スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Thank you for sharing with me
Sharing.jpg





午後3時。Aloha特製の、キレイに焼き上げたターキー&その他もろもろのご馳走を2度もお替わりし、満腹で胃が重い~。

「朝食を抜いて来て正解だったな♪」

どれもこれもが美味しくって、つい食べ過ぎてしまう。
でもこんなに苦しいのに、幸福感で満たされる。

周りを見渡すと、Alohaファミリーやこっしーファミリー、そしてmango夫の同僚Aさん(独身)も、年に一度の




11.27 Alohas turkey   11.27 thanksgiving
こ~んな素晴らしいご馳走にありついている。

「Dちゃん居ないのに、何でDちゃんキャンディヤムが?」

とmango夫。(笑)
Dちゃんカップルはココには居ないけど、このヤムはしっかりとこっしーに引き継がれてるよ~!ってか、「Dちゃんキャンディヤム」て呼んぢゃうところがスゴいね?(爆)
なんかいいなぁ~、こういう雰囲気。




11.27 wine
お酒が苦手なワタシにと、甘い赤ワインを用意してくれてたAloha。ワタシを酔わせてどうする気?(笑)



苦しい、苦しいと言いながらも、メインのパンプキンパイ、アップルパイ&リリハベーカリーのココパフ(ってやっぱりデザートが目的かぃっ!笑)を、落としたてのコーヒーと共に頂く。

ずーっと朝早くからこの日のご馳走をこさえてくれていたAlohaが、あまり食べていないコトに気付く。(って遅いよっ!)

「作ってるだけで、お腹がいっぱいになっちゃうんだよね~。」

と言ってたが、接待する側はパーティが終わるまで気が休まらないのだろう。ゴメンよ、ワタシ達だけたらふく食べちゃって...
彼女の仕事ぶりはとても早い。解体されたターキーの骨から身をとり、その骨でスープを作り始めた。そして、次々と空いたプレートをどんどんと片していく。
我が家との違いはココだな?(笑)
作りながら洗い物を片すなんて技、出来ないものっ。

そして最後に、

「好きなだけ、持って行きなーっ。」

っとワタシ達ゲストにお土産まで持たせてくれる、その豪快さ。ホントに遠慮なく沢山頂いてしまった。スープの鍋に入りきれなかった骨から、しまいには「家はリサイクルしないから」っと空き缶・ビンまでもらっちゃったからっ!(笑)



また皆で元気にこの感謝祭を迎えられたというコトに、
一生でこの日がこの一度しかないというコトに、
ハワイのオハナ(家族)と過ごせるというコトに、

ありがとう~♪





実はこのサンクスギビングの日の3日前から夜勤務に出ていた。
サンクスギビングデーに向けて、何と40000個以上のパンプキンパイを焼かねばならないというコトで、昼勤のヒト達もこの3日間だけは毎年ヘルプに回るという。
夜の8時から翌朝の5時までという、8時間勤務。

「やります!」

っと返事をしたももの、衰えつつある身体で3晩を乗り切れるのか、内心不安であった。
でも仕事内容が、

・朝食用のパン、クロワッサン、ペストリー等のベイキング
・ドーナツを揚げる

普段のシゴトと全く違うシゴトをお手伝いするという、何とも有り難く貴重な経験をさせてもらえるとなれば、やはり出るしかないでしょ!
mango夫にもすんなりと許可をもらい、張り切りマンボで出勤っ!(笑)

初日は...死んだ。
どうやって車を運転して帰って来たのか、あまり記憶にない。(おぃっ!)
1時間の休憩もずーっと寝ていたし、初めて触るオーブンや焼き上げ前&後のパンの仕上げに戸惑ったり、あまりの暑さで顔もテカテカだしっ。(笑)

それでも最後の3日目はかなり余裕が出て来て、休憩中は横にもならずにパンの本を読んだり、オーブンの扱いにも次第につかめてきて、30種くらいあるパンを次から次へと焼き上げていった。香ばしい香りと共にオーブンから出てくるキレイなきつね色したパンが、とてもビューテフォー♪
ベイキングのS師匠と

「どうだ~、これは!美しいね~♪」

と2人で親バカならぬ、パン馬鹿になって褒めたたえ合った!(笑)
シゴトの終わる5時になっても、去りがたい気持ちが強かった。
この3日間は確かに体力的にキツかった。っが、沢山のコトを学べて素晴らしく気持ち良く働かせてもらった。
ペーペーなワタシの為に、かかりきりで教えてくださったS師匠を始め、周りの仲間達、そしてこのシゴトを勧めてくれたボスに感謝!




