スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Day At The Beach







午後1時58分。昨日のウエディングパーティから一夜明け、早速家族総出でビーチへ着た。
今日来たのはオアフ島東側にある「ベローズビーチ」。
ミリタリーの敷地内にあるこのビーチはとても静かでキレイだという噂。

「ぢゃあ行ってみよう~」

と、いかりや長さん張りに言ってみる!
だが、着いてみるとゲートには誰も立っている気配はない。
恐る恐る車を走らせていると、突如ギターを持ったオトコに遭遇。





20070430190642.jpg
軍人関係者しか入れない場所にギター侍?!
不思議だ、何だか怪しい...
とにかく車を走らせる。っといきなりキレイなブルーのビーチが目に飛び込んできた!

日焼け止めクリームも塗らないまま、子供達は海を目指して飛び込んで行く!
少々風があって波もあるが、ボディボードに乗って遊び始めた。

義理父は久々のビーチに大喜び♪



20070430185456.jpg

2人の孫と一緒になって遊んでる。特にキウイはおじいちゃんにベッタリだ!

遊んでくれたお礼に、嫁のワタシも何か親孝行をしようと考え...




 ↓




 ↓




 ↓




20070430185340.jpg

巨乳の人魚にして差し上げた♪(おぃ) 
ってか、埋めてどうする~~!!!



デジカメを構えてパシパシっと撮っていると、とても気になる人物発見!
こんなビーチでただ一人たたずむオトコ...



 ↓



 ↓



 ↓



20070430185313.jpg

mango夫よ~、何故にそんなに切ないのだ?(笑)



このビーチを後にする時、一人のドラッグクィーンとすれ違った。
めぃいっぱいお化粧した彼女は、赤ちゃんの代わりに荷物が乗ったベビーカーを押しながらやはりビーチに向かって歩いて行った...


周りをいろいろ見ていたら、どうやら地元のヒト達が多い。
もしかしたら一般に開放し始めたのだろう。
シャワーとトイレは古くさいが、この遠浅のキレイなビーチには堪らなく惹き付けられる。
ギター侍も、ドラッグクィーンも、誰もが惹き付けられる魅惑の場所なのだろう。
またまたお気に入りの場所となりそうだ。
スポンサーサイト
【2007/04/30 19:41】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
Happy Wedding







午前11時。ニホンの有名人(渡辺裕之&原日出子ご夫妻とか)も挙式に使ったという、キャルバリー教会にて式が始まった。
円形になった丸いチャペルに足を踏み入れると目の前が何とオーシャンビュー♪

一瞬静まり、厳かにオルガンが響き渡り、それに合わせてハワイアンの女性が歌い出す。
とても柔らかく、力強い歌声に神聖な気分になっていく...

その歌と共に、リングボーイとなった小マンゴーが先頭になって、階段式のヴァージンロードをゆっくりと前へ歩いてくる。
それに続いて妹さんのお嬢ちゃんRちゃんとキウイがそれぞれに小さなブーケを持って、フラワーガールとなって登場。

その後に柔らかなドレスに身を包んだ姉が母のエスコートによって現れた...
どんなにこの日を待ち望んだコトか?
母も、姉も、そしてワタシもそれぞれにそう思っていただろう...



小学生だったワタシ達姉妹の中で、一番結婚願望が強かった姉。

「大きくなったら、お嫁さんになる♪」

とよく言っていたものだ!(笑)
10代に入り、姉は家族の中で孤立をしていた時期もあり、仲の良いファミリーとは程遠い所に居たワタシ達。お互いに口を聞くのさえ嫌で、同じ家に住んでいても声を交わさない日が当たり前の生活であった。
20代になって、お互いいろんな経験を経て、少しずつ歩み寄るコトが出来た。っが、家族に対して愛情表現の下手な姉の閉ざした心は、そう簡単にはオープンにしてもらえなかった。
そして30代。サーファーの彼と出会い、年に一度揃ってハワイへ旅行がてらワタシ達家族に会いに来てくれ、ようやく姉妹らしい会話も出来るようになった。
っと言っても、遠回りをしてやっとこの歳になってホントの「家族」って思えるようになれたのはちょっと恥ずかしいが、それでも最悪だった20年前からは想像もつかないコトだったと思う。これが他人だったらそれこそ、

「はい、さよなら~」

で終わったであろう。家族の絆というのはやはり強いのだ。どんなに傷つけ合っても、やっぱり根底には愛があるのだ。絶対に分かり合える日が来ると思うのだ。



今日の姉の表情はとても柔らかい。
こんな表情をする姉を、ワタシは今まで見たコトがなかった。
ホントにこの瞬間が幸せなんだろう。全身から漂ってくる。
やっと自分の手で「幸せ」を掴んだ姉が、ワタシの目にとても眩しく映った...



