スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Constant Gardener ー ナイロビの蜂







この映画の評判は良く聞いていた。ネットから、そして友達の間でも...
なのでようやく数週間前に見るコトが出来た。



映画の舞台はケニアのナイロビ。ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを通していた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。警察はよくある殺人事件の一つとして処理しようとしていた。しかし、事件に不審なものを感じたジャスティンは、意を決して自ら調査に乗り出す。やがて、事件には国際的陰謀が絡んでいたことを知るジャスティンだが、そんな彼にも身の危険が迫っていた…。

冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名ベストセラーを、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督で映画化した感動のミステリー・サスペンス。アフリカの地を舞台に、政治に無関心なガーデニング好きの英国外交官が、慈善活動に熱心だった妻の死をきっかけに、初めて彼女の活動に目を向け、やがては危険を顧みず陰謀渦巻く事件の真相に迫っていくさまをスリリングに描く。主演は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ。また、共演のレイチェル・ワイズは本作の演技でアカデミー助演女優賞を獲得した。



フィクション映画なのだが、リアリティを重視した監督の作品だけあって、とても真実味のあるストーリーになっていて、うっかり信じてしまう。
この先の内容はネタバレになってしまうので書けないが、ああいうようなコトが実際にアフリカで起こっているのだろう。


去年ニホンに里帰りした時に、あるインタナショナルバザールに行ったのだが、そこで南アフリカを支援するボランティア団体の存在を知った。その名前は残念ながら覚えていないのだが、

「HIV感染者を増やさない為の教育が必要」



と言うようなポスターが張ってあったので、ちょっと聞いてみた。


今南アフリカでは人口の12.9%に当る530万人がHIVに感染しているという。
どうしてそんなに大勢のヒトが感染しているのかというと、やはりエイズに関する知識が全く浸透していないらしい。
ココ近年、ようやく聞く耳を持ってくれるアフリカ人が出て来たけど、実際はそれを実行に移せるヒトというのはいないらしい。

例えば、パートナーにコンドームを付けてもらうというコト。
「付けて」とお願いしたらそのヒトに去られるのが怖い、と。だから言いたくても言い出せないでいるらしい。
もちろんエイズにかかってしまったら、当然見捨てられる。
捨てて行く彼にもエイズの可能性は無きにしもあらず、だが無知なゆえにそんなコトも分からずに、同じようなコトを繰り返していく...

例えば、エイズに感染した母親から産まれた赤ちゃん。(母乳感染、子宮内胎盤からの感染、出産時に産道での感染、など)母子感染による子供は早期に亡くなるコトが多く、年に50万人もの子供(15歳以下)が命を落としている。抗ウイルス薬があれば母子感染を50%に減らすコトが出来るというのに...

アフリカの未来を担う子供達が、大人の無知で命を落とさざるを得ないという現実に、ショックを受けた。
なので少しでもその子供達を救う足しになればっと、



20070121094953.jpg

このバッジを買わせてもらった。

この映画の1シーンで、遠くからナイロビに診療を受けに来た貧しい女性が、家に帰るべく、赤ん坊を抱きながら灼熱の太陽の下をトボトボと歩いている所に、ジャスティンとテッサが車で通りかかる。テッサはジャスティンに「彼女を車に乗せてあげて」と頼むが、ジャスティンは「目の前の一人を助けたところでどうなる。ああいう人は、他に何千、何万といるんだ」と断るのだ。

この台詞が頭に焼き付く。
ワタシの払った400円でホントに誰かを救えるコトが出来るのだろうか...





このような団体のしているコトはすごく根気のいるプロジェクトだと思う。
だってこのような病気は、ひとりひとりが意識していかないと、減ってはいかないのだから。


ニホンで活躍している団体を見つけたので興味のある方はどうぞ。意外な不要品で世界の子供を救えます。
NGO
Unicef
【2007/01/25 10:23】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
NANA
20070114113053.jpg






午前9時22分。週末の朝だったので、遅めの朝食を家族で。全員が食べ終わり、下げた食器を食器洗い機の中へ入れていると、

「さー、映画タイムだよ!これを観よう~」

とmango夫がワタシの手を止める。手には一枚のDVDをチラつかせて。
あぁ?
夕べ、あまりの睡魔に勝てず先に寝てしまい、一緒に見るコトが出来なかった映画、だ。
主演が中島美喜とかっていうシンガーだったよね?
どんな内容かちっとも分からなかったけど、とりあえず言われた通り、歯も磨かず、パジャマのままでTVの前に座らされた!(爆)

ストーリーはというと、ナナというオンナのコが地元ではそこそこ人気のあるバンドとして活躍していた。バンドのメンバーは皆、将来はトーキョーに出てメジャーになるのが夢だった。ある時、ナナの彼氏(ベース担当)はある人気バンドに引き抜かれ、一人トーキョーに上京するコトとなった。ナナは彼を追う訳でもなく、ただひたすらに自分の夢を叶えるためにトーキョーに行く。その途中に奈々という同じ名前の同い年のコと出会い、一緒に同居生活が始まるのだが...



