スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カレーパンマンも飛んで行く~!







午後1時03分。中華鍋にたっぷりとオリーブオイルを注ぎ、熱する。
少々小振りに作っておいたパンを油の中へ。
するとパン生地がプーッと膨らんできたので、反対にひっくり返してキレイな色を付ける。
あっと言う間にお店のようなパンが出来上がった。



20070524170149.jpg

本日は「カレーパン」のおな~り~♪

初めての出来映えがとても気になり、揚げたてを頬張ってみる...




まいう~でございますぅ♪




ちょうど小マンゴーも学校から帰ってきたので、

「マミーが作ったパン、食べてみる?」

そそのかし勧めてみる。



20070524170208.jpg

中身はこんな感じ♪

2日前に作ったカレーを入れたので、ジャガイモが!(笑)
たった今1コ食べたと言うのに、この半分を息子と分け合いカブリつく。
周りがサックサクで


ビミでごぢゃいます~~~by 小マンゴー

息子にもこのセリフを教えたのだが、はっきり言えないようだ。(笑)
いつもはS&Bのカレールーを使うのだが、今回はママ友から頂いた「業務用ジャワカレー」を使用。(←かなり大量!)
初めてジャワカレーを食べたのだが、アジアンチックな風味でスパイスィ~である。これはなかなか美味しい♪
子供たちは

「このカレー、辛い!」

と言って、水をガブ飲みしながら食べていたが、このカレーパンにおいては辛さを感じずに食べてしまった。



パン屋に行って必ずと言っていい程、眼中にないカレーパン。(おぃ)
どちらかと言うとお惣菜パンよりはペストリー系の方が好みなので、自分で買って食べた記憶はほとんどない。
きっと昔に食べたカレーパンがあまりに油っこく、胃もたれをしたせいだろう。
でも揚げたてはやっぱり美味しいかも。おまけに自分で作ったとなれば尚更!



20代の頃、妹が

「ココのカレーパン、すっごく美味しいんだよ!」

と言って買ってきてくれた下北沢の「アンゼリカ」を思い出した...

熱々を頬張ったばかりに、上あごが火傷したようだ!(爆)
ヒリヒリする上あごをかばいつつ、カレーパンを食べて昔の記憶へ飛んでいく~。
アナタも愛しのカレーパンについて語ってみよう!(おぃ)





*おまけ*

ホントは子供のお弁当のサンドウィッチ用にと焼いた食パンがメインだったのだけれど、これも耳の部分が歯ごたえがあって、時間が経ってもフワフワなパンに焼き上がった。



20070524170225.jpg

一斤サイズなのですぐになくなってしまう~。
スポンサーサイト
【2007/05/26 07:49】 | パン作り | トラックバック(1) | コメント(20) | page top↑
2度あるコトは3度ある?!







午前1時17分。真っ暗な部屋の中であのテーマソングが流れ出す。
    ♪♪♪
(ジャッジャッジャーン)
ハハハハハハハハァ~ハハァ~ン



ohoku2-7.jpg

「大奥第一章」を全て見終えたのだ。
春日のお局も最期は鬼でも蛇にもならずに、良いヒトになって大奥での一生を終えたのねぇ...
この時代に生まれたばっかりに、不憫な思いをしたオナゴが山といたのねぇ...
などと回想しては、自分も江戸時代にトリップしたような気分に浸っていた。

隣では布団を頭から被って寝ているmango夫が。
子供達もスゴい寝相でぐっすり眠っている。
とりあえずシャワーでも浴びるとするか?
ジーンズを脱いだところで、やり残した洗濯物を思い出し、急いで残りの干し物にとりかかった。
我が家は少しでも資源を節約しようと、乾燥機は置いていない。っと言いたいところだが、買える余裕が無いので外のラナイに干しているのだ。
今夜中に干しておけば明日には乾いているだろう...そして家に入ろうとドアに手をかけた瞬間、その勢いでドアが閉まってしまった!
内鍵ロックになっているので、閉まったら最後、外からは開けるコトが出来ない!