ワタシのお義兄さんとなるTさんは、ヒトを使う職人さんだ。とても面倒見がイイ。
Tさんのお父さんも職人で大工をしていて、今の住まいは彼が建てたそうだ。
ワタシ達の父も大工で、実家は父が建てたもの。
いろんなコトがダブる。
ココでも目に見えない縁によって結ばれる運命だったのだろう。

Tさんがワタシ達家族の一員として迎え入れられて、とっても嬉しい!
だってずーーっとお兄さんが欲しいと思ってたのだから。
でも彼はどう思っているだろうか?彼の義妹2人のダンナが揃ってアメリカ人というコトに。
この婿3人が集まる日はいつ来るのだろうか...
すっごく見てみたい!


 
本日のダイジェスト~♪

20070429152858.jpg

こんなヘアーアレンジで



20070429152917.jpg

フリフリの可愛らしいドレス♪



20070429152623.jpg

プロのカメラマンから「ちょいボカシ」レンズをお借りして重ねて撮影~♪



20070429153118.jpg

こんなリムジンが待機していて、



20070429153141.jpg

子供達は大興奮♪






20070429152811.jpg

妹キャンディからのお祝いの品。
こんな関係になるのも時間の問題か?(爆)

披露宴でのお食事編~♪

20070429153210.jpg

クラブケーキ(カニ肉のコロッケ)から始まり、


20070429153227.jpg

ギリシャ風サラダ


20070429153243.jpg

ラビオリのクリームトマトソース


20070429153302.jpg

そしてメインのチキンのロースト&ガーリックパスタ


200で70429153319.jpg

デザート(イチゴのショートケーキ&バナナソテーカラメルソース)
【2007/04/29 18:44】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
全員集合その2
simpfamily.gif






午後7時57分。やっと今日一日のお務めが終わり、自宅へ帰る。
今日は今日で朝からずっと外に出っぱなしであった。



午前9時18分。子供達を学校へ送り届けた後、母と一緒にまたワイキキの姉のいるホテルへ出向く。そこで一緒に来ている姉のフィアンセのご家族(お父様、お母様、妹さん、妹さんのお嬢ちゃん)をワタシの車に乗ってもらい(一人分、定員オーバーであったが。汗)、買い物へと出掛ける。
向かった先は



20070428182250.jpg

「CC Fashion」というムームー専門店。母、お母様、妹さんの3人はそれぞれ自分の好みのムームーを選び、試着室へ消えて行く。そのヒトに合わせて丈詰めもしてもらえると言うコトなので($8追加で)、明日着たいという旨を伝えてそれに合わせてお直しをしてもらうコトに。
「ムームーを買うならこの店!」
と言われるだけあって、いろんなデザインのステキなムームーが取り揃えてある。残念ながら店内の写真を撮り忘れてしまった!場所はドンキホーテ・カヘカ店駐車場の隣。
午後3時以降にピックアップをお願いして店を後にする。


午前11時すぎ。今度はたった今選んだステキなムームーに合わせてサンダルを調達しようと、アラモアナショッピングセンターへ行き、ある一軒の靴屋へ。
お母様と妹さん、そのお嬢ちゃんはそれぞれお気に入りのサンダルを見つけ、思ったより早く買い物が済んだ。

「じゃ、そろそろランチでもしようかね?」

というコトで、このショッピングセンターの裏にある和食レストラン「食堂」にてランチを。



shokudo1.jpg

ワタシにとっては7ヶ月振りとなるこのレストランでの食事に、胸が膨らむ♪


20070428182608.jpg

刺身5点盛り、豆腐サラダから始まり



20070428182540.jpg

一風変わったカツカレー、



20070428182520.jpg

レインボーロール、



20070428182504.jpg

餃子、


この他、写真に収めきれなかった冷麺やら、オックステールラーメンやら、鰻ごはん石焼ビビンバ風...などなどスゴいご馳走が並んだ!
内装もオサレでキレイなこの店での食事に皆満足した様子♪
そして満腹なお腹をさすりながら車に乗り込み、ステイ先のホテルまで送り届ける。
小マンゴーとキウイの迎えが近づいた為、一旦ココでお別れ。
また母と一緒に家に戻る。