帰りがけに頂いたパンプキンパイを、いつも母親のようにワタシを暖かく見守ってくれたり、時には厳しいお言葉を下さる、Hさんにお届けした。
とても面倒見のイイ彼女は、

お茶、飲んでけー!
カキ、食べてけー!
青汁、飲んでけー!

と、こちらのお腹具合も聞かずに次から次へといろんなモノを振舞ってくれる。
そして帰ろうとするワタシの手には、行きに持って来たパンプキンパイ以上の重さの「お返し」を持たせてくれるのだ。
ジャガイモや高そうな紅茶や、葛根湯までっ!(笑)
Hさんのその気持ちだけで充分なのに、あれもこれもっと他人のワタシに寄越してくれるなんて。



食べ物もそうだが、何より、時間とそのヒトの暖かい心もワタシとシェアしてくれると言うコトが、どれだけ嬉しいコトか!
こんなギフトほど価値あるものはない。
ワタシは皆から頂いているくらい、周りに与えているだろうか?
自分の持っているモノを惜しみなく、分け与えられるような、そんな女性になりたいと思う。


ココに来てくださるアナタともシェア出来てるかしら?(汗)





PS. 前回の記事では「頑張ってアップしていく!」と宣言しておきながら、
  かーなーりのブランクがありまして、遊びに来てくださった方、ゴメンナサイ。
  なかなか皆さんの所にも行けなくてゴメンナサイ。
  近い内、行きますから待っててください!
  そして、いつもありがと♪
スポンサーサイト
【2008/11/30 21:28】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
オトコの手料理
sxyChef2.jpg





午後1時ジャスト。昨夜、一緒にロッケンローなハロウィーンを過ごしたJ氏からのランチのお誘いを受けて、家族でそのホテル@ワイキキへ。
もうハロウィーンは終わったというのに、J氏はスーパーマンのTシャツ&キンキラキンのストーンをふんだんにちりばめた、ベルト&どう見てもワタシよりサイズの小さいジーンズ、という出で立ちでワタシ達ファミリーを受け入れてくれた。
(これ普段着だそうで、部屋に戻ってからお着替えしてました~。)

このJ氏、隠しダネがいっぱいありそうな人物だなぁと思っていたワタシの予想通り、ファッションアパレルの会社を経営しつつ、趣味(以上の腕前を持つ)でアコースティックギターを奏で、身体にやさしくてヘルスィーなお料理を作るのが大好きだという、マルチな才能の持ち主だっ!

お部屋に通してもらうと、こんな景色が~♪




11.1 lunch with J4

ビルの隙間から海が見えるよ~!ハワイに住んでいるのに、この景色に興奮っ♪
この日は快晴でとても気持ちのイイ風が吹いていたので、ラナイでランチをしよう~。



マメなJ氏自らサーブしてますよ~!



11.1 lunch with J
こんな感じに並べて、ではいっただっきまーすっ!




おっ、おいすぃ~~~~~♪



まず、J氏の特製スープ。
大きな声では言えないが、ご丁寧にも今回ニホンから普通にお持ち込みした和牛だけあって、アメリカ牛とは違った肉の旨味や、フォークで刺すとホロホロ~っという崩れ具合が何とも堪らないっ♪
そんな危険を冒してでもワタシ達ファミリーに食べてもらいたかったという、彼の心づくしがこの一品に反映している。
めったにアメリカ牛を口にしない我が家には、このスープだけで充分素晴らしいご馳走となったのであった。


そしてお次は「amazing roll」(驚きロール)と勝手に命名した一品、



11.1 amazing roll
甘辛く煮た牛肉と色とりどりの野菜をのり巻きにした、見るからに美味しそうな一品♪
オレンジカラーのは人参と思いきや、パプリカだった。こういう発想、ワタシには思いつかないのでとても衝撃的であった。
こののり巻きは箸休めの度に、ついつい手が伸びてしまった...
mango夫もかなりお気に召したようで、何度も手を伸ばして頬張っていた。



ホテルのキッチンにある、小さな炊飯器で炊き上げた八穀米のごはん。
これもイイ炊き加減で美味しかった~♪
雑穀、豆大好きには堪らない一品!