こっこれが3度目なのね...(涙)



...今日はいろんな不幸に見舞われた。

まず、キッチンの流しが詰まってしまった。アメリカ式の流しはディスポサーっというモノが設置してあり、野菜のクズなど水と一緒に流せばそのマシーンで粉々に砕いてしまうという愚作優れモノ。
どうもこのマシーン、ワタシとの相性がよろしくなくて引っ越しの先々で必ず一度は壊れてた。(おぃ)
そして今日もヘソを曲げたのか、スイッチを入れてもウンともスンとも言わない。水もシンクに溜まったままで流れていかない。あまりに何度も起きているのでmango夫がブチ切れた!!

「ハイハイ、ごめんないよ~♪」

と謝り、水道屋に連絡。3時間後に来てくれて、この変なブツを速やかに流しから撤去して頂いた。(笑)

そしてその数時間後、ケータイを何処かに落としてしまったのだ。いつも持ち歩いていたモノだったから、それが無いと気分が落ち着かない。家の中にも車にもないので、やはり外出中に落としたのだろう。とにかくサービスを打ち切る為に携帯会社へ連絡を入れた。



そして最後の最後でこんな仕打ちってあるのぉーーー?
たまたま窓が少し開いていたので(でも中へは入れない)、顔を近づけて

「おーい、◯◯(←夫の名前)
 おーい!
 ちょっとぉー!
 
 ヘルプミ~!



しーーーーーーーーーーーーーーん

そうよね、そうよね?こんな夜中に誰が気付いてくれるんだっちゅー話よね?(泣)
でもこんなカッコで朝まではいたくなくってよ?


  ↓


  ↓


  ↓


Tシャツ+おパンティ (爆)




!!!

お~、目の前にショートパンツが干してあるではないか!!!
これはきっと神からの思し召しだろう♪
急いでこのパンツを履き、今度は玄関へ移動~!
ふ~っ、これでようやく家に入れるっと思い、呼び鈴を鳴らす。

...鳴らす。

...もっと鳴らしてみる。

...更に鳴らしてみる。
誰も気付いてくれないのかーーー!


っと微かに「ぅぐぇー」っというゲップが聞こえてきたので、夫がやっと気付いて起きてきてくれたのだろうと、ドアの前で聞かれた時の言い訳をあれこれ考えてた。

っが、そのゲップは歩行者であった...
そんなヒトと目を合わせるのも何だかなぁ~と、つい顔を背けるっ。(おぃ)
いかにも、

「眠れなくって夜風に当たってるの♪」

的な雰囲気をかもしつつ...(笑)

その後10分程ベルを鳴らし続け、やっとのコトで夫が起きてきてくれた。
夢の中でベルが鳴っているのかと思っていたらしい。



とんだ災難の一日であった...
ご近所から通報されなくって良かった♪(おぃ)
【2007/05/23 14:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
生の証







数日前、お友達のお母様が亡くなったという連絡を受けた。

「海外に住んでたから、親孝行なんて出来なかったけどこれでやっと出来るよ!」

と、今年始めにハワイからニホンへ引っ越していった友達。
彼女とはよく親のコトについていろんな話をしていたので、お会いしたコトもないお母様をとても身近に感じ、そしてその謙虚な生き方にワタシも心を打たれたものだった。

ここ2年間でお母様を亡くされた友達が3人も居るコトに気付いたのは2日前。
それからワタシなりに「死」について、「親」について考えてみた...



当たり前のように朝がきて、昼になり、夜がくる。
当たり前のように子供達を学校に送り出し、夫を会社まで送る。
時間になれば家族が学校から、会社から帰ってきて一時の静かだった家が急に騒がしくなる。
言うコトを聞かない子供達に向かって声をあげるワタシ。
その反応が面白いと、更にキャーキャー騒ぐ子供達。
最後はお互い、ヘトヘトになってベッドへ倒れ込み、その日が終わる...