午後3時23分。今度は2人の子供&義理父も加わってまたまたワイキキへ向かう。その途中、お願いしていたムームードレスをピックアップし、それを持ってまたまたホテルへ。
義理父と母は孫を連れてビーチへ遊びに連れて行ってもらい、ワタシは4時から姉と妹さんのネイルの予約をしていたので、そのサロンへ。



20070428182439.jpg

「Nadine」というニホン人経営のサロンでネイルアートをしてもらうコトに。
ワタシ自身、こういうネイルにはあまり興味はなかったのだが、間近で見せてもらう内にやってみたい衝動に駆られる。
とっても細かい作業だが、小さな爪のひとつひとつにアートを感じる。
出来上がり作品はこちら♪



20070428182349.jpg

妹さんはナチュラルピンクにラメのフレンチグラデーション&スワロフスキーのストーンでとても可愛い仕上がり♪


20070428182311.jpg

そしてこちらは姉の作品。シルバーカラーにスワロフスキーのストーンをふんだんに散りばめ、極めつけはこちらの3Dアート



20070428182328.jpg

ラブリーなプルメリア♪


このネイルを終えてホテルまで歩いて帰る途中、何故か2人とも「スチュワーデス物語」の片平なぎさ風に胸の前で手を広げたポーズで歩く!(笑)その姿がちょっぴり滑稽であった...




今日の日記でお分かりになったかな?
いよいよ明日、メインイベントを迎えるmangoファミリー!
最後の悪あがきでワタシも顔パックなどしてみたが、効果は現れるのか?(笑)
では明日をお楽しみに♪
【2007/04/28 19:37】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
全員集合?!







午前9時07分。ワイキキ空港にて約6ヶ月振りの母との対面。
ワタシの顔を見たとたん、

「アンタ、どうしよう...やっちゃったのよ...」

「???」

どうやら入国審査で何か問題があったらしい。

「お母さんね、お前達にニホンの美味しい野菜を食べさせてあげたいと思って、ごぼうやら人参やら蓮根を持ってきたんだけど、ニホンを出た時は問題なかったのに、ココで止められて荷物の中身を全部チェックされて目の前で捨てられちゃったのよ~~!」

と悔やんでも悔やみきれない様子。
その他にも牛そぼろの入ったふりかけも見つかって没収されたらしい。

「息子(mango夫)にニホンのご飯を作って食べさせたいから、どうかーー-!」

っと言う、意味不明な言い訳もあっさりと却下され、目の前でゴミ箱行きを見送る羽目に。
その後もコトある毎に「野菜」の話をする母。
かなりショックだったみたいだ。
とりあえず家に帰り一息ついた後、荷を解き始めた。



20070427130026.jpg

出てくる、出てくる!何とスーツケースの半分は日本食であった!
親っていうのはホントに有り難いものだ。自分の着替えは1/4程のスペース分しか持ってきていない。重量オーバーになりながらもニホンから食料品を山ほど買ってきてくれるなんて、感謝しきれない。
母も昔、祖母が慣れない電車を乗り継いで、田舎の食べ物を沢山抱えて会いに来てくれたコトをワタシに話してくれたコトがあった。そして今、祖母と同じ立場になった母は、同じようなコトをワタシにしてくれているのだ。親がしたコトって知らず知らずに受け継がれているんだなぁと思う。いつかワタシも孫を持った時、重い荷物を担いで子供やその家族に会いに行くんだろうな~。その時は電車では済まないだろう。飛行機を乗り継いで一体どこまで行くのだろうか...