そして最後はテーブル中央にでーんと置いたサラダ。
このサラダが美味しいコト!
何でも朝早くにカピオラニ・コミュニティセンターでの朝市で仕入れた、新鮮な野菜を使ったようで、しかも見たコトのない野菜発見っ!



sea-bean-small.jpg
シーアスパラガスという名前のハワイ産の野菜。
海水で育てているというだけあって、もうすでに塩味がついている。驚いたのがこの食感っ!一度食べたらきっと病み付きになるだろう~、とってもシャキシャキしていて
美味しい。キウイもこればかり食べてた。
元はメキシコの野菜だそうで、ハワイでは2003年頃から栽培を始めたそうな?
ハワイに住んでいるのに、見たコトもなかった...

この珍しいシーアスパラガスと一緒に混ざってたのがこちら。



800px-Organic_mixed_beans_shoots.jpg
スイートスプラウトという、発芽した豆ミックス。このお豆もお初だったので、かなり感激しながら、ニホンから持参したというJ氏おススメのノンオイルしそドレッシングをかけて頂いたのであった。



「ランチは僕が用意しますから、何もいらないですよ~。」

っとJ氏に言ってもらったが、せめてデザートだけでもっと




10.31 pumpkin cheese pie
パンプキン・チーズパイを焼いて持って行った。(ハロウィーンの翌日だったのでね?)



お腹を満たした後は、J氏がギターを弾いてくれたり、彼のCDを焼いてくれたり、後はずーっと語り合った。だんだん風も冷たくなってきたので部屋の中に入り、ニホンから持参してきたというドトールコーヒーのインスタントを頂く。
ん~、ニホンのコーヒーは美味しいね♪
味が濃いもの!

さんざんご馳走になったのにも関わらず、こんなステキなお土産まで用意してくださっていた。



10.31 from J
またまた可愛らしいバッグに入った焼き洋菓子&大好きなバームクーヘン♪




11.1 from J
J氏がいつも海外旅行にお伴にしていると言う、とても便利で美味しいという食料。
↑ののり巻きに入っていたほうれん草も、この乾燥ほうれん草を使用。


見た目とは裏腹に、ハワイに来ても必ず自炊するというJ氏。
ご家族や職場の仲間の為に、美味しいモノを作ってあげるのが大好きだと言う。仮にも社長なのに、ね?(笑)

「会社で稼いだお金は皆で分ける」

と言った発言に、J氏の人柄がよく見えた。
自分の会社であっても、全てを平等に分け合っているというその考えに驚いたが、それだけ社員を信頼しリスペクトしているのだろう。
J氏と一緒に働いている方は幸せだだろうなぁと思った。
そういう才能のある人材を見つけるのに、どういう面接をするのか聞いたところ、

「僕が出ていくと、
 (この会社、なんか怪しいモノを輸入してるんぢゃないか?)
 って誤解されるみたいだから、僕はしません。社員がやってます。」

という面白い答えがっ!(笑)
確かに長髪&金髪の社長が出てきたら、皆引くかもね?

J氏  「今回も空港で警察犬を連れた警官が僕の周りをウロウロしてたので、
     ”ワンワン”って吠えてやりました。」

ワタシ 「うん、ちょっと怪しそうですもんね?でもスーツケース開けて出てくるのが
    牛肉ってのも、ねぇ?(笑)」

そんな話でワイワイ盛り上がったのであった...




「今度ニホンに来るコトが会ったら、ご主人貸してくださいね?
 僕がトーキョーを案内しますから~。
 あ、ヘンなコトしませんから心配しないでください。」

って、もう可笑しいから~~!(笑)
見た目とこの敬語のギャップがあり過ぎのJ氏との束の間の時間を、ご一緒させてもらって楽しかったし、彼に学ぶところも沢山あってとても有意義だった。
子供達もすぐに懐いて、リラックスし過ぎっ。
最後に記念撮影しようとタイマーで撮ったところ、




11.1 lunch with J7
見えてないからっ!(爆)



ワタシの人生の中で、オトコの手料理を振舞ってもらったという経験はあまりない。(悲)
なのでこのご馳走はホントに涙が出ちゃうほどに嬉しかった~。
味も然ることながら、何より作るヒトの気持ちがこもっている。そういう隠し味の入っている料理は、やっぱり美味しいのだ。