何かやり残したコトがあっても、何か言い忘れたコトがあっても、

「まっ、明日でいいや~」

と先延ばし。
でも、ホントに明日はあるのだろうか?


夫とのケンカの後で気まずい雰囲気の中、シゴトに送りそれっきり帰らぬヒトとなってしまったら?
「早くしなさいよ!」と子供を急かして学校へ送り、何らかのトラブルに巻き込まれて2度と「お母さん」っと呼んでもらえなくなったとしたら?
いや、もしかして帰らぬヒトとはワタシのコトなのかも?

「一寸先は闇」ぢゃないけど、次の瞬間どんなコトが待ち受けているのか、誰にも分からない。


ニンゲン誰にでも寿命というモノがあって、命あるもの全てに平等である。
この世に生を受けてからワタシ達は死に向かって歩いているのだ。
いつまで生きられるか分からない自分の命を、どう生かしたらいいのだろう?

どうせいつかは死ぬんだから、好き勝手したっていいんぢゃない?

と言うヒトもいるだろうし、

死ぬコトがあまりにも怖いコトだから、考えないようにしている

と言うヒトもいるだろう。



ワタシには2人の子供がいる。財産なんて呼べるようなものはちっともないが、母親として彼らに何を残してあげられるのだろう?
それはやはり、「無償の愛情」と「ヒトを思いやる心」ではないかと思う。
こればかりはお金があっても買えないモノだ。
愛情と思いやりの心を育てるのは、ワタシが見本を見せてあげるしか、教えてあげるコトは出来ないだろう。だから、誰から見られても恥ずかしくない生き方を、そしてヒトへの気配り・思いやりをワタシが身をもって示そう。自分がヒトのお役に立てた時、「こんなワタシでもヒトの為になれるんだ!」という生き甲斐を感じるのだが、そういう気持ちを子供達にも味わってもらいたい...

もしワタシの命が尽きた時、この2つがしっかりと我が子達に植えついてあるのであれば、きっと安心して逝けるだろう。
そしていつかお友達のお母様のように、ワタシの「死」も誰かしらの心に留れるような意味ある人生だったと思ってもらえるような終わりを迎えられたら本望だろう。

そう思えるようになると、何となく背筋がぴんと伸び、夫とケンカをする時間さえも惜しくなり、いつも笑っていようと前向きになれる。
限りある時間を笑って過ごすか、イライラと怒って過ごすか...は自分次第なのだ。


それから、いつかはワタシも母親との別れの日がやってくるだろう。
お友達の姿は未来の自分でもあるのだ。それを思うだけで胸が苦しくなる。
何度もコトバで傷つけた親不孝な娘だったが、これからはもっともっと優しいコトバをかけてあげなきゃっと思う気持ちに変わった。
今この瞬間、母が生きていてくれるコトに感謝出来る。ただそこに居てくれるだけで、どんなに子は安心出来るか...たとえいくつになったとしても、ワタシはあなたの娘なのだ。
母親は偉大だ。



「人様の迷惑にならないように...」と常々口にしていたという、お友達のお母様からワタシも沢山のコトを学びました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
【2007/05/21 12:45】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
キッチンで過ごす







午前7時09分。ダイニングテーブルに着き、目の前の景色を眺めながら小マンゴーと2人で朝食をとる。

「今日は雲が多いね?」

とか、

「今日はお天気だね~」

などたわいもない話を息子とするのだが、最近は、

「あー、マンゴーが◯個も落ちてる!」

が加わった。
早速庭に出てマンゴー拾いに取りかかる。



20070516061013.jpg

こんな感じで落ちているのだ。
(注:捏造してませんよ~笑)



20070516061033.jpg

上を見上げると、まだまだたっくさんのマンゴーがぶら下がっている♪



かなりの収穫なので、今日は一日家に居るコトに決定~!
まずはマンゴーを洗う。
そしてマシーンを取り出し、一気に作業開始!