束の間の休息をとってから母を連れて、ワイキキのとあるホテルへ向かった。
空港から直接ホテルへチェックインした姉に会いに行くのだ。
通してもらったお部屋からの眺めの素晴らしいコト!



view.jpg

ダイアモンドヘッドが一望出来る~♪


20070427130107.jpg

「見て♪あれがダイアモンドヘッドよっ♪」By姉



ホテルでの再会をした後、子供達が学校から帰ってくる時間が迫ったため、また家に戻る。
そして20分後、家のベルが鳴る。義理の父がひとり、サンフランシスコからやって来た!



nicholson.jpg

俳優のジャック・ニコルソンに似た義理父とは約1年振り。ニホン語を勉強していた時期があったので、ほんの片言だがニホン語を話す。
冗談まじりで、

「ワタシ達に会いにハワイに来る?」

と誘ってホントに来てくれる義理父がとても大好き♪
正直、結婚して嬉しかったコトのひとつに、父親を持てたというコト。
この義理父はワタシ達姉妹にとっても父親的存在なのである。



さぁ、ついにmangoファミリーがハワイに集結した!
一体何が起こる?(笑)
頑張って明日もアップするからね~♪(多分...)
(妹のキャンディは残念ながらニホンへの引っ越しが重なってしまった為、不参加)



ワタシは数日前、ワイキキにある美容院



20070427130047.jpg

「Hinae Salon」にてカットし、見事に素晴らしいボブにしてもらい大満足♪

IMGP1518.jpg

編集ミスの為、首をかしげて見て下さい...

ココの美容院、かなり細かいワタシからの注文をちゃんと聞き入れてくれて、去年ニホンでして頂いたようなボブに仕上がり、とっても好感触♪
おまけにカマアイナ(住民)割引10%というサービスも有り難い。
これからはこちらにお世話になる予感♪


「Hinae Salon」
Castle Hawaiian Nonarch Hotel内

444 Niu St. Honolulu, HI 96815
Tel:808-951-5700
定休:火曜日
10AM-6PM

ニホンでは六本木と白金台に店があるそうです。
【2007/04/27 13:10】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
驚愕の事実!
milk_pour.jpg







午前1時13分。ようやく一本の映画を観終えた。mango夫と交わした一言、

「怖いね...」

その映画とは2003年、カナダで作られたドキュメンタリー映画



corporation.jpg

「The Corporation」である。
コーポレーション=企業がこの世界にどのような影響を与えているのか?
企業は営利を追求するコトだけを目的とし、あらゆる手段を使って我々消費者にモノを売りさばく。広告などからのマインドコントロールを知らず知らずに受けているワタシ達は大企業を疑いもせずに、そのブランドを信用してその企業に加担しているのだ。
金儲けの為なら汚い手を使ってまでものし上がっていく、やりたい放題の大企業。

この映画ではいくつかの問題となった企業について、その実態を暴いていったり、企業と政治との癒着などなど、ワタシ達の知らない世界を見せてくれた。
その中のひとつ、遺伝子組み換えを手がけている「モンサント社」のコトが知りたくて、今回この映画をレンタルしたのだ。



さかのぼるコト数日前、ショッキングな事実を知るコトとなった...


   *注* お食事中の方はご遠慮くださいませ...


それは、アメリカの乳牛はrBGHという遺伝子組み換えホルモンを投与しているという実態であった。このホルモンを打つコトによって、1頭の牛から得る牛乳が10%から最大40%に増加するというのだ。このホルモンはアメリカの「モンサント社」によって開発され、93年に承認されたのだ。
恐ろしいコトにこのホルモンには発がん性があると言われているし、このホルモンによって子供達の成長にも影響を与えたり(初潮が早まる、巨乳になるなど)、人体に影響を与えるとしてヨーロッパを始め、カナダ、オーストラリア、ニホンなど25カ国ではこのホルモン投与は認可していないという。
しかしアメリカでは「安全だ」と言って未だに投与し続けているのだ。
カナダでは過去8年以上に渡って検討した結果、99年に認可しないと決定。その研究からはホルモン投与により、牛の乳腺炎をはじめとする乳房の感染が増加し、その感染を防ぐために抗生物質が多用されるコトになり、その結果ミルクに抗生物質が残留し、それを飲んだヒトにも悪影響があるとしているためだ。
更に恐ろしいのが、この乳腺炎によってミルクの中に膿や死んだバクテリアや白血球が混じるというのである。



このようなミルクを堂々とスーパーで売っているアメリカってどうなのよ?(怒)