ちなみにmango夫は料理をしない。
唯一「フレンチトースト」だけは作れるので、結婚当初は何度か作ってもらったが、今は日々の生活に追われてそれどころではなく...(ってコトにしておいて。笑)
オトコの料理姿もいいね~♪

PS. J氏、ご馳走さま~!全て美味しかったです、ありがとうございました。
   また美味しいモノ作ってくださいね~♪




*お詫び* 日にちが前後したアップでゴメンナサイ。先月アップ出来なかった分、
   今月はちょっと頑張ってアップしていこうと思います~。
【2008/11/11 01:04】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
やっぱりパンが好き♪
baguette.gif





午後12時52分。たった今、職場のボスから頂いたブレッドドウを鉄板に置き、教わった通りにオーブンに入れて焼き始める。




今ワタシが頂いているポジションはクッキー部門だが、時々人手がない時はパンの方もお手伝いしている。クッキー作りもいろんな種類と作り方があって、覚えるコトもたくさんあり、それはそれでとてもやり甲斐がある。
っが、パンの方を手伝わせてもらうのも、やっぱりいろんな発見や気付きがあって楽しいモノだ。

この日は「チャバタ」という、聞いたコトもなかったイタリアのパンを試作中であった。
ワタシがパンに興味があるのを知っているボスが、マシーンで捏ねている様子を見ながらいろいろとレクチャーして下さった。
ワタシの背丈以上もある大きなミキシングマシーンで捏ねているそのドウは、見るからにとーってもソフトで生地が伸びてて、美味しそうな予感♪
バターを使わない、とてもヘルスィーなイタリアのパン・チャバタは、イタリアの家庭ではとてもポピュラーだそうで、オリーブオイルにディップして食べるのがグー♪だとか。
そんなお話を聞いてしまったら、どうしても食べてみたくなってしまった。
っと、そんなワタシの心情を読み取ったのか、

「これ少し分けてあげるから、家に帰って焼いてみなさい。」

と嬉しいお土産を頂き、



10.31 italian bread
早速、丸ごと鉄板に載せて焼くコト22分...





10.30 italian bread2
こんなん、出ました~~~♪
超~ぶっ細工な形に、ぷっ!(笑)
でもね?
こりが、めちゃめちゃ美味しかった!
周りがパリパリで、中はすぃっとり~~~♪
スティーム法(蒸気)とハワイアンソルトではない塩が決め手とあって、自分でいつも作っているパンとは比べ物にもならないーっ。

こんな焼きたての美味しいパンを食べちゃったら、ますますやる気も出てきちゃう訳で?



10.28 breads    10.28 breads2
丸型はレーズンブレッド。白いパンは中にカスタード&アップル・レーズンを入れてみた。



10.28 cookies
のの字のクッキー。

どんどんと立て続けに焼き上げた。何かに取り憑かれたかのように...(笑)
でも、やはり家庭で焼くパンには限度があるんだなぁと、つくづく思う。
我が家にもこんな



mixer.jpg
ミキサーや、



oven.jpg
オーブンがあればイイなぁ~♪

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

いやそんなコトより、まず自分の腕を磨かなきゃ、でしょ?(笑)
ってか、こんなマスィーンの置き場がないしっ!
とにかく、頑張りますっ。



それにしてもホント、パンの焼いている匂いってどうしてこうも、ヒトを幸せにしてくれるのだろう?
毎朝、職場のドアを開けると必ず、ぷ~んっと漂うバンの香りを嗅げるのって、ホントに有り難い♪
ちなみに一番上↑のオトコの子の画像は、職場にも同じポスターが飾ってあります。
ベレー帽を被ったオトコの子がカワイイ~。
こんな長いバゲット、食べてみたい~焼いてみたい~♪



アナタはパン派?ごはん派?



【2008/11/09 12:48】 | パン作り | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
Change!
change-1.jpg





午後6時15分。小マンゴーの空手から戻ったワタシ達を、一足先に家に帰って来ていたmango夫からの熱~い抱擁で迎え入れてもらった。


!!!


