スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
不定期なお届けモノ
delivery.jpg






午前8時38分。玄関のドアを開けるとそこにはあるお届けモノがいつものように置いてあった。またこっそりと、ワタシの為に置いて行ってくれたのだ。


それはいつも不定期でやってくる。
この間は2ヶ月程前だっただろうか。ワタシの密かな息抜きの時間にもなるその例のモノとは...



20070131050902.jpg

このように玄関の前に置いて行ってくれる。

中を開けてみると、出てくる出てくる!



20070131050920.jpg

年末からの週刊誌だ!今回は子供達にと、ご丁寧に折り紙の本と折り紙まで。



このお届け主はワタシの家のお隣さん、ミセスF。
ラッキーなコトに彼女もニホン人である。その昔、日系のご主人とニホンで出会い、恋に落ちて結婚をなさり、ご主人の地元ハワイに移って来たという。
そのお話をする口調がワタシと180度違い、とてもご丁寧なのでいつもこちらが恐縮してしまう。
それもそのハズ、聞けばミセスFはあの美智子皇后と同じ聖心女学院出の方であった。

ある時、ご自分の人生を振り返ってワタシに話し始めた...


終戦後間もない頃、ミセスFはミスターFと町中で知り合う。顔はニホン人だがニホン語が話せない彼を気の毒に思い、つい助けてあげようと思い彼女から話しかけた。
彼女曰く、

「このおせっかいで始まってしまったのよ...いやぁね...」

なのだそうだ。
とにかく恋に落ちた2人は結婚をするコトに。しかしミセスFのお父様は猛反対をしたのだと言う。戦争に負けた相手国のガイジンと結婚なんてとんでもない、と。
そしてとうとう勘当されて、誰にも祝福されずにハワイへ越して来た。

その後、娘と息子を産み育てるのだが、

「子供達に立派な教育が必要」

と信じて疑わなかった彼女は、良い学校のあるダウンタウンに引っ越し、子供達を私立の学校へ通わせるコトにした。ミリタリーのご主人のお給料ではとてもぢゃないがやっていけないほどだったが、自分の食事を削ってまで学費に回し、子供の教育一筋と決心した彼女は徹底して、自分の人生を子供達に費やした。もちろんシゴトをせず、子供達につきっきり。
これに怒ったのが、お姑さん。

「ハワイでは共稼ぎが当たり前なんだから、アンタも働きなさい!」

と言ってはいつもぶつかっていたそうだ。それでも自分の意志を貫き通したミセスF。
お陰でFファミリーとも連絡が途絶えてしまった。

そして今。
手塩にかけて育てた2人の子供は、小学校の先生と大学の先生をしている。
自分のやってきたコトは間違っていなかった、ととても嬉しそうにワタシに語って聞かせる。

「あの頃のハワイは全く教育に無関心だったのよ。アナタは幸せね...」

と深い皺に囲まれた目が真っ直ぐワタシを突く。



ミセスFはお父様の言いつけ通り、生存中はニホンに帰るコトをしなかった。お父様が亡くなってようやくニホンの地を踏むコトが出来たそうだ。そしてその後、お母様が亡くなった時に帰省した。ニホンを出て50年は経っただろう。たった2度の帰国。

今ミセスFはご主人と静かに余生を楽しんでいるだろう。
彼女がニホンを去ってから50年、これらの雑誌で今のニホンを知り、懐かしい記憶を蘇らせているのかも知れない。




「雑誌なんて読んでいるお暇なんてないでしょうけど...」


と言って、いつもそっと置いておいてくれる。
TVを観る時間もない今、この雑誌はとても重宝している。今のニホンが読めるからだ。
ただ、読み始めると止まらなくなってしまう。子供らが学校から帰ってくる。

「ハイ、宿題してねー」

と言って自分はソファーに横たわり、雑誌タイム。
子供がワイワイ騒ぎだすと、

「マミーはね、今大事な本を読んでいるんだから静かにしなさい!アナタ達も本を読んだら?」

まで抜かす。(笑)
さぁてと、ボチボチ雑誌タイムとさせてもらいましょか?