さらに調べてみると、この「モンサント社」とアメリカの厚生省的存在、FDA(米国食品医薬品局)は繋がっていたのだ!
FDAの副長官が元モンサントのトップだったり、食品や薬品の安全性を審査する審査部門の担当官が元モンサントの社員だったりする。
だからこのような猛毒を簡単に認可させるコトが出来たのだ。

そしてこの悪徳会社は規制のない、またはゆるやかな国(東ヨーロッパ、南アフリカ、メキシコ、ブラジルなど)にこのrBGHを売りまくっていたのである。
未だにシラをきる「モンサント社」。アメリカの国家までも黙認しているとは、あまりに恐ろしすぎる。

この事実を知って速攻ミルクを捨てたのは、言うまでもない。
ワタシの無知で今まで子供達にこのようなミルクを飲ませ続けてしまってホントに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
少し値段は張るが、これからはオーガニックのミルクを買うコトにしよう。

“This milk was produced without the use of (GROWTH) HORMONES, ANTIBIOTICS or PESTICIDES.”
このような記述があるのはホルモン投与されていない牛のミルクなのでご安心を。

しかし、乳製品ってミルクだけとは限らないのだった!

チーズも、

バターも、

ヨーグルトも、

アイスクリームも、(←Ben&Jerry'sはホルモンミルク未使用のサイン有り)

大好きな生クリームも、

これからはオーガニックに変えるしかないか?(泣)

ニホンの牛乳は安全だが、アメリカから輸入された↑のような乳製品にrBGHが含まれている可能性もあるのだ。その取り締まりまではしていないようなので、ニホン在住の皆さん、気をつけよう~。

世の中が便利になり、消費者側にもいろんな選択権がある。
「安いから~」と言って安易に選んでいたモノも、
手を伸ばす前に考えなくてはならない時代になってきたのだろう。
やはり安値というのは、何かしら落とし穴があるのだろうか?
はたまた、「オーガニック」という新たなブランドに踊らされているのだろうか?
何を信じていいのか分からなくなってきた~。
でも、消費者側の視線でモノ作りをしている企業がもっと増えるコトを願いたい。
だってこの地球は誰のモノでもないのだ。
未来を担う子供達へ残してあげなければならない、ワタシの責任でもあるのだから。

ひとりひとりが意識して取り組めば、地球は救われるだろう...
そう願って、今ワタシに出来るコトから始めよう。


【2007/04/24 19:57】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
輪廻を信じますか?







午後8時56分。明日は土曜日というコトもあって、子供達はこの時間までTVを見ている。
っと、何気に小マンゴーが

「小マンゴーはね、オトコのコだったり、オンナのコだったりしたんだよ」

といきなり話し出した。PCに向かっていたワタシだったが、とても興味深いコトを言い始めた息子に驚き、もっと話を聞こうと小マンゴーの隣へ腰を下ろした。

「へ~、それは小マンゴーが生まれる前のコト?」

「うん。それとね、1000年前はマミーがベイビーだった時、僕はお父さんだったんだよ!」

「!!!」

「え?小マンゴーは昔、マミーと親子だったの?マミーのお父さんだったんだー?」

「うん、そうだよ。ダディーは僕のお友達だったよ。」

「じゃ、キウイは?」

「キウイは知らないっ。」 (おぃ)



なんという会話?!
6歳のコってこんなコト言えたりするのだろうか?
小マンゴーの顔を見ても冗談で言っているようには見えない。この話をする前は黙ってTVを見ていたのに!
それとも前世の記憶が急にこの時、フラッシュバックしたのだろうか?
彼にはキウイにはない不思議な何かを持っているように思える。

ワタシも「江原さん」の言うような、スピリチュアルな世界は信じている。
父親を亡くしているからか、あまりこういう世界をコワいとは思わない。
肉体は滅んでも、魂は残り、また別の肉体を借りて次の世に生まれ変わる...

映画を観に映画館に行く。そこにその時に集まったヒト達と言うのは偶然ではない出会いである、昔にもどこかで一緒になったコトのあるヒト達なのだと聞いたコトがある。
時代は変わっても魂同士、縁があればまたいつか会えるのだろうか?