20070114113107.jpg

元々はコミック漫画で人気を獲たこの「NANA」、なかなかストーリーは面白かった。
っちゅーか、このナナ役の中島美喜がカッコよかった!
とても華奢な彼女だけど、なかなか小綺麗なパンクって感じが良かった。
暴言を吐いてみたり、ケンカしようとしたり、どこか冷めた感じもとても彼女っぽかった。
いやこの映画以外、彼女のコトは全く知らなかったけど、すごく彼女らしい映画だと思った。

そして映画を見て気付いたのだが、このナナがワタシの友人にとてもよく似ていて、つい彼女とダブって見ていたようだ。



彼女Aとはロンドンで知り合った。
ワタシが留学でロンドンに入って2週間後に同じ学校に入学してきたのだ。
見るからにパンクなAがとても愛らしくて、すぐに仲良くなった。
確か6歳くらいワタシより若かったと思う。
若い割りに考えがクールで、そのギャップが彼女の魅力だった。
いつも目の周りを黒いメイクで施し、ワタシより小柄なのに

「アタシはココに居るんだよー!」

と主張している様に見えた。
Aとはよくクラブにも出かけた。雑誌に載っていたクラブに行ってみたらほとんど
95%は黒人だけの所!ちんちくりんなワタシ達2人、ガタイの良い黒人にどさくさまぎれて
踊った夜もあれば、ある時は

「セイントパトリックデーだから今夜は盛り上がるよ?」

とノリノリでパブ(バー)に行ったはいいが、期待していたヒトの群がりは何処へやら、数人がサッカーのTVを見ながらチビチビと飲んでいたという、不発に終わった3月17日。

またまたある時は、怪しい路地裏をウロウロしてやっと見つけたクラブだったが、客も怪しかった!かなりラリっていた兄ちゃんにAは目を付けられてしまった。必死になって逃げ出したあの夜。

とにかくAと出会ったお陰で、実に沢山の思い出が出来たのだった。そうそうパリへ貧乏旅行しに行ったのも彼女とだった。
その後ワタシはニホンに帰国、結婚したのだが、なんと彼女もドラマーのスコットランド人の彼と結婚してニホンにやって来た。
2週間違いでお互い息子を出産し、その2年後にまたお互い娘を出産した。
ワタシ達家族がハワイに越してから少しして、彼女も家族と一緒にご主人の実家のスコットランドに引っ越していってしまったのだ。そして昨年、3人目の赤ちゃんを出産した。
家族でパンクだけあって、小マンゴーと同い年の長男はドラムを叩いているという!お父さんの後を引き継ぐのだろう。
とにかく、枠にハマらない彼女の生き方はちょっとワタシをドキドキさせる。

この映画でAを思い出して、ちょっと恋しくなった。
ハワイの裏側で今頃、赤ちゃんにパンクミュージックでも聴かせてるんだろうな...





*余談*

続編の「NANA2」が去年12月に上映されたようです。少しキャスト変更があったようですが、どうなんでしょ?観た方いらっしゃいます?
【2007/01/14 12:44】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
Happy New Year!







午前0時。夕方辺りからなり始めた爆竹や花火がこの瞬間、一気に打ち上がった。かなりの音でTVの音が良く聞こえない。

え? TV?

そう、友達のAlohaから借りた映画



KingKong.jpg

キングコングを見ている最中での年明けとなったのである。(爆)しかもキングコングが思いを寄せている金髪の彼女(ナオミ・ワッツ)との再会in NYシーン。
初め、この映画をAlohaに薦められた時、

「こういう映画はな...?」

と決してすごく見てみたいと思うような映画ではなかったのだが(ごめんね、Aloha~)、ジャック・ブラックが出てるからまぁいっか~と、大晦日に見るコトになったのだ。
しかし思っていた以上に、キングコングがとてもリアルで本物のゴリラのようで驚いた!しかもこの彼の目の表情ときたら!もうワタシまで気分はナオミ・ワッツ!
キングコングの手のひらで寝そべってみたいと思ったからっ。(おぃ)
最後の結末は悲しすぎて涙ポロポロ状態だったワタシ。(笑)いや~、切ないお話だったわ。
でもこの映画を見たヒトは気付いたのだろうか?ナオミが欽ちゃん走りをしたのを!(爆)
アメリカ映画で欽ちゃん走りが出て来るとは思いもしなかった...