もしや、オバマ氏が大統領になったな?
直感で分かった。





バラック・オバマ氏が次期アメリカ大統領に立候補をした直後から、ずーっと応援をしてきたmango夫。
結婚当初から「政治オタク」だとは気付いていたが、その熱の入れようと言ったらっ!
早速、オバマ氏サポートのステッカーを購入し、車に貼付けた。

「う~ん、彼はイイ人みたいだけど、経験がないよね?
 (彼が大統領になるには)どうだろうね~。」

とか、

「やっぱりヒラリーには叶わないんぢゃない?」

とか、

「そのステッカー、何処で買ったの~?」

などと、真新しいステッカーを見たアメリカ人が、次々に彼らなりの意見を見ず知らずのワタシに述べてくるのであった。こういう反応って最初は驚いていたが、だんだんと楽しめるようになってきた。
っがこのステッカーのお陰で、後ろの車からあおられたり、ワタシの車ギリギリに横付けしながら猛スピードで抜かしていく車があったり、中指立てられたり、かなりムキになって感情をあらわにする、血の気の多いお方にお目にかかるチャンスももらったのであった。(笑)



そんなステッカーとも今日の大統領選でオサラバとなった。
最初の頃はホントに恥ずかしくって、この車で(特に)ベース内を運転するのに気が引けてた。なんせミリタリーは共和党支持者がほとんどなので、周りの目がとても気になっていたのだが、今日をもって剥がすとなると、それはそれで寂しい。
剥がしたステッカーをmango夫はこんな所に保存してた。






11.4 sticker2
小マンゴーのアルバムって?(笑)



とにかく、8年間なーんにも変らず(ってかどんどん悪化していった)だったブッシュ政権に辟易しているアメリカ国民は、自分達に変ってこの国を良く変えていこうという新大統領に期待をしている。選挙権のないワタシも含めて。
さんざん、しっちゃかめっちゃかに乱して去って行くブッシュの後片付けからやらなければならないオバマ氏に、急な変革は望んではいけない。
全てがクリーンになるまで、ワタシ達も忍耐強く待とうではないか?
だって今ココに現れている最悪な現状は、8年もの時間をかけて積み重なったのであって、彼なりに努力はしただろう、アメリカの統領・ブッシュを選んだのもアメリカ国民だったのだから。



数日前の夕食の時、ご飯を食べていたキウイが急に席を立ってmango夫の耳元で何かを囁いた。

「今日、学校のお友達がね、親から”Obama wants to kill babies"(オバマは赤ちゃんを殺したい)って言われたの。」

そういう表現を大人が子供にするってのに、とても憤慨した。もし、その親がホントにそう思うのなら、何でオバマは殺したいのか分かりやすく説明するべきではないか?
これだけを聞いたら、子供が怖がるだろう。
家庭内での親子・夫婦間での会話も、そういう配慮の上でしなければいけないっと感じた。
いずれはこの子たちが、自分達の手でこれからの国を明るく、幸せな道へと歩んでいくのだから...



どんなチェンジをアメリカがこれからするのか、今から楽しみだ。
周りの国と協調していけるような国になってもらいたいわ~。





*おまけ*

念願のオバマ氏当選というコトで「お祝い」しましょ~っとあいなりまして、
「お祝い」と言ったらニホンでは





でしょ?買ってきたよ~!
ジャジャジャーーーン♪









11.4 tai2
え?小さいって?
腐っても鯛、凍ってても鯛って言うぢゃない?(笑)


とある韓国系スーバーで見つけたんだけど、パッケージ見て驚いた!



11.4 tai      item_showa08.jpg

このネーミングって?(笑)
しかも左が韓国産で、右は日本産。中身もパッケージも全て


パクってございません?



でもお味の方はとてもよろしかったようで、

「ネーミングのように、美味しかった♪」

とmango夫。(笑)
ちなみに$1.38くらいのお値段だったと思う。安いよ~SAMANCO♪(爆)

【2008/11/05 16:33】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
Happy Halloweenー大人編ー
hedwig_and_the_angry_inch.jpg





午後8時13分。Trick or Treatを終えた子供達を車に乗せ、家族4人、向かうはダウンタウン~!
思ったよりハイウェイが空いてたので、待ち合わせの9時の10分も前に到着。
今夜はニホンからの豪華ゲスト、J氏を迎えて一緒にロッケンロールな夜を過ごそうと「Hedwig and the Angry Inch」を観賞する約束をした~♪

