スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アンジェリーナ・ジョリーの苦悩
20060719061149.jpg






午後10時。大抵毎晩、何事もなければワタシのPCタイム。
いろいろとネットサーフィンしていたら、興味深い記事が目に飛び込む。

「ジョン・ヴォイト、”娘のアンジェリーナと連絡を取りたい”」

彼の名前と俳優だったってのはこの時知ったけど、きっと娘さんのことなら誰もが知っていると思う。
今をときめくハリウッド女優、アンジェリーナ・ジョリー。
あのブラット・ピットを虜にしている、背筋のピンとした女優だ。ワタシは彼女のぽってりとした、特に下唇の筋の入った感じの唇がたまらなく好き。(ってそういう路線では全くないのだけれど)女がオンナに惚れるとでもいうのか、顔、スタイル、キャリア、どれを取っても申し分のない女性で、ワタシの無いモノを全てもっているヒトだと思う。
そして彼女は『すべては愛のために』の出演がきっかけとなって、アフリカの救援活動をしている、思い立ったら行動に移すというかなりの行動派。
また、2人の子供を養子に迎え、そして2ヶ月程前にも彼女自身の赤ちゃんを産んだ、3人の母親でもある。

アンジェリーナ・ジョリーの「ジョリー」とは苗字ではなく、ミドルネームだったというのを知った。
昔はアンジェリーナ・ジョリー・ヴォイトという名前だった。しかしこの彼女の父親はかなりの女好きだったらしく、あまり家庭に寄り付かなかったと言う。相当アンジーやアンジーの母を泣かせたのだろう。
その後、アンジーは父親の名を名乗るのをやめ、ミドルネームで区切って改名そうだ。かなりの父親嫌いらしい。


っで、このニュース。
どうやらこの父親、娘との仲を戻したいらしい。未だにアンジーの愛娘、シロ(シャイロ?)ちゃんに会わせてもらえないのだと言う。マトモに自分の娘とも話しが出来ない状態なので、ついにタブロイド誌の力をお借りしたのだろうか?

名前ばかりの父親を親と思えって言うのは、難しいだろう。アンジーも幼心にかなり傷ついたに違いない。
でも、今アナタがいるのって、そんな父親が居たからではないのか?この世の中誰一人、父、母を持たずに生まれてくる赤ちゃんなんて居ないのである。アナタの養子の子供達だって、親を持ってこの世に誕生してきたのだから。
そう思うと、頑なに父親を避けているアンジーを少しだけ可哀想だと思うし、見た目は立派な一人前の女性に見えるけど、内面は歳相応の、どこにも居そうな女なのだなぁと、少し安心したりする。
私自身はアンジーのような境遇で育ったわけではなかったので、
「所詮、アナタには理解できないわよっ!」
って言われたらそれまでだが、自分に置き換えて考えるコトは出来る。
もし、自分の子供に「親とは思わない!」っと三行半を突き付けられたら、辛いだろう。どの親だって子供を悪くなるように躾る親なんていない。でも親だって子供の歳と同じだけの年しか親になれていないのだ。もし子供が1歳だったら、アナタも親として1歳なのだ。普段、ただ毎日を慌しく過ごしていると、こういうシンプルなコトも気付かなくなる。
やはり親だって悪いと思ったら子供に素直に謝らなくてはならないのだと、思う。

また、いつまでも昔のコトを引きずってヒトを恨んだりしているというのは、本人だって辛いだろうし、顔の表情にまで険しい皺が生えるだろう。
自分が変わらない限り、2人の関係はこれからもずっと平行線を辿って、お互いが歩み寄るコトなんてないだろう。それって中国が未だに戦争のコトを引き合いにして、ニホンをユスろうとしているのと同じだ。
「ヒトを許す」というのは妥協でも弱者でもないと思う。相手を想う、その思いやりから来る行為だとワタシは思う。

一日も早く、アンジーがこの父親を許してあげることの出来る、寛容な心になってくれるコトを願うばかりである。
そういう日が来た時、初めて女優・アンジェリーナとしてではなく、一人の女性・アンジェリーナとして、アフリカだけでなく、世界中の人々を真の意味で救うコトが出来るのではないだろうか?