でもそれ以上にワタシの目に留まったモノ...



thomas_kretschmann13.jpg

キャプテン・イングルホーン役のThomas Kretschmann。どうやらドイツの俳優らしいが、なかなかのハンサムである♪

年明け早々、いいオトコに出会えて先行き悪くないかも?(おぃ)



ハワイに越して来てから初めて晴れのお正月を迎えた。今回は年越しそばの代わりに冷凍ピザだったし、おせち料理のハズがトースト&コーヒーで済ませてしまったり...
せめてお雑煮だけは作ろうかな?



今年の抱負として

「一日一日を大切に生きる」

というコトを決めた。後悔のないように、全てに感謝して毎日を新たな日を迎える気持ちで過ごしたい。その一瞬一瞬はもう2度と戻らないのだから...

ココに遊びに来てくれる皆様にとっても2007年がステキな年でありますように♪
何だかまとまりのない新年最初の日記になってしまったけど、本年もどうぞよろしく。(笑)
【2007/01/02 08:54】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
ドラッグクイーン好き?!







午後3時26分。娘を幼稚園に迎えに行って、ダイエーで買い物をし、家に帰ってきた。パーキングに車を止め、子供達を車から降ろしてあげる。
最近、隣の家に出入りするようになったヒトがこちらの方へ歩いてくる。彼、いや彼女はかなり体格の良いゲイのおネイさん。見た目はごっついオトコなのだが、胸があって話し方がオネエ口調だったので彼女だろう。

キウイが最初に声をかけた。

「Hello~」

続いて小マンゴーも、

「Hello~」

と、手まで振っている。彼女は嬉しかったのか、

「Hi, girl!」

とご機嫌な様子。
それを見ていてとても嬉しくなったワタシ。子供は全く偏見の目で見ないんだな~と、感心するばかり。

個人的にワタシはこういうヒトが好きである。こういう生き方をしていると、社会からつま弾きに合うこともあるだろうけど、そういうモノを億尾にも出さず、笑い飛ばして生きている感じを受ける。まぁ、皆が皆そういう生き方ではないのだろうけど...

今日はワタシの大のお気に入りの映画を紹介しようと思う。



20060907174615.jpg




1994年のオーストラリア映画で

「プリシラ The Adventures of Priscilla Queen of the Desert」 



オーストラリアのシドニーから内陸の砂漠にあるリゾート地でショーをするため“プリシラ”と名付けたバスで、3人のドラッグクイーン、バーナッド、ミッチ、フェリシアが旅行する。様々な人との出合い、別れ。ゲイに対する偏見、挫折を、歌、踊り、笑い、涙を通して本当の自分を見つけるロードムービー。
この3人の役者はストレートだが、映画の中では本物のドラッグクイーンそのもの!特にバーナッド役の



20060907174713.jpg




テレンス・スタンプが、恥じらいのある女性を演じている。ワタシ以上に女らしい。(爆)



20060907174626.jpg




他の若い2人もかなりド派手なメーキャップと衣装で登場~。見ていて元気が出る映画である。
そして何と言ってもサウンドトラックが非常にステキなのだ。
「Go West」や、「Mamma Mia」、「I will servive」など、ノリノリの曲ばかり。これを聴いてヘコんだ自分を励まし、明日への活力にする。



最近気になっている映画はこちら。



20060907174655.jpg




「トランスアメリカ」

アメリカではとうの昔に上映されていたようなので、近い内にレンタルで借りてみよう。
ストーリーは、ある男の子がひょんなコトから知り合った彼女(性転換した男)と一緒に自分の父親探しの旅に出る。しかし、その彼女こそが父親だったっていう話。この父親役、こちらの女優さんを使っている。



felicity.jpg




人気TVショー「Desperate Housewives」のフェリシア・ハフマン。彼女がどういう風に男に見えるのか興味がある。





ちなみにニホン人で思い浮かぶヒトは2人。



20060907191420.jpg




こんなにキレイなヒトがいるんだ~と驚いた、ピーター。
それからこちらも、



20060907191435.jpg




一度、この方の舞台「愛の賛歌」を見に行ったことがあったが、とても存在感のあるヒトだった。
彼女もドラッグクイーンに入るのだろうか?
【2006/09/07 18:40】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。