スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
心を亡くした1ヶ月







午後2時16分。あ~、久々の開放感!
今までのしかかっていた肩の荷が下り、自然と柔らかい表情の自分に戻っていくのが分かる。やっぱり言って良かった...

「先生、今日で学校を辞めさせて頂きたいのです」

と。



子供達の新学期が始まって、ようやく1ヶ月過ぎた。
新学期と同時に小マンゴーとキウイをニホン語の学校に送るコトを決めた。月曜から金曜の毎日という条件はキツかったが、一日40分の授業、そして何より読み書きを習えるのならっと、ただ親のワタシの都合だけで入れさせたのだった。
小マンゴーはこのニホン語学校の他に、空手(ほとんど毎日)と公文(週2回)も通わせている。

「こんなに習い事をやらせても大丈夫だろうか?でも今のうちにいろんなコトをやらせて、子供の可能性を引き出すきっかけになるかも知れない。それにハワイ州の学力のレベルは低すぎるし、学校だけに頼ってられないし...」

ワタシの中でいろんな葛藤があったが、とにかくやってみる方に懸けてみたのだった。



子供達は普通の授業が終わると、喜んでニホン語学校に毎日行ってくれた。
そこで習ってきたニホン語の歌をしょっちゅう口ずさむ2人を見ながら、

「学校に入れた甲斐があった。」

と自己満足していたワタシ。
しかし、この3つの習い事が全部重なる日に当たるともう大変であった。
時間との戦いなので休むヒマもなく、



学校の授業終了 2:10pm

 ↓

ニホン語学校 2:45pm ~ 3:25pm

 ↓

公文 3:50pm ~ 5:00pm

 ↓

空手 5:30pm ~ 6:30pm

 ↓

帰宅 6:45pm

 ↓

夕食 7:20pm

 ↓

宿題 7:45pm ~ 8:15pm

 ↓

入浴タイム 8:30pm

 ↓

就寝 9:00pm


っと、こんな具合に一日中勉強に明け暮れる。
(今、改めて見てみてもスゴいスケジュールだわ!笑)
子供達をようやくベッドに寝かしつけると、何とかその日を乗り切ったコトにほっとし、夫より先にベッドへバタンQ~!(笑)
そして翌朝は、

「  !!!
 今日は何曜日?
 何をする日だっけ?」

という焦りで目を覚ます。かなり心臓に悪い!

とにかく子供達の為にやってあげてたつもりが、そのスケジュール通りにコトを運ばせたいというワタシの独りよがりの思いだけで、

「早く、早く!
 あと○分で始まるよ~!
 急いで!」

このコトバを毎日浴びせまくっていた。子供達もけな気に、ちゃんとワタシに付いてきてくれた為、この時はワタシが子供達にプレッシャーを与えていたなんて、これっぽっちも思わなかったのだった。
...でもこんな窮屈な生活が4週目を迎えた頃、ワタシが先に音を上げた。ホントに心身共に疲れてしまった。
先月までは子供達と一緒におやつを作ったり、公園に行って遊んだりする時間があったのに、今月は全く出来なかった。

数日前、久しぶりに小マンゴーと会った友人が、

「ねぇ、何だか小マンゴー、疲れているように見えるわよ?」

と教えてくれた。彼女に言われなかったらきっと気付かずにいただろう。
ワタシもこの新生活に疲れてはいたが、ワタシ以上にもっと疲れていたのは子供達だったのかも知れない。



先週、小マンゴーを公文に連れて行き待っている間に、挨拶程度しか声を交わしたコトのないお母さんがワタシに声をかけてきた。
彼女はニホン人でアメリカ人のご主人と3人の小学生の息子さんがいる。
お互いの子供達の習い事の話から、彼女は小マンゴーの行ってる空手教室に興味を持ったようで、いろいろと聞いてきたのだが、

