301044800.jpg

もう一口♪

ってコトは



まいう~?(笑)



カラシは全然合わなかったが、このワサビとは相性がイイ感じ。
お新香をつまんでいるような感覚。
これからワタシのランチの一品になりそうだ!

最後にAlohaからの差し入れ、



20070301044958.jpg

ビアードパパのシュークリームを頂いて、お口直し♪
ご馳走様~!
やっぱりニホンのシュークリームはウマいのぉ~。



帰り際、くろっちから預かっていたモノを頂いた。Aloha宅で3週間も大事に暖めてくれていたようだ!(笑)


20070301044724.jpg

主婦必見の雑誌「レタスクラブ」から、見たコトのないニホンの美味しそうなお菓子たちまで♪
この「さくさくしっとりきなこ」、関西在住のあーちゃんのブログで見て、とっても気になっていたお菓子だったのよー!もう感激っ!あーちゃんはいつも美味しそうなお菓子を紹介しているので、とても危険なのだ!
くろっち、どうもありがと♪
ワタシの好みをよくご存知で?(笑)
【2007/03/01 05:46】 | お遊び | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。