スポンサーサイト
【2007/01/31 06:34】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<mochiおやつ | ホーム | Constant Gardener ー ナイロビの蜂>>
コメント
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
大事な本を読んでるのよね?o(=¬ェ¬=)oジーーーッ

ハワイは、比較的日本の情報が入りやすいよね?
ありがたいね~^^ご近所さんの好意(^-^*)(..*)ウンウン
私なんてさ~、日本に住んでるのに浦島太郎だから!!_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!
芸能情報なんて、全く分らんΣ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
こうして、話についていけなくってブログ仲間は
私のためにリンク貼ってくれるのよヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
【2007/01/31 08:08】 URL | ひな #-[ 編集] | page top↑
ご両親が亡くなるまで日本に帰れなかったとは・・・ものすごいね。
ミセスFもだけど、ミスターFも、日系人として米軍にいるということで
ものすごい苦労があったんだろうね。

日本人の私たちが、大きなカオしてアメリカでのほほんと暮らすことが
できているのも、ミスター&ミセスFのような方たちの苦労があってこそ
実現していることなのかもしれないね~。

なんか、色々考えちゃったよ。
【2007/01/31 10:16】 URL | オタクズワイフ #kGdwRFD6[ 編集] | page top↑
なんだか素敵な話ですね~
そんなお話が聞けたmangoさんも素敵です♪

大事な雑誌タイム、わかる~~(笑)
私もよく、自分の読みたい雑誌見てるとき、同じ言葉を子供達に言ってますから!(爆)
ママのは写真ばっかりじゃ~んって^^;

玄関にそっと置いてあるっていうのもなんだかいいですね~
【2007/01/31 14:40】 URL | ちおりん #-[ 編集] | page top↑
いっぱいですね♪
いいお隣さんがいて羨ましいな・・・
でも両親が亡くなるまで日本に帰れなかったと言うのは
すごい事ですね(><)


【2007/01/31 18:41】 URL | kira #-[ 編集] | page top↑
*ひなちゃん*

ニホンの雑誌を買うとなると結構な値段なのよね。
だからこういうリサイクルはホントに有り難いよ!
昨日読んだ記事の中で、早速「癌検査」の特集があってさ。
まだニホンではワタシがやったマンモグラフ検査は浸透していないって書いてあったよ。なかなかタイムリーだったわ。
ゲーノー人はもう、誰が誰だがチンプンカンプンよ!(笑)
【2007/02/01 08:23】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*オタクちゃん*

名前を代えたのね?
うん、今のワタシ達ってホントに幸せな時代を生きてるんだなーって思ったよ?
こういう苦労したヒト達のお陰様だね...(シミジミ)
ヒトの人生にとっても興味があってね、つい彼女の歴史を語ってしまったよ。誰にでも見た目では分からない歴史を通って来ているんだよね。ワタシも何か残せるような歴史をつくれるかしら?(汗)
【2007/02/01 08:27】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*ちおりんさん*

たかが一人のおばあちゃんの話かも知れないけど、何だかとても苦労をなさってきた感じのヒトでね。
ちょっと皆さんとシェアしたくて書いちゃいました。
ホントいつもそっと置いてあるので、ワタシのサンタさんだわね!
で、ちおりんさんもこのような苦しい言い訳を使うのね?(爆)説得力ないねー、ワタシ達!(笑)
【2007/02/01 08:31】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*kiraさん*

今回はいつも以上に沢山入ってましたよ!
ホントお隣さんに恵まれてラッキーです。
昔の方って、親子の間であっても甘えと言うのがなかったんでしょうね。ミセスFのお父様も「勘当」なんて言って後悔してただろうな、と少し気の毒にも思いました。それに比べ、好き勝手させてもらっているワタシは...有り難いわ。
【2007/02/01 08:41】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
素敵な話しやね・・・
mangoの周りには素敵な人が一杯居てるって感じがするな~♪
Fさんの人生 色々とその時代背景で苦労され
そんな方からお話が聞けるのも良い事よね。
そして、さりげなく こうやって雑誌を届けてくれるなんてステキだわ。
mangoにしたら雑誌の読書タイムは大切なお勉強タイムよな?
【2007/02/01 13:39】 URL | あーちゃん #-[ 編集] | page top↑
mangoさんの彼女の表現の仕方だけで、ミセスFが本当に上品な方なんだな~って伝わってきますよ♪ 