「空手をやらせてあげたいけど、今既に公文とレインボー学園(毎週土曜日のニホン語学校)、サッカーをやらせてて、しかもワタシ昼間は学校に通ってるのね?
3人の宿題も見て、レインボーで出される宿題と公文をやらせたら、とてもぢゃないけど9時には終わらないの。下手したら11時にベッドに行く時もあるのよ。
学校の先生からも、『○○クンは集中力がないようだけど、ちゃんと睡眠はとってるのか?』って聞かれたわ。いつもぼーっとしてるから、困るのよ。」

と話し始めたのだった。その時は

「3人のお子さんを見るのって大変なのねぇ。でもよく頑張ってらっしゃるわ~。」

と相づちを打っていたのだが、実はその彼女はワタシ自身だったのだと気付いた。
ヒトのコトはよく見えても、自分のコトとなったら全く見えなくなる。でも彼女のお陰で自分を知った。ワタシもきっと端から見れば、彼女のように見えただろう。



親だから、子供に

「あれさせたい、これさせたい」

という願いと期待を持つのは当たり前だと思う。
でも、初めて空手をさせる時、ワタシは息子に何て言った?

「楽しんでやれればいいんだよ~♪」

確かそんなコトを言ったのだ。でも今はどうだろう?進級テスト毎に一番熱くなってガミガミ言っているのはそう、このワタシだっ!(笑)子供以上にマジになって、言いたいコトばかりの親ってかなりウザイだろう!もし小マンゴーが10歳くらいだったら、

「だったら、お母さんがやればいいでしょ!」

何て言い返してきてもおかしくはない。(笑)息子を楽しませるどころか、辛くて苦しいモノだと無言のプレッシャーを与えていた。

あぁぁー、かなり押しつけがましい親だったのね~、ワタシ...(自己嫌悪)
自分がこんなに教育ママだとは思っていもいなかったわ。



だから、今日でニホン語学校は辞めるコトにした。少しくらい勉強がトロくたっても、そんなに問題ではないだろう。
それよりも、今まだ母親を必要としてくれている内に、沢山の愛情とスキンシップを与えてあげるのが先決なのだ。親の愛情を知っている子供こそ、将来どんな逆境に立たされても曲がらずにいける大人になるのだから。

「何でもかんでも、キツキツにした子育てをしていると、いつかポキッと折れる時が来るよ。」

と友人にアドバイスされた。トーキョーの高層ビルのようだね?(笑)
ある程度のシナがないと、いつかポキッと折れる...ホントにその通りだ。
まずはそのシナをワタシのゆとりと笑顔に変えて、柔軟な心を作る子育てをしないと。
今からでも遅くはないコトを願って、まずは子供達に謝ろう...



*今日のコトバ*

「忙しい~」をよく使っていた、この1ヶ月。
しかし、この忙しいという字は
「心」が「亡くなる」
と書く。心が亡いというコト。
気持ちが入っていない、とでも言おうか?
忙しさも程々にして、気持ちを込めた日々を過ごすコトが出来たら、
そこからまた何か発見や、生き甲斐が見えてくるかも知れない。
スポンサーサイト
【2007/09/01 19:02】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
<<冷たいグリンピースのポタージュ | ホーム | Alohaな出会い>>
コメント
私も二人の男の子の父親です まんごさんの気持ちよくわかりますよ 親としては色々やらせてあげたいと思っても、いきすぎるとなにやってるのかわからなくなります

わたしも、幼少の頃母よりピアノをならわされておりました とても嫌でしたが、強制的に続けさせられました いまでもピアノを見ると破壊したくなります でも、亡き母はきっと私のことを思ってならわせていたのでしょうね

特に日本以外で子育てしていると「日本語」というファクターも加わり、より一層大変ですよね 
【2007/09/02 06:43】 URL | 東海岸まっすぐ #-[ 編集] | page top↑
ここで気がついたというところに、mangoちゃんだからこそよかったんだと思うよ^^
それに、素敵な言葉をかけてくれるお友達がいるということも、とてもすばらしいな~って思った。

なかなか、冷静になれなくなるもの。

そのときはもう夢中だし、子供のためにって思ってるけど実はどうなのかな??って思うこと、これからもきっとあるよね?