20070516060250.jpg

右のミキサーでマンゴーピューレを作り、左のマシーンでマンゴーアイスを♪



20070516060203.jpg

待つコト25分。アイスを小分けにして、冷凍庫へ。



久々のクッキング(お菓子ね?)だったので楽しくなって、ついでにパンも焼いてみる。
先月ブログ友達のひなちゃんから頂いた北海道産の強力粉「春よ恋」を使わせてもらおう!



!!!



袋を開けてみると、何ともキメの細かい粉だコト~♪
そして捏ねてみる...



!!!



こりは、タダものぢゃないっ!ねっとり、しっとりとしたいい感じのドウになるではないか?!もうこの時点で出来上がりが楽しみ♪
マロン好きのワタシが一度作ってみたかったパン、「マロンディッシュ」に挑戦。
こんなモノを用意~。



20070516060233.jpg

「Bonne Maman」のマロンクリームと天津甘栗?!(笑)



このマロンクリームなら簡単に手に入る値段(300円くらいかな?)なので、気兼ねなく使える。母親に3缶、ニホンから持ってきてもらったのだ。(注:ハワイでは見たコトなし!)
このクリームに大きく砕いた甘栗を入れ、さーらーに!

ラム酒

をチョロ~っと加えると、何ともリッチなクリームに早変わり♪
ようやく下準備出来たデニッシュドウにこのクリームを乗せ、巻き巻き...



20070516060053.jpg

で、焼き上がり~♪
???
ちょっと焼きが甘過ぎたようで、色が薄すぎる。が、お腹に入れば一緒?(おぃ)

では、試食~


パンがモチモチのフワフワでまいう~♪
マロンクリームもお店のような高級なお味?(笑)


でも、デニッシュだからバターのコッテリがちと重い...あまりサクっと焼けなかった。
素直に普通のパンで作れば良かったかも。

しかし恐るべし、国産強力粉!!!

いつも作っていたパンとは雲泥の差であった。
ひなちゃん、どうもありがと~♪
紙型もとっても便利だわ~♪



この粉のお陰でますますベーキングが楽しくなりそうだ。
パン作りの道はまだまだ続く...
【2007/05/16 06:09】 | パン作り | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
母の日に思うコト







午前7時35分。キッチンにいたワタシの所へ、小マンゴーが起きてきていきなり、

「マミー、ちょっと外に行ってきていい?」

と聞いてきた。

「いいけど、何するの?」

「あのね、お花を取ってくるの、母の日だから!」

っと言って、パジャマのままビーサンを履いて外に飛び出した。
数分後、小さな黄色い花を手に帰ってきた。

「はい、これ!」

と言って、ワタシに差し出した。
こんな気持ちがとっても嬉しくって、思わずぎゅーっと抱きしめてしまった。
ちょうどその時スコーンも焼き上がったので、朝食のお皿に一緒に飾ってみる。



20070514210347.jpg

タンポポのような花と一緒に今回も見事にオオカミの口が開いたレーズンスコーン♪
今朝は思いのほか、愛情を込めて作った甲斐があってか、今までで一番の焼き上がりとなったのだ。




母の日を家族で祝えるようになって6年。
今までのワタシは、

「ちょっとくらいワタシに感謝しなさいよっ!
 誰のお陰で生活出来てるのよー!
 プレゼントはない訳?
 今日くらいシャレたレストランに連れてきなさいよーっ!」

っとかなり高飛車な態度で迎えていた母の日...(恥)
でも、何故か今朝はそういう思いがちっとも湧いてこなかった。
むしろ、家族の為に美味しいスコーンを作っているその時間がとても平和で幸せなのであった。

あ...
もしかしたら「母の日」というのは、ワタシ達母親も家族に感謝すべき日なのかも知れない。

そのコトに気付かされた。
ワタシ自身もなかなか家族に「ありがとう」と思う暇もなく時間に追われた日々を過ごしていたが、今日こそはワタシが皆に「ありがとう」と言わせてもらうチャンスなのだ。
親と言うものは子供のお陰で初めて親になれるのだ。
こんな出来損ないのワタシでも親と思って付いてきてくれるのだから、子供達の手本となれるように行動しなければいけないっと反省。