我が夫は

「自分は前世でニホン人だった!」

と思い込んでいる。(笑)
結婚前、ワタシ達はよく横浜でデートをしていた。とりわけ港の見える桜木町が好きでこの辺りをブラブラしていたものだ。
ある時、ランドマークタワーの隣にある、



yokohama.jpg

ドッグヤードを眺めながら、

「何か昔、ココで働いていたような気がする...」

っと言い始めたのだ。遠い昔、この場所で船の修理に携わっていたのだろうか?
今はNavyとして、やはり船に関わったシゴトをしている。
mango夫のおじいさんもやっぱり船のシゴトをしていたヒトで、しかも2年程トーキョーに住んだコトがあるのだ。
この事実はやはり偶然から来るものではないと、ワタシは思う。
縁があるからまたこの時代で巡り会ったのだろう。


mango夫の父、ワタシの義理の父もそういう記憶のあるヒトの一人だ。
何年か前、何気なしに

「ねぇ、輪廻って信じる?」

と聞いたコトがあった。

「おぉ、信じるね。」

と彼は答えた。キリスト教の教えが浸透しているアメリカでは、このような仏教の考えを信じるヒトはあまりいないと思っていたので、驚いた。
この義父、歴史が大好きでとりわけ第一次世界大戦の辺りにとても興味があるようだ。
っと言うか、彼は昔そこに居たと言うのだ!

自分があの時代に生き、闘っていたから、その記憶が本を読む度に目に浮かぶらしい。
この話を聞いたときはちょっと鳥肌が立ったものだ。

でもこんな記憶が蘇った義父が少し羨ましい。
ワタシも前世の記憶があったら...
でもどうして過去のコトが気になるのだろう?
潜在意識の奥深くに埋まっている、本人も含めて誰も知らない自分...
もしかしたらコワいもの見たさで、ホントの自分に会ってみたいのかも。
「ワタシ」という魂はいつ、何処で、どんな生き方をしたのだろう...
チャンスがあればワタシも江原さんに「視て」もらいたいのだけど。

アナタは信じます?
【2007/04/15 20:59】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(21) | page top↑
突撃!アミーゴ隊が行く 






午前11時01分。一時間前に電話で注文していたブツを取りにこのお店へ。



20070413133558.jpg

「Champa Thai」は今日が初めて。
今日のランチはココのタイ料理に決定~♪
自称グルメなワタシ達の舌を満足させてくれるのだろうか?! 期待にムネが膨らむ♪



2日前に新米ママ、こっしーに事前に突撃するコトを告げる。普通はアポ無しだが、ちょっぴり気の弱いワタシ(笑)、ちゃんとお伺いを立てる!
なので、こっしーに迷惑をかけちゃいけないと、ランチ持参で。
何とも腰が低い突撃隊~!(爆)
こっしーが出産してから、なかなか皆で外ランチが出来なくなったので、ココ数ヶ月は彼女のお宅で招かれもしないのに押し掛けランチをしてたのだっ。

もう既にAlohaと七海ちゃんが来ていた。
そしてこっしーベイビー"こし子"もちょうどお目覚めしたところで、1ヶ月振りに見たこし子ちゃんは一回りほど大きく成長していた。顔つきも少し変わっていて、今日はママ似のようだ!
こし子ちゃんは今日のこの時を覚悟して待っていたのだろう。替わる替わる抱っこされるのを大人しくしている。時々「アイーン」ポーズを取っては皆を笑わせる!

さて、早速テーブルに買ってきたばかりの品々を並べ、ランチタイム~♪



20070413140411.jpg

左上から時計回りに、チキンのピーナッツカリー、ビーフのグリーンカリー、パッタイ、そしてカラマリ(イカ)サラダ。



20070413133620.jpg

こちらはAlohaお手製の「ルンピア」(フィリピンの春巻き)をスィートチリソースで♪



美味しいご馳走が並んだので、こし子ちゃんには束の間の休息タイムにしてもらい、オンナ4人で食べ始める!
カリーはマイルドにしてもらったので、とても食べやすい。皆が気に入ったのがグリーンカリー。タケノコ、なす、バジルが入っていてココナッツ味が堪らない~♪
カラマリサラダもイカとキュウリと香菜をナンプラーでマリネしてあって、さっぱりとしてまいう~!
ルンピアも鳥ひき肉を使ってあるためか、とてもあっさりとしていてスィートチリと相性バッチリ♪
七海ちゃんはマナプア(肉まん)を何種類か買ってきてくれたのだが、何を選んだのか本人も覚えてなくて、皆で

「これは何まん?」

と首をかしげながら頂いた。(笑)


っと、気が付いたらプリンセス・こし子はまたまたZzz...


