スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ポジティブ or ネガティブ
woods.jpg






友達関係に悩んでいるお友達からこんな相談をされた。

「ワタシの子供と友人の子供はとっても仲が良くて、しょっちゅう遊んでいるんだけども、実はワタシその友人が好きぢゃないのよねぇ。でも娘に
 「○○ちゃんと遊びたいー!」
っていつも言われてね、とっても困ってるんだ~。子供同士、仲がイイのはとっても嬉しいんだけど、出来たらそのお母さんとはつき合いたくないのよね。
主人にもそう言うと、
 「だったら、別の子と遊ばせればいいじゃないか。その子だけが友達ではないんだから。」
って言い返されて。そうだよね~って思うんだけど、娘はやっぱりその子と遊びたいって言うの。mangoはどう思う?」



些細なコトから友人関係が崩れていってしまうという、似たような悩みを最近聞くようになってきた。

「子供同士が仲良く遊んでくれるんだったら、別にいいんぢゃないの?
○○ちゃんのお母さんってコトで、無理に深くつき合う必要はないと思うよ?」

と返事してみたが、彼女はあまり納得がいかないらしく、

「そうなのかな~。」

と、考え込んでしまった。
何がそんなに嫌なのか聞いてみると、どうやら彼女の言うコトにいちいち反論するらしいのだ。
そのお母さんとは出来たらあまり関わらないでいたいという、彼女の思いは分かったが、この世の中、イイ人だけとつき合っていくのはとても無理だと思う。結婚して子供も持ったら尚更だろう。
でも今、目の前の嫌なヒトを避けて通ったとしても、またいずれ同じようなタイプのヒトが現れたら?その度にそのヒトを避けて行くの?
ヒトを避けて行く人生って、聞いただけで疲れちゃう。

他人に、幸せか不幸せか決めつけられるようなワタシの人生ってどうなの?


「○○さんさえ居なければ幸せなのに...」
と言ってた友達も居た。
えっ?ってコトはアナタの幸せは○○さんによって決まるのー?
そうぢゃないよね?
ニンゲン誰でも、その相手やその環境によって自分の幸・不幸が決まるって思いがちだけど、ホントはそう思い込んでいるワタシ自身の心がそうさせるんだと思うんだよね。



そんなコトを考えていた矢先、ちょっと面白い話を聞いた。

「松下幸之助って知ってる?彼は松下電器の創設者なんだけど、このヒトは生まれながらにしてポジティブな考えをするヒトだったんだよね。
 彼が幼い頃、立て続けに両親と兄弟を亡くしてしまうんだ。近所のヒト達は
 「家族を亡くして可哀相」だとか、
 「あの家は呪われている」とか、
 いろいろなコトを囁いていたんだけれど、当の本人(幸之助)は

 家族の中で生き残ったワタシは、何と言う幸せ者だろう!

 と思ったんだって。ビジネスを成功させた彼の土台には、こういうところからも来ているんだろうね~。こんな考えが出来たらいいよね。」


何か起こった時、それを自分にとって幸せなコトだと思えるか?それとも何て自分は不幸なんだ?っと思ってしまうか?
ポジティブに考えられるヒトは一生を幸せだと感じて生きて行ける。
でも、ネガティブに考えてしまうヒトは一生を不幸で終わらせるだろう。

この話を聞いて、ホントにその通りだなっと頷いてしまった。
ポジティブな道を選ぶか、ネガティブな道を選ぶか、ワタシ次第なのだ。


人生でちょっとつまずいて、なんでワタシってこんなに不幸なの~?って思ったとしても、この地球の裏側では、食糧もなく、毎日爆弾が飛んでくるような所でビクビクしながら

「明日の日の光を見るコトが出来るだろうか?」

と息を潜めて生活しているヒトもいるのだ。病気になっても、薬などなく、ただただその日が来るのを待つだけというヒトもいるだろう。
ワタシ達からしたら、そのような境遇にいる彼らが可哀相と思ってしまうが、彼らも彼らで、逆にワタシ達を同情してるのかも知れない。

「毎日そんなつまらないコトに捕われて、可哀相。
 生きているだけで、有り難いのに。」

と...。

皆、生きているフィールドは違うし、様々な形の苦しみもあるが、それをどう受け止めて行くか、そこにシアワセになる鍵が隠されているのだと思う。それはこの世界に生まれてきたワタシ達皆が、命同様に平等に与えられたモノ。そこから幸・不幸をそれぞれ選び、歩いて行くのだ。


ワタシの友達も早く、他人に左右されるような幸せはホントの幸せではないと言うコトに気付いてくれたらいいなぁと思いつつ、ワタシも自分の人生をポジティブに、そして時々凹んだ時には、周りのお友達からポジティブパワーを分けてもらっていこうと思うのであった。
スポンサーサイト
【2008/02/06 08:44】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。