たまたまいつもの倍に作ったスコーンも全て完食!
気持ちが料理にこもっていたのだろうか?
多分結婚してから今までで、一番のステキなブレックファストだったかも知れない。



キウイもプリスクールで作ってきたカラーティッシュ紙の花を差し出して、

「Happy Mother's Day, mommy!」

この花に大量の香水がかかっているので(しかもオバちゃん臭い!笑)、それにムセながら

「ありがとね~」

と言ってその花を受け取り、さり気なくテーブルの脇に置く。っと、またそれを取ってワタシの顔の前に差し出す!もっとちゃんと嗅げってか~?(泣)




家族にはヒトそれぞれの形がある。
ある家族は、レズビアンカップル。息子さんが小マンゴーと同じ空手だったので顔見知りとなった。もちろんカミングアウトはしていないからワタシの勘違いかも知れない、が毎週お母さんとそのパートナーらしき大柄な女性がいつも一緒だ。息子さんはとても伸び伸び育っている感じに見える。

またある家族は白人のご夫婦&タイ人の息子さん。8年前に養子縁組を希望して、ようやく4年前に男の子を迎え入れるコトが出来た。

また別の家族は離婚したのか、子供を認知しただけなのか良く分からないが、一緒には暮らしていないのだが、子供の面倒を分担してみているカップル。

どの家族も違う。
でもいろんな形があっていいと思うのだ。
一番大切なのは、親となった以上はその責任を全うするというコトだと思う。
親は子を守る義務がある。
ワタシの目から見ると、この3組の家族の子供達はいつもニコニコしている。


2時間程前に「誰も知らない」という映画を観たばかりで、その影響もあってちょっとこんな話になってしまったのだが、



20070514220239.jpg

2004年カンヌ映画祭(最優秀主演を受賞した柳楽優弥)で注目を浴びた映画。4人の子供達の無邪気さ、愛くるしさと、その子供達を捨てて家を出ていった母親を「いつか帰ってくる」と信じて疑わない純粋な愛とで、見ているこっちが切なくなってくる。
この映画は実話らしいが、今現在この子供達はどんなニンゲンに成長したのか、ヒト事ながら心配になってしまう。(実話は映画以上に悲惨らしい)
そして、今置かれている自分の立場と比較してどれだけ恵まれているか、子を持つ親としての自覚を再認識した。


またまた話があっちこっちと飛んで、まとまりがなくなった~。
皆さんはどんな母の日をお過ごしになって?
ショッキングな映画だったから、当分寝付けそうにないな?(笑)
ただ今午前3時40分...
【2007/05/14 22:49】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
Nice to meet you?!







午前11時29分。タイレストラン「Phuket Thai」の予約時間1分前に到着。
今日という日をどんなに心待ちにしていたか...
普段マスカラなんて付けないのだが、今朝はフルメイクで念入りに(笑)、まるで初めてのデートに行くようなウキウキ感&ドキドキ感が交互に襲う。
mango夫にも

「楽しんでおいで~」

と言われて家を出て来たのだ。
そう、いつも美味しいお料理を紹介したり、とてもステキなパートナーとの日常を綴っているSF在住のSFOさんカップルが数日前にハワイにバケーションに来ていて、図々しくもランチをご一緒するコトとなったのだ!

偶然、SFOさんのブログを見つけたのがちょうど1年前。とても穏やかで優しい文面かと思うと、時々鋭い視線で突くその感性が、堪らなくワタシの心を捉えたのであった。
ワタシのブログにもメッセージをこまめに残してくれたりと、とにかく心配りの素晴らしいお方なんだろうと密かにイメージしていた。

ホントはお忍びで静かにお2人だけのハワイを満喫したかっただろうに、ワタシなぞに見つかってしまい(笑)、ランチまでする羽目になろうとは...(爆)



半ば強引にDさんからこの日のリクエスト「タイ料理」を聞き出していたので、この店にお連れした次第だ。グルメなお2人のお口に合えばいいのだけれど...