20070413133635.jpg

このポーズがカワイすぎ~~!
ちっともグズらずに笑顔を返してくれたこし子ちゃん。3人のおばちゃまはデレデレよ~。


さぁて、デザートを食べなきゃ食事をした気分でないっと(笑)、またまたAlohaからの差し入れ「ビアードパパ」のシュークリーム♪


20070413151439.jpg

今日は「抹茶クリーム」♪


☆美味☆


ですぅ~!


楽しい時間と言うのはあっと言う間に過ぎてしまう訳で、もうお開きの時間。
イマイチ話し足りない不完全燃焼のような感もあるが、またお邪魔すればいいっか?(おぃ)




「Champa Thai」

98-199 Kamehameha HWY, Unit#C-2 (Pearl Kai Center)

Tel: At Pearl Kai Center --(808) 488-2881
At Waialae Ave. -- (808) 732-0054
At Kailua-- (808) 263-8281

Monday - Saturday • 11:00 am - 2:00 pm • 5:30 pm - 9:30 pm
Sunday • 5:00 pm - 9:00 pm

電話でのテイクアウト予約は10amから。
【2007/04/13 14:18】 | ハワイのグルメ | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
mangoは見た!







午後12時44分。用事があってアラモアナSCまで出てきていたが、無事コトが片付いたので韓国系スーパー「パラママーケット」で買い物して帰ろうと、車を走らせる。っが、その通り道はパトカーで塞がれている。
仕方ないのでドンキホーテ(旧ダイエー)の駐車場に車を止め、そこから歩いていこう。


!!!



20070411150350.jpg

何だか物騒な空気に包まれている。この道に軽く10台は止まっている消防車!
そして周りの人々は仕切りに上を眺めている。

「もしや、飛び降り?」

なんて勝手に想像してしまったが、そうではなかった。
見た所特に何も変わった様子はないので、どんな事件・事故があったのかさっぱり分からない。
そう思ったのはワタシだけではなかったらしい。
自転車で通りかかったおじさんも、何が起こったのか気になったらしく、若い警官に聞いている。
何故か、ワタシまでそそーっと寄っていって一緒に聞いた!
でもワタシの英語力不足なのか、彼の英語がイマイチ理解出来なかった。となりで一緒に聞いていた韓国人のおばちゃんは

「オー、イヤァ?」

と相づちを打っているので、さり気なく

「今、このお兄ちゃん何て言ったの?」

と聞いてみたら、

「知らない!」

って!
オイオイ、今頷いていたのは何なんだ?!(笑)



別の方に聞いてみると、どうやら最上階の部屋で火災が起こったらしい。
特派員mango、いつの間にかカバンからデジカメを取り出し、パチリと取り始める!



20070411150312.jpg

このコンドの最上階で事件は起こった!



20070411150328.jpg

近づいてみると、上2階が黒くススけているのが分かる。
それにしても、こんな高い所に住んでいて火事に見舞われるのはちょっとコワいかも。
皆、どうやって避難したのだろう?
階段をつかったのだろうか?
考えただけでクラクラしてしまう。



...家に帰ってきてからも、この事件のコトが気になったので調べてみた。
どうやらロウソクの火が原因で今朝、火事になったらしい。
被害者が5人出て、気道熱傷を負ったようだ。その中でも高齢の女性(96歳、78歳)は重体であるらしい。

ワタシも2年程前、今の家に越してきて間もない頃、子供達が寝静まった夜の10時頃からミートソースを作り始めた。
翌朝、ベッドから起きて階段を下りた所あたりから、部屋の中が妙に暖かいのに気付いた。
っとそれもそのハズ、とろ火にしたまま寝てしまったのだ!
幸いにも家は電気なので、大事には至らずに済んだが、ちょっとコワかった。
自分の物忘れのヒドさにも恐怖を感じさせられた。(おぃ)
でも、そのミートソースは程よく水分が飛んだお陰で、味が凝縮されてとても美味しく出来上がったのであった...いや、そういう問題ではないのだが...

