スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
My perfume
fragrance-perfumes-collage-beauty-1109-de.jpg





午後6時03分。その出会いは突然やってきた。
素通りしようとした香水売り場@ノードストロームで、売り子のお姉さんから香水のサンプルペーパーを渡された。
ちょっと嗅いでから、すぐに財布のお札と一緒に挿み、気にも留めずに足早に去る。



ワタシは香水が苦手だ。
可愛らしい瓶を手に取り、シュッと一拭きして匂いを試すのは大好きだが、ぢゃあ自分に合う香水を見つけようっとなると、もうお手上げ。
アレもいい、コレもいい、とテスターの紙ばかりが増え、終いにはどれが自分らしい香りなのか、分からなくなってくるのだ。



香水とそのヒトがピッタリとマッチした方って、知っている限りでもほんの数人。
例えば、今の職場の女性。
彼女が通り過ぎる時にわずかに香る匂い。この「わずか」がとってもイイ案配なのだ。この香りが漂うと、ついつい振り返ってしまう。(笑)
そして嫌みのない、彼女らしい香り。
ある時彼女に、

「とってもイイ香りがしてるけど、どんな香水を使ってるの?」

と聞いてみた。すると、

「これよ。」

と言って見せてくれたのは、ヴィクトリア・シークレットのボトルに入った、紫の香水。
きっとワタシがコレを付けても、あの香りは出せないだろう。彼女だから、あの香りがするのだ。
こういう女性って、ホントに自分自身を分かっているヒトなんだろうって思う。
香水を自分のモノにできてしまう女性に憧れる。



過去に香水を買ったのは5回だけ。どれも、



その時に流行っていたから。

瓶が可愛かったら。

ブランドに惹かれて。



と、かなり適当に見つけて買ったものだから、そのどれを付けてみてもちっともワタシらしい香りではなかった。むしろ、その匂いで気分が悪くなったり、付け方がヘタなのか、ちっとも香ってこなかったり、とイイ思い出がなかったので、特に結婚後は全く興味を持つコトもなかった。




数ヶ月前、図書館で借りた「獅子座の女・シャネル」を読んで、一撃を受けたシャネルの一言。



香りって重要よ。不潔な人には、必要ないけど。
素敵なひとには、無くてはならないものよ。
香水は、本当の贅沢なの。



心の贅沢をしてこなかった自らを省みて、ちょっと焦る。



そんなコトもあって、ノードストロームで渡された香水を改めて嗅いでみる。
もらった瞬間はちょっとおばちゃん臭い感じがしたのだが、あら~?
ちょっとステキな香りぢゃない~♪

早速インターネットでどのブランドの香水か、チェックしてみると...



escale-dior.jpg
クリスチャンディオールのPondichery

どうやら2009年限定品だったようで、「寄港地」をイメージしたシリーズ第2弾。
インドのポンディシェリをイメージして、ブラックティー、カルダモン、ジャスミン、サンダルウッドなどなど、エキゾチックでスパイスィーな香り。
ありきたりな匂いでなく、とてもオリジナルで新鮮。かなりワタシ好みな香り♪

お友達からバースデーのプレゼントにギフトカードを頂いたので、迷いもなくこの香水を買わせてもらった。
30代も後半に入り、いよいよオンナとして脂も乗ってくる今日この頃。(見苦しい脂、もね?笑)
この香水がワタシらしい香りを漂わせてくれるコトを期待して、生きる贅沢を楽しんでいこう~♪




アナタは「自分の香り」に出会えましたか?





*おまけ*

上手な香水の付け方のサイトを見つけたので、チェックしてみてね♪
スポンサーサイト
【2010/01/20 04:53】 | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
The Contemporary Museum
1.15 museum28





午前11時47分。ずっと来てみたかった「コンテンポラリーミュージアム」に、ようやく到着~!

マキキハイツの住宅街を上がっていく所に、ひっそりと建っていたこの美術館は、展示されている作品のほとんどが1940年以降のモノが中心。ホノルル美術館に寄付される前は、ホノルル美術館創立者であったミセス・クック氏の邸宅であったようなので、ところどころにその面影を思わせるような、小さな和式の庭園があったり、3.5エーカーもある広い敷地から、ダイアモンドヘッドやホノルルダウンタウン、そして太平洋が、大きな木々の合間から見渡せる。まさに”ヌウメアラニ”(天国のテラス)と呼ばれるだけある、開放的で気持ちのイイ庭園だ。



気に入った作品をちょっと紹介~♪



まずはエントランス。
1.15 museum2 1.15 museum3 1.15 museum4



建物内ではフラッシュ禁止での撮影。
1.15 museum5 1.15 museum6 1.15 museum7 1.15 museum10
1.15 museum12 1.15 museum16 1.15 museum19 1.15 museum20
意識せずに気に入った作品を撮ってみたんだけど、こうやって並べてみて見ると、ワタシって結構ブラック&ホワイトなアートが好きなのかしら?!




一番気に入った作品はこちら。



1.15 museum8
横たわった裸体の女性...近くでよ~く見てみると?



1.15 museum9
小さな画がいっぱい!こんなモザイクは見ていて楽しいね♪



そして好きな空間。



1.15 museum13
障子を思わせる、この窓が良かった~。



1.15 museum11
こんな風に眺めていた小マンゴー!(笑)



1.15 museum14
こんな大きな紙が貼られていたので、皆で落書きアートタイム~♪



それでは天国のテラスへ出てみよう~。



1.15 museum24 1.15 museum26 1.15 museum27
1.15 museum36 1.15 museum34 1.15 museum30




1.15 new artists
ハワイの若手アーティスト達が作業中だったので、ちょいと拝見。

?!