「ずっと肉&炭水化物しか取ってないから野菜がいいな~♪」

と言うコトなので、こんな感じにオーダーしてみた。



20070512105014.jpg

アペタイザー(生春巻き、揚げ春巻き、タイ風さつま揚げ、チキンのスタッフィングから揚げ)



20070512105053.jpg

いろんなお野菜&チキンの炒め



20070512105037.jpg

これは外せないね?(笑)パッタイ(米麺の焼きそば)



そしてワタシの大好物の、お決まり「ピーナッツカリー」も注文。これだけはカメラを取り忘れた。だって、こんなご馳走が並んだらもう撮影どころではなくなるでしょ?(笑)
3人であれこれとつまみながら、お互いのコトを話した。
お2人の馴れ初めやら、新居のコト、ブログのコト、政治のコト、はたまた宗教の話まで!(笑)

やっぱりブログで想像した通りのSFOさんであった。とても優しい笑顔で、話し方もとてもソフト♪初対面なのに全然そう感じさせない、彼独特の気遣いがとてもうれしかった。時折見せるDさんへの気遣いもさらっとやってのけてしまう。とてもスマートだわっ♪
Dさんもとってもチャーミングな方で、素直な感じがよく伝わって来た。背筋を伸ばし、軽く手を前に合わせてお辞儀してくれちゃうところなど、ニホン人のワタシ以上に礼儀が素晴らしい!っと思えば、近くでワイワイしていた女性軍に辛辣な一言を吐いてみたり。(笑)

「ハワイのヒトはあまりクラゲに関心ないの?」

とDさんが聞いてきた。彼はハワイに来る前にインターネットで「クラゲ情報」をキャッチしていたのだ。それによると今日はクラゲがワイキキビーチに発生するからビーチでは過ごせないと嘆いていた。

「クラゲ~?!」

っとSFOさんと一緒に顔を見合わせて笑ってしまったが、Dさんはその情報を信じて疑わない。どうもクラゲにこだわっているなぁと思っていたら、過去に刺された経験があったようだ!それもかなり苦い思い出だったようで、笑っちゃ失礼だとは思いつつ、クラゲの話を真剣にしていたDさんがとてもチャーミングであった!(笑)
ワタシもこれからはクラゲ予報をチェックしてビーチに行こう...



こんな楽しい時間も長くは続かなかった...
子供達の学校が終わる時間が迫って来たのだ!
シンデレラはボロが出る前に退散せねばっ!(おぃ)



SFOさんカップルもワタシからようやく解放され、どっと疲れたに違いない。
今頃お口直しにカクテルでも飲んでいるコトだろう。(笑)



SFOさんからステキなお土産まで頂いてしまった。
ワタシの好みをよぉーくご存知のようで、大好きなTrader Joe'sグッズが~♪♪



20070512104811.jpg

お菓子部門

20070512104831.jpg

そして食品部門
チャイを見たmango夫は小躍りしていた!(笑)
すっごい重かっただろうな。SFOさんどうもありがと~♪
そしてこれからもよろしくね?ね?(笑)
【2007/05/11 11:52】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
海三昧、親子三昧







午前9時12分。母と姉夫婦に別れを告げ、ホノルル空港を後にする...
10日間という楽しい時間はあっという間に過ぎてしまった。



姉の結婚式が済んでからは、待ってましたっとばかりにビーチへ~♪
2人にとっては初めてのポイントに連れて行ってあげた。っが、この日は風が強くなかなかイイ波がこなかった...



20070507124336.jpg

それでも沖に向かっていく義兄ちゃん



20070507124249.jpg

姉もボディボードで限りある時間を満喫~


この日ワタシも姉に習ってボディボードに挑戦!
姉からボードをプレゼントしてもらったので、もうやる気満々♪



...が、へなちょこmango、20分おきに休憩をとってはスナックを摘むっ。(おぃ)
ずっと上半身を起こした状態でバタ足をするので、これがかなり無法地帯の身体に応えたのだ!
休憩中に姉のビデオを借り、彼らのサーフィンをカメラにおさめてあげようと、母と撮り始めた。最大40倍のズーム内蔵とあって、結構はっきりと捉えるコトが出来る。
義兄ちゃんが岸に向かってすーっと波乗りしてきたので、ナイスショットっとばかりにカメラで追う!
そしてボードを抱えて海から上がってくる...
年季の入った日焼けした義兄ちゃんがだんだん近づいてきたっ!