お父様に勘当されて、強制的に離れ離れになってしまったけど、彼女のお子さんに対する教育への情熱というか、信念というか、素晴らしいな~と思います。お子さん達もそんな母親の姿を知っているから、しっかりと親についてきたんだろうな☆

それにしてもまた渋い雑誌ばかりですね!!
そしてmangoさんにとっては本当に意味のある雑誌タイムになるんでしょうね(^o^)
【2007/02/02 01:14】 URL | tomo #-[ 編集] | page top↑
本当にすてきなご近所さんですね。
そっと置いていくっていうのが、またいいなー。
私も職場のおばさんが、いつも週刊文春(前はよんだこともなかったけど)をくれるので、読み終わると、日本のものがなかなかてに入らないARにすんでる友達にビデオテープと一緒に送ってるの。
海外に住んでると、日本のものならなんでも、ありがたく思うようになってます。

ビデオはもう13年も前から妹が、いつも日本のドラマ、バラエティーをずーっと送ってくれてて、もう300本ぐらいたまってしまいました。だんなには捨てろといわれてます。DVDにコピーする時間が今はないのよ。VCRも捨てれません。
でもって、妹は今韓国の放送しか見ないので、今度は韓国のものばかりおくってくるの。また日本ビデオ屋さんの常連になりそうです。そんな妹にも感謝してます。
【2007/02/02 03:27】 URL | 神話ペン #-[ 編集] | page top↑
こんにちは!

やっぱり教育って大切ですよね
子供たちにとって勉強だけではなく人生の選択の幅を広くし
より素晴しい人たちとの出会いも増やしてくれるものですもんね!

それにしても
Fさんのお父さんの言葉は本心ではなかったような気がします。ののしられてもお父さんがなくなる前に会いに行ってあげればよかったのにな、と思ってしまいました。
言葉だけがその人の本当の心を語っているとは限らないものんね・・・
【2007/02/02 03:59】 URL | JapanSFO #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
*あーちゃん*

そうなの、このミセスFとはご近所になってから
「お互い気を使うのはよしましょ♪」
なんておっしゃってもらって、当たり障りなくおつき合いさせてもらってるんだ。
逆にワタシの方が「子供がいつも騒いでスイマセンっ。」と頭を下げてるよー。(汗)
年配の方のお話を聞くのって、とても好きよ。自分の見たコトのない世界がそこにあるからね?で、勝手に妄想する!(笑)
この雑誌がお勉強...はい、悲しいけどその通りっス!(爆)
【2007/02/02 05:22】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*tomoちゃん*

今の世代では考えられない親子の関係だよね?でも父親から勘当されたお陰で、ミセスFは強い女性になったと思うよ。皮肉だよね...
この方はロイヤルファミリーがとてもお好きなようで、決まってこの雑誌を購入しているようだよ。お陰でワタシもその辺は詳しくってよ?(爆)
ホントに意味ある雑誌タイムなんだか?(笑)今度tomoちゃんの所に送ってあげよか?(←いいアイデアぢゃーんね!)
【2007/02/02 05:28】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*神話ペンさん*

立ち話はあまりないんですけど、いつもさり気なく気を配って下さって、ホントにありがたいです。
海外に住んでると、ちょっとしたニホンのモノがとても貴重になってきますよね~!神話ペンさんのお友達も非常に喜んでいるコトでしょう、文春片手に!(笑)
300本も送ってくれる妹さんて、ステキですね♪普通なら面倒臭くってやりませんよ?こういう気持ちまでこもったモノは捨てられないですね!
韓ドラ、ワタシも母から薦められてマス。(汗)
【2007/02/02 05:39】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*SFOさん*

そうですね、ワタシもミセスFから聞いた時、ちょっとご両親のコトが気になりました。お父様は亡くなる前に会いたかったハズです。でもそのお陰で親戚も居ないハワイでミセスFは逞しくなったのでしょう。聞いていてちょっと辛かったわ~。
親にとって、出来るだけ沢山の教育を子供に与えたいっていうのが願いですよね。ノン気に雑誌読んでる場合ぢゃないか?(汗)
【2007/02/02 05:44】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mangostaste.blog72.fc2.com/tb.php/112-fb9d7c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。