私もまだまだ同じようなことをしているから、偉そうにはいえないですが。
子供から教えてもらうことって、本当に多いよね!!
それも、私たちが一緒に育っていくという大事な過程なのかも。。
だって、親になるって大変なことだと私は日々思ってますから~^^;
まだまだ未熟だけど、周りの方々の意見やまずは子供の気持ちを1番に考えて、楽しくやっていきたいね?

ハワイでの子育ては、確かに大変そうな話も聞いたでしょ?だから、mangoちゃんがそうしたいという気持ちも私はものすごくわかるよ!!
子供のためだものね。

ハワイという、子供にとってはすばらしい環境にいるということもまた別の意味で幸せなことのように思う。
ハワイでしか経験できないこともたくさんあるし。
日本の子供は遊び場さえなくなってきて、本当にかわいそうにも思うもの。

何を書いてるのかわからなくなったけど・・

「忙しい」の字。
そっか、心を亡くすか・・たしかに!!って思えたよ。
忙しいときこそ、ちょっと立ち止まって心を見つめないといけないね。
いい言葉、またまたありがと~
【2007/09/02 11:37】 URL | ちおりん #-[ 編集] | page top↑
ステキなママ
mangoステキよ!
子供ってのは何よりも親の愛情が一番の栄養剤。
親が笑顔だと子供は嬉しいのだ。
親がしかめっつらだと、子供なりに親が笑顔になることを賢明に頑張ってしまう。
確かに現実問題お勉強は大切だろうとは思う、あたしも親だったらついついやってしまいそうだ。
大人になったときの子供の為に・・・とね。
だけど実際は あたしみたいに柔軟性に欠けた人になっちまうのだな(謎)
「忙しい」と言う字をこうやって言われてハタと気づいたw
ウチの母上は良く言ってたよ。
あたしも心を亡くさないようにしよう!
mangoありがと!!
【2007/09/02 14:55】 URL | あーちゃん #MDMkRtpI[ 編集] | page top↑
うちもそんなキツキツの時期があったな~(遠い目)
私んちなんて公文2教科しかやってなかったけど、学校の宿題と公文の宿題がすごい大変で親子で半泣きになりながら、寝るのが11時だった時もありました。
これってちょっと精神的に良くない~!と思って1年半ぐらいでやめました。
あの時心身共にすごく開放されたなぁ~。
日本語教育はもうちょっと大きくなってからでも大人になってからでも出来るから、まずは学校の勉強が出来る事のほうが大切だよね。
【2007/09/03 14:52】 URL | ブルーベリー #QsqJ.6N.[ 編集] | page top↑
親心!
もう、この一言だよね。
親は子の事を思いあれこれ習わせてあげたい。
私も子供の頃凄い習い事させられたよ。。
今となっては親に感謝!だってその習い事の
おかげで自分の能力がフレックスになったと思うから~
だからきっと子供たちもいつかmangoに感謝
する日が来ると思うよ!
ただ、あまりにタイトなスケジュールは親共々
疲れてしまって、結局プラスにならなかった
なんて結果になってしまう事もあると思うから
その辺は焦らずに出来る事、好きな事って言う
風に順番つけてしていったらいいと思うよ~
mango!お疲れ様ね~!!
【2007/09/03 22:24】 URL | くろねこ #-[ 編集] | page top↑
そうか~
そういうことになっていたんですね
でもMangoさんの勇気のある決断は偉いな~と思います
子供のためというのは本当なんだろうけど
やっぱりどこかで自分のエゴが出てしまいやめさせるまでには
たどり着けないと思うんですよね
だからそれを気がつき決断実行したのは
本当に子供を思ってのことなんだな~と思いました

ちゃんと日本語に触れる生活をしていれば
いつかどこかで息子さんもまたやってみようかな?って
自分から言い出すかもしれません

そういえばブログつながりのLuke's Momさんの記事で こんなことがあったので載せておきますね!
http://plaza.rakuten.co.jp/LUKEJAKE/diary/200708300000/
【2007/09/04 15:51】 URL | JapanSFO #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
*東海岸まっすぐさん*