J氏と言えば、半年前に再会したイカした彼ですっ。
ハワイに短期滞在すると連絡があった後にこのミュージカルを知ったので、慌ててチケットをゲットしておいたのだった。

「ハロウィーンの夜だから、きっとスゴく盛り上がるよ~♪」

と、mango夫と2人でこの夜をどんなに待ちわびたコトかっ!
この日の為に行きつけのブチックで一張羅を買っておいたのだ。




IMGP4811.jpg何度編集しても画像が直せないので首をかしげて見てね♪
...ってか、古着ぢゃんよ?(笑)しかも$7.99って価格だしっ!
レトロフレンチのようなイメージで、このワンピに赤い網タイツ&ブーツと黒いベレー帽なぞを被ってみた。(いゃ、ペイリンファッションも考えたんだけど、ね?笑)



そして5分後、タクシーで乗り付けて来たJ氏との再会~。
mango夫と子供達はJ氏と初対面。
mango夫と挨拶を交わしたJ氏がワタシに、

「何だか、僕と同じ香りがしますね~。ゲイの方に間違われる点が。」

っと一言。
ん~~~、納得♪(笑)

そんな話をしている内に、開演となった。
ってか、ヒトがあまりに少な過ぎでクーラー効き過ぎなんですけど?
今夜はハロウィーンですよね?
なのにこの閑散としたシアターって、



アリ???

多く見積もったとしても30人いるか、いないか...


さっ、さみすぃ...  

ロッケンロールな熱い夜になるんぢゃなかったのか?

 .

 .

 .

そんな不安を抱きながらショーは始まった...



ストーリーはこちらをどうぞ。
1997年にNYオフブロードウェイで上演して以来、マドンナやデビット・ボウイなどのセレブリティからも支持された、ライブ形式なショー。
ニホンでも三上博史や山本耕史が演じた、話題沸騰となった伝説のロック・ミュージカル。
2001年に映画化もされ、↑の画像は時々見てはいたのだが、今まで見たコトはなかった。
なのでハロウィーン前夜に、予習をしようとmango夫と2人で見てみたらこれがかなりハマる~~~!
まず、主役のHedwigの存在感に圧倒~。
(ちなみにこの映画の主役を演じたジョン・キャメロン・ミッチェルはゲイ。どうりでとても女性らしいキレイなお顔立ちだったのねぇ♪)
ロックな音楽に知らず知らず頭が身体が揺れる~。
次から次へと変るヅラに目が釘付け~。

ますますショーへの期待感が湧いてきたのであった...
なのに、
なのに、
空席ばかりが目立つシアターでロックを熱唱するHedwigに、申し訳ない気持ちを抱かずにいられない。

っが、時折入るアドリブやバンドの衣装がハワイらしくアロハシャツだったり、とちょっとオリジナリティがあって、やっぱり楽しい♪
ストーリーがストーリーなだけに(性転換手術したり、Fワードが飛び交ったり)、本来ならきっと18禁なのだろうけど、あくまで

パンクロック・ミュージカル


と見たワタシ達はあえて子供達を連れて来たのだった。もちろん子供はうちの子達を除いて一人も居ない...
(チケットを購入する際に「アナタ、ホントにこのストーリーを知ってるわよね?」っと念を押され、なんて親なんだ?っと思われたに違いない。)
少し気にはなっていたが、夜遅くから始まったこのショーを小マンゴーとキウイは最後までしっかりと観ていた。歌の間あいだにちゃんと拍手もしてたしっ!(笑)

ハワイのHedwigはとにかくカッコ良かった~♪
ショーのラストでHedwigから元カレのTommy(上半身裸)に変るのだが、Hedwigメイクを落とした彼の、これがまた何ともハンサムなお顔立ちで、J氏と

「彼、ハンサムでイイ身体だったね~♪」

と共感したのであった。
あっと言う間のショーが終わり、何と役者さん全員がお客のワタシ達を見送りに、ステージから降りて来た!
どうやらステージからでも小マンゴーとキウイの存在には気付いていたようで、
(こんだけ空いてりゃ、嫌でも見えるって?笑)

「観に来てくれてありがとね~!面白かった?」

っと子供達に声をかけてきてくれた。おまけに一緒に記念撮影を撮ったりと、少人数ならではの嬉しい特典が付いて、mangoファミリー&J氏感激っ♪
数年前にニホンバージョンのこのショーを観たJ氏が、

「音はニホンのバンドの方が全然イイけど、ショーはこっちの方がとっても良かった~!」

と感想を語ってくれた。さすがミュージシャンJ氏。音までしっかりと聞き分けていた!
残念ながら8日間だけの公演なので、11月3日がラスト。ハンサムなHedwigにまた会える機会なんてないだろうなぁ...