ホント火の元にはいつも用心をしないといけないですな?



ってコトで、今日は珍しく家の前に宅急便屋さんが止まり、子供達が

「わーい、わーい!」

と喜んでドアーを開けて、おじさんが来るのを待ち構えていた。
ワタシがサインをしている間にキウイは、

「あのね、あのね、ワタシはキウイ。こっちはお兄ちゃんの小マンゴー。6歳よ。
 ワタシは4歳。」

っと、一人で自己紹介を始めた。誰も聞いていないのに自分からベラベラと話し出すこの癖は、治らないものか?(笑)
愛想笑いをしておじさんは去って行き、小包を部屋の中へ運ぶ。
おぉ~!!!
送り主は「いつも心にアロハを~2」の広島在住のひなちゃんから♪

「はい、ハサミ持ってきて!」

「うん!」

こういう時だけは親子の結束が固いと思われる!(笑)速攻ハサミを取ってきて、小マンゴーが箱を開ける。


スゴい~!スゴすぎる~!!



20070411150438.jpg

国内産のしかもお菓子作りをする方なら一度は目にする「クオカ」の「北海道産・春よ恋」という強力粉♪
そしてあずきも~!小分けでパンを焼けるようにと、マドレーヌ型も~!
「ひなちゃん」と言えばこちら。



20070411150452.jpg

彼女のブログでいつも「◯◯限定」って付くお菓子を紹介していて、見ているワタシはとても興味津々なのだが、こちらも素晴らしく限定品♪
キウイが目をつけたのだが、そうそう簡単に食べさせなくってよ?(笑)

こんなにステキな贈り物を頂いてしまってどうしましょ♪
ひなちゃん、どうもありがとー♪
美味しいパンを作らせてもらうね☆


【2007/04/11 15:52】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
ココのココパフ♪







午前9時12分。店のドアーを開ける。やっぱりいつ来ても多くのローカルで賑わっている。
今日はお友達のMさんのお宅にお邪魔するのに手土産を、と思いこのリリハベーカリーへ来た。そう、ハワイ通の方なら誰でも知っている



cocopaff.jpg

ココパフ~♪

をゲットすべく、この店に寄ったのだ。

この形が何ともユニークでカワイイ!大きさは手のひらの半分ほどで、ハワイのシュークリームという感じ。中にチョコレートのクリームがたっぷり入っている。そしてシューの頭には何だか良く分からない、甘しょっぱいトフィーのような味のクリームが帽子のように乗っかっている。
ひとつ89¢だったかな?とてもお手頃なお値段♪
2年前、初めてこのパフを食べた時、

「ぅわっ!甘過ぎ~!!」

って印象があったので、それ以来買いに行くコトがなかったのだが、久々に今日食べてみてこの甘さに慣れていた自分に驚いたっ!すっごい甘いとは思わずにペロッと食べちゃったのだから!(笑)

買い物の仕方がちょっと変わっていて、店に入ったらまず銀行などに置いてあるような番号のチケットを取り、自分の番号が呼ばれるまで待つ。呼ばれたらそのヒトの所に行き、注文をする。そしてレジでお金を払って品物を頂く。
1日に6000個ものココパフを売るだけあって、客をさばくのも大変なようだ。

他にも
20070406113203.jpg

ドーナツやらペストリー、スコーン、



20070406113220.jpg

今週はイースターのお祭りもあるので、ウサギや春っぽいデザインのケーキも並んでいる。

今回は食パンも買ってみた。



20070406113339.jpg

このボリュームでたったの$2.08!安っ!
しかもフワフワっとしていて、香りもニホンの食パンのようだ。
ちょっと試しに食べたら、まぁ~驚きよ!
ニホンのパンと同じだったから!
ハワイ組の方も、旅行でハワイに行く方も、一度ココの「ホワイトブレッド」をお試しあれ♪



20070406113236.jpg

このベーカリー、なんとカウンター式のダイナーにもなっていて、ローカルの人達で満席状態!
ココのワッフルが美味しいらしい。次はこのカウンターで朝食をしてみようかな?




「Liliha Bakery」

515 N.Kuakini St. Honolulu, HI
Tel: 531-1651
9AM-9PM (Sunday 10AM-6PM)
駐車場有り
【2007/04/06 12:32】 | ハワイのグルメ | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。