???





別人ぢゃんよ?(爆)

どんな風に撮れたかは、ニホンに帰ってからのお楽しみ?!
もうカメラをお願いされるコトはなくなるかもね?(笑)



日を改めて、先日行った「ベローズビーチ」へまたまた出掛ける。
どうやら前回の場所は一般用だったらしい。

「もう少し先に行くと軍専用のゲートが見えてくるよ」

とAlohaから教えてもらったので、今日こそはホンモノ”ベローズ”へ!



20070507124356.jpg

これがホントのベローズビーチ♪
周りを見渡すとボディボーダーが沢山居る!
しかもココは遠浅のビーチ&下が砂なので初心者のワタシにはもってこいの条件だ!
足が付くので、フィン無しでやってみる。
2度目にして何となく波に乗れたような感触♪
でも姉からしてみたら

30点


ほどの出来らしい...(泣)
それでも波と一体に慣れたような感じが楽しくって、子供そっちの気で遊ぶ遊ぶ!
 
「うっほ~~♪」

と雄叫びをあげながらやってたので、母が

「お前の声が一番良く聞こえた」

と一言。
えぇ分かっていますとも。ワタクシ35にしてはしゃいでます♪
これは病み付きになりそうだ!
この日は20分おきの休憩など取らずに、出来る限り波にもまれた。
遊んだツケが回ってきて、浅黒い肌がさらに黒くなってしまった...
どうしましょ、またファンデーションの色を一段黒くしなきゃだな?



20070507124417.jpg

義兄ちゃんからもこんなカワイイ、サーフシャツ&ショーツを頂いた♪
これを着て頑張ってみようでないの!(鼻息)



こんなワタシ達に文句を言わずにつき合ってくれた母の密かな楽しみとは、裏庭にあるマンゴーやきんかんを拾うコト!
ちょうどタイミング良くマンゴーも熟してくれ、毎朝3,4個は庭に落ちている。
それを毎朝拾っては嬉しそうな笑顔を見せていた母。
ニホンに帰るという今朝も

「こんなマンゴーはニホンでは食べられないよ~」

と言って、一気に3個も食べていた!(笑)
毎日時間に追われ、全然親孝行も出来ないままこの日を迎えた。

「もうハワイに永住なんだろうねぇ...」

とつぶやいていた母に、何とも返事が出来ないワタシがいた。


予定では去年の今頃はニホンに居る予定であった。
そのコトを母に伝えていたので、とても喜んでいてくれて孫と過ごせる日々に夢を馳せていたのだ。
しかし、mango夫のニホンへの転勤が無理になり、結局またハワイに残るという選択をしたワタシ達。
それを告げた時の母のショックは計り知れなかっただろう。
もう親を惑わせてはいけないっとその時感じた。

一緒に住んで、何不自由ない暮らしをさせたい...

きっと母はこのコトバをワタシから聞きたかったと思う。
この気持ちはmango夫もワタシも結婚当初から今も変わらない。が、夫の職業柄それが出来ないでいる。何だか親を裏切ってしまったような罪悪感が時々ワタシを襲う。
確実な約束が言えないでいる自分に嫌気がさしたり、
「母がハワイに来て住んでくれればいいのに」
と自分勝手なコトを思ったり、なかなか上手くいかない。

でもいつか、同じ屋根の下で一緒に暮らせる日を、ワタシ達家族も願っている。
庭には母の大好きな果物の木を植えて...
現実になるかは誰にも分からないコトだが、こんな夢を持って明日からまた頑張ろう。

思っていた以上に小さな母を抱いて、涙が溢れ出す前にまたね。
沢山の思い出をありがと。
気をつけてニホンに帰るんだよ...