労りのメッセージ、どうもありがとうございます。
「逞しく育ってくれればイイ」って思ってはいたものの、知らずに周りと比べている自分が居たのでしょう。
東海岸さんはピアノを習ってらしたんですか?それって素晴らしいですね~♪(ワタシは両手動かせないもんで。爆)尊敬です!押し付け教育は子供の可能性の芽を摘んでしまうかも知れませんね。
【2007/09/05 05:33】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*ちおりん*

優しいメッセージ、どうもありがと♪
友達に言われた時は正直、カチンときたけど、ね?(笑)でも言ってもらわなかったら今頃もっと恐ろしい人相してたから!
週末は久しぶりにプール&ビーチで子供達と一緒になって遊んできたよ。こういう時間の方が、勉強より大切なんだろうね...
また暴走しかけたら、ちおりん止めてね~♪(笑)
【2007/09/05 05:38】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*あーちゃん*

励ましのメッセージ、どうもありがと~♪
全然ステキぢゃあ、ないのよ本当は。
行動起こす前に気付けば良かったんだけどね?不器用なワタシはいつもやってから気付くのよ。
あーちゃんもいろいろと親の期待を背負ってきたのかな?子供も辛い思いをしてるんだよねぇ。でもお母様も悪気があって押し付けた訳ではないコトは、事実だからね...こちらこそ、ありがとね♪
【2007/09/05 05:46】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*ブルーちゃん*

一難去って、また一難?(笑)
いくつになっても、その歳でいろんな問題や悩みが出てくるものなのね、子育ては。
ブルーちゃんも同じような経験をなさってたってのは、ワタシにとってとても励みになります!失敗から学ぶコトって沢山ありますものね。
引き続き、子供達との会話はニホン語を使っていこうと思います。
ナイスアドバイス、ありがとうございます~♪
【2007/09/05 05:51】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*くろっち*

何だろねぇ、特に上の子に懸ける思いってスゴいものがあるってワタシも思うわ!(笑)自分でも何で焦ってるのか分からないけど、知らずに周りと比べてる所があったのかもね。子供にはイイ迷惑よ?(笑)
まだまだ未完成な母親だけど、くろっちや皆に支えられながら、手探りで頑張ってみるよ。どうもありがとね~♪
【2007/09/05 05:55】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*SFOさん*

そうなんです~、ダメダメなワタシがバレちゃいましたね!(笑)
でも有り難いコトに、ホント今気付いて良かったのかも知れません。このままワタシの我を通していったら、ティーンになった時、不登校になったり下手したら過食症などの神経的な病気になりかねませんからね。
息子はまだニホン語が話せるんだけど、キウイはかなり怪しいです。昨日も
「This is ボサボサ♪」
ってヒトの頭見て言いましたから!(爆)
早速Luke's Momさんの記事を拝見してきました。そうなったらイイですね。何をきっかけに興味を持つか、ワタシ自身楽しみにしながら待ちます♪
どうもありがと~!
【2007/09/05 06:04】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
大変な1ヶ月だったんですねv-40
子マンゴー君のスケジュールを見ても、本当に分刻み!! でも他のお母さんと話す事によって、自分を省みる事が出来てよかったですね。やっぱり、第三者から見ないと分からない事っていうのもありますもんね。
今回、子マンゴー君がぶっ倒れてしまう前に気づいただけでも本当に良かったと思います☆ そして子マンゴー君のスケジュールについてったmangoさんもお疲れ様でした!

さすが、今日の言葉も身に沁みますね!! 時間に縛られながらキツキツに過ごしていけばやっぱり心のゆとりもなくなってしまいます者ね。私なんて今はゆとりあり過ぎなので、忙しくなった時の心の状態を忘れつつありますが、もしそんな事態が降りかかってきても、心をなくしてしまわない様に気をつけよっと♪

【2007/09/05 06:38】 URL | Tomo #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mangostaste.blog72.fc2.com/tb.php/181-0a46584c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。