真ん中の彼、もしや



tumblr_krc44bNPpQ1qzz6tjo1_100.jpg
Aaron Martin (aka Angry Woebot)では??
最近目にする、アングリーパンダを書いてるヒト、でしょ?



普段の生活からちょっと離れてアートな時間を過ごすのも、新鮮でいいねっ。
ちなみにこのミュージアム内にカフェがあって、そちらもなかなかの評判だとか。
次回はそちらも楽しみたいわ~♪

何度でも来てみたくなるような、そんな空間。
アナタも感じてみない?






開館時間/休館日


平日  10:00 - 16:00
日曜日 12:00から開館
休館日 月曜日

 

入館料

大人  8ドル
こども 無料(12歳未満)


カフェ営業時間


平日  11:30 - 14:30
日曜日 12:00 - 14:30
休日  月曜日



交通案内


バス   The Bus 15番(Makiki Heights 方面)
タクシー ワイキキから約15分
駐車場  無料




【2010/01/18 08:39】 | お遊び | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
Yeah Yeah Yeahs!!!
yeah-yeah-yeahs.jpg





午前7時37分。シゴトに向かう車の中で、
午後3時14分。シゴトを終え、家に帰る車の中で、
午後9時32分。PCの前で、

ココ数ヶ月ずーーーっと、Yeah Yeah Yeahsを聞きながら口ずさむ毎日。
音楽について詳しいコトは全く分からないが、声がイイ!ドラムもギターもイイ!もう全てが良すぎっ!
偶然このバンドの存在を知った去年の秋から、かなりハマりまくってるワタシ。

ボーカルのKaren Oに惚れ惚れ♪
ポーランド人の父親と韓国人の母親を持つ彼女Karen。キレイな顔立ちなのに、かなり奇抜なファッションでステージで叫ぶ彼女のライブを見ながら、どんどんとその不思議な魅力に引き込まれていく。



6a00e398e1902a00040110167f81af860d-500pi.jpg
オリジナルなKarenがカッコよく、そしてチャーミング♪
きっと、自分を上手に表現出来る彼女に、惹かれるのかも。


2000年にデビューしていたようだが、Yeah Yeah Yeahsなんてバンド、見たコトも聞いたコトもなかったのに、今というタイミングで出会った。歌も音も今のワタシにフィットしている感じ。
まさしく寝ても覚めてもYeah Yeah Yeahs!(笑)
だからか、もう



karen-o hair
こんなマッシュルームヘアーにしたいっ。(似合うかどうかは別として...笑)




ワタシが毎日聞いているものだから、子供達も一緒に歌う。
こちらは小マンゴーも大好きな歌。このビートが堪らんっ。踊りたくなるわっ!(笑)



1月15日は大阪「クアトロ」で、翌16日はトーキョー「ステラーボール」にてライブがっ!

行きて~~~~~ッッ!


今回のツアー、いろんな国を回っているのにも関わらず、やっぱりハワイは素通り。(泣)
同じアメリカなんすけど???
音楽に関してはどうしてもハワイに馴染めない。ハワイアンとかレゲエ聞くと眠くなるし。(おぃ)
確かに常夏でロックは似合わないのは、分かるけど?(笑)

どなたかYeah Yeah Yeahsのライブに行かれたら、その時の様子を教えて下さいねっ!




ひとりカラオケでもするか...
ワタシのお気に入りラブソング「Maps」





今日の記事、きっと知らないヒトからしたらホント、

Yeah yeah yeah...(ハイ、ハイ、そうね)

ってな感じね。





ちなみに、映画『Where The Wild Things Are』ー邦題「かいじゅうたちのいるところ」ーのサントラをKarenが担当。



76f2eada.jpg   all_is_love-cov.jpg
この本もかなりお世話になったなぁ。
この映画も1月15日ニホン公開だそうで。(アメリカは去年10月に公開)



どこかのブログでこのKarenが



Karen+O.jpg 鳥居みゆき と
似てるって言ってたが、それでもイイのっ!

Karenサイコ~♪
【2010/01/09 05:31】 | Music | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
明けました、おめでとっ。
chimpanzee-and-tiger-best-friends.jpg





クリスマスのコメントもまだ終えていないのに、気付けばもう2010年に突入してました~。

みなさま、明けましたが本年もどうぞよろしく♪



今年の抱負はまだ決めてもいなかったのだけれども、↑の画像のような関係を家族や友人、そしてこれから出会うだろう方々と築いていけるような自分でいたいなぁと思う。
見た目に惑わされず、みんな同じ命を持ったモノ同士、良い所もよろしくない所も認め合いながらお互いが成長できるそんな関係を作れるような、大人になりたいものだ。
特にワタシに一番近い関係(夫や子供)には甘えが出てしまって、なかなか上手にいかないのだが、今年こそは意識して接していこうと思う。

何だか今年は10年というキリのイイ数だし、結婚生活も10年を迎えたばかりだし、ずっと先の未来に繋がる大事な年のような感じがするのだ。
どんなコトが待ち受けていようと、それを素直に受け入れられるような柔軟な心で毎日を過ごしていきたい。そしたらきっと、全てに感謝が出来るような、謙虚なニンゲンに少しでもなれそうな気がするから。



PC前の皆さんも、どうぞ実りある一年が送れますように♪
【2010/01/02 18:37】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。