スポンサーサイト
【2006/07/19 06:11】 | 日常 | トラックバック(2) | コメント(10) | page top↑
<<アフタヌーンティー&ハワイアンチック・ティラミス | ホーム | イギリスはホントにおいしい? その1>>
コメント
なかなか熱く語ったね?(笑)
本当にmangoが言うとおりよ。
人を憎み続けるエネルギーって周りにも嫌な
波動を起こすからね?
それに自分を苦しめてるって事に気づかない人が多い。。。
その人を許すのはその人の為じゃなく自分の為だと思う。
(あ、自分の為=自分の利益って意味ではなくね?)
それは国と国の繋がりも同じで過去を引きずり
憎み続けて何が生まれるの?って思うよ。
結局、いつも思う事は過去を引きずる人に未来は無いって事。

憎しみや恨みや怒りと言う感情は人間として
持ってあたりまえ。
でもその感情を引きずる事はネガティブの状態のままで居ると同じだものね?
誰もが幸せになりたいって思うでしょ?
だったらやっぱりLET IT GOする勇気も必要なのよね。。

って私まで語っちゃったじゃん!(爆)
【2006/07/19 20:08】 URL | くろねこ #-[ 編集] | page top↑
はじめまして~! くろちゃまのところから飛んでまいりました。 いつもプロ並みのおいしそうなお料理の数々、生唾もので眺めておりました~(笑)。

私もアンジー大好きなんですよ~。 彼女のお父さんに関しては…。 時として、親とは言えど、関係を断つというのも勇気かと思います。 私は勿論、彼女と彼女のお父さんの間になにがあったか、知る由もありませんが、親子だから仲良くしなくちゃとか、縁を戻さなくちゃ、というのは、ちょっと違うかなーと思うんです。 ハタから彼女を見る限り、憎しみをたくさん抱いて父親と連絡を取ってないというよりは、冷静に、今の彼女、そして彼女の子供達にとって、良い影響がないと判断した、という感じでした。 私はジョン・ヴォイトって、彼のかもし出す「気」がすごく苦手で、逆にきっぱりと縁を切っているアンジーの勇気は素晴らしいと思ったんですよ。 彼が彼女とよりを戻したいと切に訴えているのは今回が初めてでなく、テレビでも涙して昔から語ったりしていました。 私にしてみれば、辛いかもしれないけど、アンジーのようにプライベートを大切にしている娘に対してマスコミを使って訴えるのは、とてもmanupilativeだなぁという感じがして不快感を覚えてしまいました。 実際、彼女が内密に二人目の養子を迎えたときに、世間に暴露したのって、他でもない父親だったんです。 確かこのあたりを機にアンジーと彼の間に前からあった亀裂が大きくなったんだと記憶してます。 

世間の常識で言うと、父親と縁を戻してとなるのでしょうがもしかしたら私たちの想像を超える虐待があったのかもです。 そういう父親なら、やっぱり私でも縁を切るだろうなと思います。 ましてや自分の最愛なる子供達に近づけるなんて、もってのほか…と感じるでしょう。 

って、私も語ってしまいました(笑)。
【2006/07/19 21:56】 URL | 雅子 #-[ 編集] | page top↑
*くろっち*

>結局、いつも思う事は過去を引きずる人に未来は無いって事。

うんうん、ワタシも同感。自分のした事を棚に上げて、された事ばかりをねちねち言うヒト!(いゃ、ワタシの家族にいたもので...)やっぱりこういうヒトはちょっとした幸せって気づかないんだよね?!可哀想だけど。
って、ちょっと話がずれていってる?
ま、これからも時々熱く語っていこうかな。

こういう意見交換っていいね!ありがと。
またよろすく~
【2006/07/20 05:42】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*雅子お姉さま*

こんにちは!そして書き込みをしてくださってどうもありがとうございます!
雅子お姉さまのコトはくろっちから、お話は伺ってますよ~。NY&ヨガ生活、毎日が楽しそうですね♪

う~ん、アンジーの取った行動は「勇気」、そういう考えもありますね。この父親、あまりオツムが良さそうに見えないし、結局自分のコトしか見えていない感じも受けました。ワタシもどういった関係だったのかは分かりません。が、「このヒトはいいヒト、あのヒトは悪いヒト」って損得で付き合うのはどうかな、って思いマス。ましてや肉親となると、他人以上にウザイ存在になるでしょう。(笑)事実、ワタシの家族に居ましたから!でも何より一番大切なのは相手をそのあるがまま、受け入れてあげるというコトではないのでしょうか?「太陽と北風」の話のように、時間はかかるけどこっちが常にニコニコと暖かい笑顔を振りまけば、相手の凍り固まった心を溶かす事が出来ると思うんです。
アンジーの父親だって、もしかしたら彼のお父さん同様に、あまり家庭を大事にしなかったヒトだったかも知れません。ヒトを愛する事を教えてもらわなかった可哀想なヒトだったかも?そう思うと、TVや雑誌に出まくって訴えている父親はまるで親のアテンションの欲しい子供のように見えてなりません。
アンジーの容姿、キャリアにしても全てが彼女1人の努力の賜物っとは言えないでしょう。こういうダメダメ父のお陰でここまでのし上がれた、っと思えば彼女自身も気が楽になるハズ。人間は一人では生きられないのですから。