せめて一度でいいから








wig1a.gif
このヅラ、被ってみたい~♪(笑)
被ってみたいヒト、手ぇ挙げて~~~!!!  



...ワタシだけ?




(ご希望の方、こちらで買えますよ~。お値段$110也)

...来年のハロウィーンは思い切ってHedwigにでもなってみるか~?(笑)
【2008/11/02 20:24】 | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Happy Halloween ー子供編ー
halloween_graphics_45.gif





午後6時56分。ハロウィーン1週間前。
子供達の顔よりも大きなパンプキンを持って、暗闇の小学校へ向かう。
この日は学校のイベントで、皆で各々パンプキンカービングをしよう~という企画に参加。
大きなパンプキンの方がカービングしやすいだろうという、ワタシの安易な考えで大きなパンプキンを買ってしまったのが、大きな間違えであった...
2つで15キロはあっただろう。学校の駐車場から会場のカフェテリアまで、フンガ~フンガ~しながら抱えて行ったからっ!(笑)
もう2度とこんな大きなサイズは買うまい...


早速デザインを決めて作り始めた小マンゴー。



10.24 pumpkin curving2


一方のキウイは、


 ・


 ・


 ・


消えた。(笑)

仲良しのお友達を見つけたと思ったら、もうパンプキンには目もくれず、遊びに行ってしまった... 

ワタシに作れ、と?
仕方ねぇ、任された以上イイシゴトさせて頂きゃしょう~。
(↑実は嬉しかったりもするっ!笑)

先にキウイのパンプキンに取りかかったので、小マンゴーの方が時間内で間に合わなくなってしまった。
次々に出来上がったパンプキンがステージに並べられて行く。



10.24 pumpkin curving6

何とか形だけでも終わらせて、無事小マンゴーのパンプキンも置かせてもらう。
それでは消灯~!





  10.26 pumpkin    10.24 cat
 小マンゴー作「カラス」  ワタシキウイ作「猫」
 

なかなかの上出来でしょ~?!
っと、自己満足に浸ったのはいいが、またこの重いアートを車まで運ばなぁいかんぢゃないか~っ!
またまたんっしょ、んっしょと大股広げながら車に戻った。
家に着いたらもう運ぶ気力もなく、mango夫にお願いして部屋の中まで運んでもらう。




翌日。
リビングルームがパンプキンのかほりで充満していた~~~。かなりクサいが、なんとかハロウィーンまでもってもらいたいわ~っというワタシの願いも虚しく、日が経つゴトにその異臭はプンプン漂ってくる。しかもうっすらとカビまで生えてきてるしっ!
なのでこの素晴らしいパンプキンアートはたったの3日の命となってしまった...
暑いハワイではパンプキンの傷みもかなり早いのだろう。
これからはハロウィーン直前に作ろうと、ハワイ在5年目にしてようやく学んだのであった...


ハロウィーン6日前。
とあるショッピングセンターにて早めのTrick or Treatがあったので行ってみた。
今年の子供達のコスチュームは...



10.25 early trick or treat
「Scary Ghost」と「魔女」



ハロウィーン当日。
小マンゴーのお友達と一緒に今回初めてミリタリーベースではない、普通の住宅街に行ってみた。
すると、どこもかしこも手の込んだデコレーションの家ばかりではないかっ!
ホーンテッドハウスあり、
玄関でオドロオドロしいミュージック&スモークあり、
見ているだけで楽しくなる♪

沢山の子供や大人が、いろんなコスチュームを身にまとって練り歩いている。
そしてこの日頂いたキャンディーはこんな感じ。




    11.1 candies       11.1 candies2
    小マンゴーの分     と    キウイの分


不況な中、こんなに沢山のキャンディーを見ず知らずのワタシ達に分けてくれるアメリカ人って太っ腹だなぁと思う。
我が家でもいつかはキャンディーを配る側になる日がくるだろう。
その時は喜んで小さなゴースト達にトリートさせてもらおう。


...ってコトで子供達のハロウィーンはこんな風に終わった。
ホントは



402px-Addams_family_values.jpg
これを家族でやってみたかったんだけど、今回はボツ。
なのでワタシにとってはとても地味なハロウィーンとなった訳で。
来年こそは頑張るで~~~♪






っが、まだまだこの続きがあるのよ~♪
次回「Halloweenー大人編ー」をお楽しみに!

【2008/11/02 17:56】 | お遊び | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。