【2007/05/07 14:43】 | 家族 | トラックバック(2) | コメント(16) | page top↑
美味でございますぅ~♪







午後12時29分。お友達のAlohaと久々にRossショッピングをした後にランチを、と生まれて初めてフィリピン料理のランチプレートをトライするコトに!
5、6年前まではよく「メチャド」という、フィリピン版肉じゃがを作っていたが、お店で買って食べたコトはなかった。
フィリピン料理が大好きだというAlohaのススメもあって、彼女がチョイスしたおかずをワタシも真似して頼んだ。



20070503173603.jpg

こんな感じで見た目の色彩はあまりヨロシクない!(笑)
10種類ほどあるお惣菜の中から2種類を選んだ。向かって左側が豚肉とレバーの煮込みで、右はかぼちゃや良く分からない野菜&豚肉のごった煮。ライスが2スクープ付いてこのボリュームで$6.75は安いっ♪
もうこれは





美味でございますぅ~~♪

ちょい濃い味付けだが、ナンプラーが効いてとっても美味しい。
ニホン人の口に合う味覚だ。
ライスを半分食べたところで、

「もー、苦しすぎるぅ~!」

と言って箸を置くのだが、このレバー煮のスープが後引くウマさで、ご飯が進む!
結局ほとんど完食してしまったのだが、このランチプレートと一緒にこちらのフィリピンお菓子も買ったので、Alohaと一緒に食す。



20070503173619.jpg

お祭りの屋台で売っているようなジャガイモのようなモノは、グレイズドのような甘いモノがかかったお餅。そして下のはお赤飯+ココナッツ+モチコ(お米の粉)で作ったちまき風のお餅。
この時、ちょうど小マンゴーが学校から帰ってきたので、小マンゴーにも食べさせた。

「うん、これ美味しい♪」

と言って、ペロッとやってしまった!続いてワタシも...





美味でございますぅ~~♪

特に細いお餅が堪らん!
意外にもフィリピンのご飯って美味しいのね~!



お次は、姉から頂いたお土産、ありあけの「ハーバー」。



20070503173439.jpg

最近、黒いハーバーも新作として出たと言って、コンビネーションで買ってきてくれた。
ワタシはこのハーバーが子供の頃から大好き♪
だって中身のあんには栗のクリームが入っているからっ!



20070503173506.jpg

新作の黒いハーバーは、ペリー来航150周年に向けて作ったらしく、ココア味に仕上がっている。両方食べてみる...





やっぱり、定番の白いハーバーが
美味でございますぅ~~♪




そして最後は、姉からの差し入れで「チーズケーキファクトリー」のチーズケーキ♪



20070503173532.jpg

ティラミスチーズケーキ



20070503173519.jpg

スタンダードなチーズケーキ



20070503173546.jpg

ストロベリーチーズケーキ



お恥ずかしながら、ハワイ在住4年目にして初めてココのチーズケーキを口にした!
噂通り、ホイップクリームの量がハンパでないっ!
家族全員で味くらべをしてみる...



一位:ティラミスチーズケーキ

二位:チーズケーキ

3位:ストロベリーチーズケーキ

という順番になった。子供達には3位のストロベリーチーズケーキが人気だった。




こんな感じで食べまくった1日であった...
体重計に乗るのが怖いわ...(汗)



*おまけ*


20070503182053.jpg

少し前から気になっていたGODIVAのドリンク。
スターバックスから出ているモカなど、甘ったるくてワタシは苦手なのだが、GODIVAっと言うヨーロピアンな響きに釣られて全商品買い占めてみた。
真ん中の「ミルクチョコレートモカ」を姉と飲んでみる...



甘っ!

サラッとした飲み応えでスタバほど甘くはないが、でも甘いー!
一本は飲み干せそうにないかも。
甘い缶コーヒーが好きなヒトならイケるかもね?
【2007/05/03 18:32】 | ハワイのグルメ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。