ーーーーって、誰か止めて~!
かなり長くなってしまいました。雅子お姉さまの貴重なご意見、とてもうれしく思ってマス。また来てくださいね!今度は美味しい記事にしますから!
ワタシもお邪魔しに行きます♪
【2006/07/20 06:06】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
あたしもこの人にとても心惹かれてる1人です。
とっても魅力的よね~
でも、ここまで深く知らなかった
(まぁ知ろうともしてなかったんだろうけど)
みんな何かしら抱えてるんやねぇ
幼少の時の心の傷はなかなか・・・
あたしもちょっと耳が痛かった(汗
未だに覚えてるもんだから ついつい母親に『あなたはあたしにこんなことをしたのよ!』って責めてしまう事がある。
憎くてたまらなかったし…
子供ながらに心を無にすることで見ない聞かないで過ごすのも限界がある
親子だからこそ 切れない縁だからこそ グチャグチャになることもある
あたしもおばちゃんになったけど 精神的には成長してない子供のままなんよね(滝汗
あたしは未だにその子供時代甘えれなかった時間を取り戻そうとしてるんじゃないかと
ここ数年思うんだ。
と、自分の事をつらつら打っちゃったけど(汗

で~~~前のメガネの記事のレスみてきた♪
あたしのメガネコレクションってほどじゃないけど
今使ってるメガネは以前 別館でアップしたような気がするな…
加工写真にしちゃったやつなら デスクトップ写真用にアップした記憶がある♪
良かったら見てね♪
【2006/07/20 13:25】 URL | あーちゃん #MDMkRtpI[ 編集] | page top↑
芸能人関係に疎い僕なんですが
なんとなくこの人は知っています・・・
なんか有名な俳優さんとの子供作ったとかの人でしょ?!

この人にそんな経緯があったとは知りませんでした。これだけ有名になると、心のどこかに許したいって言う気持ちがあってもそう簡単に出来なくなってしまうんだろうね

マスコミによっていろんな情報が真実とは程遠い形でなされてしまったりしてね・・・


この方とお父さんももしかしたら報道では出ないもっと複雑な状況があったのかもしれないしね・・・
【2006/07/20 14:11】 URL | JapanSFO #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
*あーちゃん*

あーちゃんも過去に辛い想い出があったのね。いろいろと悲しい思いもしたんだね。
ワタシも今、親になってどちらの気持ちも分かりかけて来たんだけど、やっぱり一番の犠牲者って子供になってしまうのかもね。
ワタシも自分の子供達にそう思わせないように日々努力するよ。あーちゃんに教えてもらった♪ありがとね!
だからあーちゃんは、ヒトの痛みが分かるんだね?!

【2006/07/20 17:31】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
*SFOさん*

そうよね、あまりマスコミを鵜呑みにするのは間違ってるかも知れないね?
結局は当人同士にしか分からないコトだと思うけど、こういう家族の問題って身近なコトかなって思って。一見、幸せそうに見えるお隣さんも実はいろいろな悩み・問題を抱えている...みたいな。
なので、他人事に思えなくってつい日記に取り上げてみました。
家族が平和でないのに、どうしたら世界が平和になるのかな~?
【2006/07/20 17:39】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
たしかアンジーはお父さんの女性問題で苦しめられたこともあって
「不倫は絶対にしない」と公言してたみたいだけど
結局ジェニファーアニストンからブラピを奪っちゃったね。
それ以来、私の中では彼女のイメージは下がったなぁ。
【2006/07/20 18:35】 URL | こっしー #-[ 編集] | page top↑
*こっしー*

そんなコトも言ってたの~?
ね、歴史は繰り返すっていうけど、自分も知らずに同じような道を歩むんだね。

「ヒトの物は取ってはいけない」というワタシの母の言葉はホントなんだ!
ってこういうコトいうコト自体、若くない証拠?!
【2006/07/20 19:26】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mangostaste.blog72.fc2.com/tb.php/20-f10bdf25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンジェリーナ・ジョリー
アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie, 1975年6月4日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの女優。本名同じ。父親は俳 シノのブログ【2007/01/19 01:17】
アンジェリーナ・ジョリー
アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie, 1975年6月4日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの女優。本名同じ。父親は俳優のジョン・ヴォイト()、母親は女優のミシェリーヌ・ベルトラン()、兄はジェ はるかのブログ【2007/05/24 04:18】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。